半年(6ヶ月)間のフィリピン留学の効果は?費用や勉強時間について他の期間との差を紹介

欧米圏に留学するよりも大幅に費用を抑えられる留学先としてフィリピンが人気です。

フィリピンの語学学校で集中的に勉強すれば高い英語力が身につき、自分の夢へと近づけるでしょう。

この記事では、半年(6ヶ月)間フィリピン留学した場合の効果や費用、勉強時間について詳しく解説します。

フィリピン留学に興味のある方や長期留学で英語力を高めたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

半年(6ヶ月)のフィリピン留学の効果は?意味がないのか英語上達の程度を含めて紹介

留学を検討する際に「フィリピンに半年(6ヶ月)留学しても意味がない」との意見もあり、実際にどうなのか気になる方も多いでしょう。

フィリピンの語学学校では毎日約7時間も授業が行われ、授業の大半はマンツーマンで徹底した指導を受けられます。

半年留学した場合、勉強時間は約1,000時間にも及ぶため「意味がない」「効果がない」といったことはほとんどありません

実際に初心者レベルから海外でスムーズに接客できるレベルまで英語が上達した方や、IELTS3.0から6.5までアップした方もいます。

IELTS3.0から6.5とは、TOEFLでいうと100点から235点、英検でいうと3級から準1級になるのと同等です。

目標を決めてしっかりと勉強すれば、半年(6ヶ月)のフィリピン留学でも飛躍的に英語力を高められるでしょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

半年(6ヶ月)間の語学留学でフィリピンを渡航先に選ぶのがおすすめな理由

半年(6ヶ月)間のフィリピン留学をおすすめする理由は以下の通りです。

  • スパルタ指導のプログラムも多く英語の勉強時間を確保しやすい
  • 他の語学留学の候補地に比べて費用を抑えて滞在できる
  • ビザやパスポートの入国・滞在手続きが簡単である

フィリピンの語学学校の多くは「スパルタ式」と呼ばれる勉強時間を学校側が徹底的に管理する方式を採用しています。

スパルタ式の学校には平日は外出禁止、授業は1日10コマ以上、義務自習、学校内は母国語禁止などさまざまなルールが設けられています。

厳しいルールはありますが、強制されないと勉強できない方が英語力を伸ばすのには最適な環境といえるでしょう。

フィリピンの語学学校には宿泊施設やレストランも併設されていることがほとんどで、宿泊費や平日の食事代は授業料に含まれています。

そのため、授業料以外に宿泊費や食費がかかる他国への留学と比べると非常に安く留学できます。

また、欧米圏に留学する際は学生ビザが必要ですがフィリピンでは不要です。

厳密にいうと、フィリピン国内の語学学校に長期で通う場合にはビザ申請のような手続きは必要になりますが、手続きは渡航後でも可能な上に学校側が代行してくれます。

留学の手続きもほとんどなく、格安の費用で徹底したスケジュール管理のもと英語を学べるフィリピンは、学生や忙しい社会人の方におすすめの留学先です。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

フィリピン留学期間を半年(6ヶ月)にするメリット・デメリット|1ヶ月~3ヶ月の場合と比較

ここでは、半年(6ヶ月)間フィリピンに留学する場合のメリット・デメリットを短期留学した場合と比較しながら紹介します。

半年(6ヶ月)間にするメリット

  • じっくり英語を勉強できるのでより高い学習効果が期待できる
  • 現地でのプライベートの時間を楽しむ余裕が生まれやすい
  • 留学期間の中で組み合わせによってはコースを複数受講できる
  • 英語の基礎を入念に身に付けた後で2ヶ国留学(ワーホリ)にチャレンジできる

一般的にネイティブでない人が英語に慣れるのには約3ヶ月かかるといわれており、それよりも長い6ヶ月間勉強することで高い学習効果が期待できるでしょう。

また、フィリピンには美しいビーチやスパリゾート、スペイン風の街並みが残る歴史地区など観光スポットが多数あります。

長期間滞在することで、観光スポット巡りなど海外にいる時にしか味わえないプライベートな時間を楽しめます。

フィリピンの語学学校では手続きを行えばコースを変更できるため、留学の目的や目標が変わっても対応可能です。

例えば、欧米圏での就学を目指し一般英語コースからIELTS対策コースに変更したり、就労に向けてのワーホリ対策コースに変更したりもできます。

タビケン留学を通し半年間フィリピン留学された方の約8割の方が、2ヶ国留学(ワーホリ)をされています。

長期間フィリピンで英語の基礎をしっかりと身につけ、欧米圏へ再留学やワーホリに向かうことで、自分の希望に沿った進路に進みやすくなるでしょう。

半年(6ヶ月)間にするデメリット

  • 学習環境が合わない・英語の勉強に飽きた場合のキャンセルする損失が大きい
  • ビザ更新やACR-iカード・ECCの申請に手間と費用がかかる
  • 留学目的で休学・休職するには期間の長さのハードルが高め

フィリピンの多くの語学学校には平日外出禁止や母国語禁止など厳しいルールがあり、学習環境が合わないとストレスが大きくなります。

最初は意気込んでいても半年もすると英語の勉強に飽きることもあるでしょう。

フィリピンの語学学校では退学や転校の際に支払った授業料を払い戻す制度がないため、留学期間が長ければ長いほど損失が大きくなる可能性があります。

またフィリピンに長期間滞在する場合は、ADR-iカードと呼ばれる外国人登録証やECCという罪を犯していない証明書が必要です。

ADR-iカードの申請は語学学校が代行してくれることが多いですが、ECCは本人が申請しなければならないため申請の手間や費用がかかります。

他にも、そもそも6ヶ月間学校や仕事を休むことが難しいという問題もあります。

実際に半年(6ヶ月)のフィリピン留学で勉強に充てられる時間はどのくらい?

フィリピンの語学学校では、義務自習も含めると1日8〜10時間勉強します。

一方、オーストラリアの語学学校のレッスン時間は週20時間程度が一般的です。

半年(6ヶ月)間留学したとすると勉強時間はフィリピンの場合は約1,000時間、オーストラリアの場合は約480時間です。

つまり、フィリピン留学の方が約2倍もレッスン時間が多い計算になります。

また、マンツーマンや少人数制のクラスが多いのもフィリピン留学の特徴です。

クラスの人数が少なければ少ないほど発言や質問をできる機会が増え、上達スピードがさらに上がります。

欧米圏の語学学校より勉強時間が約2倍も多く、発言しやすいフィリピンの語学学校で学ぶことで英語力が飛躍的に向上するでしょう。

じっくり時間をかけて英語学習の十分な効果を見込むフィリピン留学のご相談ならタビケン留学へ

フィリピンには多数の語学学校があり、学校選びに迷われる方も多くいます。

学校選びを間違ってしまうと、ストレスが大きくなり勉強に集中できない状態になってしまうかもしれません。

留学エージェントのタビケン留学では、無料カウンセリングを行い一人ひとりにあった留学プランの作成や語学学校の紹介を行っています。

フィリピン留学に迷いがある方や学校選びに不安がある方は、ぜひ一度タビケン留学へご相談ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

タビケン留学が厳選した短期のフィリピン留学におすすめな語学学校

ここでは、累計1万人以上もの留学相談を行ってきたタビケン留学がおすすめするフィリピンの語学学校を紹介します。

CIA マクタンキャンパス

ロケーション マクタン島
日本人比率 25%
学生定員 550人
6ヶ月の費用 10,200米ドル(約143万円)
1週間の勉強時間 マンツーマン:45分×20コマ
グループ:45分×20コマ
義務自習:45分×10コマ
公式HP http://www.cebucia.com/en/

※2024年1月の米ドル円レート(1ドル=140円)で計算

CIAマクタンキャンパスは、設備と勉強環境が整っているフィリピン国内でもトップクラスの学校です。

日本人比率が少ない上に8時から18時までの間は学校内で母国語禁止というルールがあり、徹底した英語環境の中で学べます。

一般英語だけでなくTOIEC対策・IELTS対策・ビジネス・ワーホリ対策と一人ひとりのニーズに合わせたさまざまなコースを開講しています。

また、ズンバクラスや季節ごとのイベントパーティーも用意されており、楽しい留学生活が送れるでしょう。

コースに関して質問する

CPI(Cebu Pelis Institute)

ロケーション セブ島
日本人比率 25%~45%
学生定員 250名
6ヶ月の費用 9,540米ドル(約134万円)
1週間の勉強時間 マンツーマン:45分×20コマ
スモールグループ(1:4):45分×10コマ
中グループ(1:8):45分×5コマ
スペシャルスタディー(任意参加):45分×最大25コマ
公式HP http://cpiedu.net/jp/

※2024年1月の米ドル円レート(1ドル=140円)で計算

CPIは、清潔感ある寮や毎回20種類以上のおかずが提供されているビュッフェ形式の食事が好評のリゾートホテルのような語学学校です。

コースは一般英語・テスト対策・ビジネス・親子留学と幅広く、特に日本人が苦手なスピーキング力の強化に力を入れています。

リフレッシュのためのアクティビティも豊富で、スポーツクラブやスキューバダイビングのライセンスが取得できるクラスも人気です。

通常授業以外にも無料で受講できるフリークラスが毎日開講されているので、その日の気分や自分のペースに合わせて勉強できます。

コースに関して質問する

GLC(Global Language Cebu)

ロケーション セブ島
日本人比率 50%
学生定員 400名
6ヶ月の費用 8,400米ドル(118万円)
1週間の勉強時間 マンツーマン:50分×15コマ
グループ:50分×10コマ
スペシャルクラス:25分×10コマ
管理自習(希望者のみ):80分×5コマ
公式HP https://jp.glcenglish.com/

※2024年1月の米ドル円レート(1ドル=140円)で計算

GLCは教材のデジタル化などレッスンのIT化を進めている学校で、スマホ・タブレット・PCがあればいつでもどこでも勉強可能な環境が整っています。

講師の約10%が世界的に認知されている英語教師資格であるCELTAを保有しており、講師の質が高いのもGLCの特徴です。

また、GLCは日本資本の学校であるため日本人のスタッフが常駐し、日本食のトレーニングを受けたスタッフが作る日本人好みの食事が提供されます。

そのため、初めて留学される方や海外での長期滞在に不安がある方でも安心して過ごせるでしょう。

コースに関して質問する

半年(6ヶ月)のフィリピン留学でかかる費用を紹介

半年(6ヶ月)間フィリピンに留学する際にかかる費用をCIAに留学した場合を例にしてまとめました。

項目 費用
語学学校・専門学校の学費(入学金・授業料・教材費・SSP・宿泊費・食費など) 10,200米ドル(約143万円)
パスポート申請費用 11,000円
観光ビザ申請費用 約46,400円
ACR-iカード申請 8,100~10,800円
ECC申請費用 3,300~8,100円
往復の航空券代 35,000~79,000円
海外旅行保険の加入費用 7~10万円
通信費
16,200円
現地での生活費 12~24万円
留学エージェントサポート費用 (該当者のみ)エージェントによっては無料
合計(滞在先の費用に含まれる授業料を除く) 約174~194万円

※2024年1月の米ドル円レート(1ドル=140円)で計算

半年間(6ヶ月)でかかる学費は約143万円で、学費には授業料だけでなく宿泊費や食費なども含まれています。

フィリピン留学の場合に特別なビザは必要ありませんが、滞在する期間に合わせて観光ビザの延長やACR-iカード・ECCの申請が必要です。

ビザの延長や各種申請はほとんど語学学校が代行してくれますが、所定の費用を支払わなければなりません。

また、海外ではちょっとした病気でも多額の治療費を請求されたり、所持品が破損したりするおそれがあるため海外旅行保険に加入しておくと安心です。

平日はほとんど外出できませんが、自由に行動できる土日祝日に使うお金として月2〜4万円用意しておくといいでしょう。

留学エージェントによっては、語学学校の手配やビザ申請の代行に費用がかかることがあります。

タビケン留学では留学相談から現地サポートまで無料で行っているので、費用を少しでも抑えたい方はぜひ弊社へご相談ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

いきなり半年(6ヶ月)のフィリピン留学が不安な方へ!3ヶ月留学した後に延長するのもあり

半年(6ヶ月)のフィリピン留学に不安がある方は、まずは3ヶ月間の留学を検討してみましょう。

3ヶ月フィリピンに留学する場合の費用は以下の通りです。

項目  費用
語学学校・専門学校の学費(入学金・授業料・教材費など) 約75万円
パスポート申請費用 11,000円
観光ビザ申請費用 約22,400円
ACR-iカード申請 8,100~10,800円
往復の航空券代 35,000~79,000円
海外旅行保険の加入費用 3~5万円
通信費
8,100円
現地での生活費 6~12万円
留学エージェントサポート費用 (該当者のみ)エージェントによっては無料
合計(滞在先の費用に含まれる授業料を除く) 約92~105万円

※2024年1月の米ドル円レート(1ドル=140円)で計算

3ヶ月の留学の場合、学費の相場は約75万円で、その他にビザ申請費・ACR-iカード申請費・通信費・現地での生活費がかかります。

往復の航空券代は4〜8万円程度かかりますが、費用を抑えたい方はオフシーズンに渡航するよう心がけましょう。

短期間であっても、病気や怪我、盗難や事故などに備え海外旅行保険へ加入しましょう。

3ヶ月のフィリピン留学であれば学費・渡航費・保険代などを合わせても約100万円で可能です。

まずは3ヶ月留学して問題なければ滞在期間を延長するという方法を取れば、半年(6ヶ月)間でも無理のない留学生活が送れるでしょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

半年(6ヶ月)のフィリピン留学の効果を最大限引き出すために知っておきたいこと

半年(6ヶ月)のフィリピン留学の効果を最大限引き出すには、渡航後の学習環境を整えること、渡航前に英語の基礎を身につけておくこと、日用品を準備しておくことが大切です。

通う学校・コース選びにはこだわり渡航後の学習環境を整えておく

旅行などの短期間であれば問題ないことでも、長期間滞在するとなるとストレスになることもあります。

例えば、衛生的ではない施設や口に合わない食事は少しの間だと我慢できますが、長期間ともなるとストレスが溜まり勉強に集中できなくなるおそれがあります。

長期留学をするなら学校の設備・食事・環境をよく調べ、条件が整っている学校を選びましょう。

フィリピンへ留学する前に学べる範囲の英語の基礎は身に着けておく

「勉強は留学してからで十分」と思われる方もいるかもしれませんが、英語の基礎知識は身につけてから留学へ向かうことが大切です。

なぜなら、留学中に効率よく英語力をつけるためには予習が鍵となるからです。

日本でしっかりと英単語や文法を学んでおけば、スピーキングやライティングなど日本ではなかなか指導を受けられない分野において飛躍的にスキルを伸ばせるでしょう。

留学前には予習として1つのテキストを繰り返し勉強するのがおすすめです。

半年(6ヶ月)間慣れない環境でも生活できるだけの日用品を揃えておく

半年(6ヶ月)間慣れない環境に滞在するのであれば、以下のような普段使っている日用品をある程度持っていきましょう。

  • 虫除けスプレー・かゆみ止め
  • 洗顔・メイク用品
  • 生理用品
  • 下着

海外の薬局で日本と同じものを手に入れるのは難しいため、普段服用している薬があるのであれば必ず持っていきましょう。

普段服用している薬がなくても風邪薬・胃腸薬・頭痛薬・目薬などがあると便利です。

虫除けスプレーやかゆみ止めはフィリピンでも購入できますが、成分が違うため肌に合わない可能性があります。

同じく洗顔・メイク用品もフィリピンで購入可能ですが、日本製のものは高価なため日本から持っていく方がいいでしょう。

フィリピンの生理用品は質が良くないといわれているため敏感な方は持参しましょう。

下着は「サイズが合わない」「合うサイズが欠品している」おそれがあるため、多めに持っていくと安心です。

着実に英語学習の効果を出したい半年(6ヶ月)のフィリピン留学を検討中の方によくある質問

ここでは、フィリピン留学を検討している方によくある質問に答えます。

半年(6ヶ月)のフィリピン留学を希望する方は全体のどれくらいいる?

半年(6ヶ月)フィリピン留学する方は全体の約20%です(タビケン留学調べ)。

しかも、半年(6ヶ月)フィリピン留学する方のうちの約80%は2カ国留学(ワーホリ)を目指しています。

他国での就学もしくは就職したい方は、半年(6ヶ月)程度フィリピンでしっかりと英語力を身につけるのがおすすめです。

半年(6ヶ月)のうちに複数コースを受講する場合の組み合わせ例は?

半年(6ヶ月)のうちに複数コースを受講することも可能です。

例えば、一般英語コースから日本での就職のためにTOEIC対策コースに変更したり、留学に向けてIELTSOEIC対策コースに変更したりできます。

また、ワーホリに行かれる方はワーホリ対策コースへの変更も可能です。

2ヶ国留学を目的とする場合、半年(6ヶ月)間のフィリピン留学は適切ですか?

2ヶ国留学を目的としている場合、半年(6ヶ月)間のフィリピン留学は最適な期間です。

実際に、タビケン留学でも留学やワーホリを検討している方にはフィリピン留学4〜6ヶ月と2ヶ国留学(ワーホリ)のプランをおすすめしています。

欧米圏の学校は入学条件が厳しく、英語力がなければ入学すら許可されません。

また、ワーホリする場合でも英語力がなければ希望の職種に就ける可能性を下げてしまいます。

半年(6ヶ月)間しっかりとフィリピンで英語力を身につけることにより、2ヶ国目の留学先ではより充実した学校生活や就職ができるでしょう。

半年(6ヶ月)のフィリピン留学費用を準備できるか不安なら奨学金の利用も検討しましょう

いくら格安とはいえ半年(6ヶ月)間フィリピン留学するには、200万円程度の費用がかかります。

留学費用を準備できるか不安がある方は、教育ローンや奨学金の利用も検討しましょう。

国内の学校に進学する場合以外に留学する場合でも国が提供する教育ローン「教育一般貸付」が利用できます。

教育一般貸付であれば、留学資金として最高450万円を借りられます。

また、他にも日本学生支援機構や民間企業が提供する奨学金もあるので調べてみましょう。

教育ローンや奨学金に関する詳しい情報を見る

効果が実感できる半年間のフィリピン留学にしたい方はタビケン留学へご相談ください

勉強時間も多くマンツーマンの徹底指導が受けられるフィリピンで英語を勉強すれば、英語が飛躍的に上達する見込みがあります。

しかし、学校選びを間違えると慣れない環境でストレスが溜まり、勉強にも悪影響が出てしまうかもしません。

タビケン留学では快適な環境で勉強に集中していただくために、学校選びからビザ申請、入学手続きの代行などを無料でお手伝いしています。

留学して絶対に効果を出したい方やフィリピン留学に不安がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

この記事を書いた人

アバター画像
留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP ニュージーランドTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

フィリピンの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

CIA マクタンキャンパス

シーアイエー マクタンキャンパス

CIAのマクタンキャンパスは2022年に新しくオープンしたフィリピン留学トップクラスの設備と勉強環境を整えたハイレベルな学校です。カリキュラムはCIAの長い歴史で培ってきた基礎から上級レベルの英語まで網羅した質の高いカリキュラムを提供する歴史ある学校です。多国籍な環境で、イングリッシュオンリーポリーシー(EOP)を採用しています。基礎英語からTOEICやIELTSのテスト対策、ワーキングホリデー対策など幅広いコース選択ができる他、多彩なアクティビティーもあり学生満足度の高い学校です。

CIA マクタンキャンパスについて詳しく見る
第2位

GLC(Global Language Cebu)

ジーエルシー(グローバルランゲージセブ)

GLC(Global Language Cebu)は2012年に開校したIDEA CEBUがリニューアルし学校名も新たに誕生した学校です。2022年12月に正式にオープンし、定員400名の大規模校で非常に人気のある語学学校です。また出発までにオンラインレッスンが無料で受けられるのも特徴です。 生活環境は日本人に受け入れられやすい日本資本の学校でありながら、アジア・ヨーロッパ・南米など多くの国籍の生徒が在籍しています。GLCはその学校名の通り、語学を学ぶだけにとどまらず、フィリピンで英語を学び、グローバルな社会へ挑戦してほしいという意味も込められています。 ワールドクラスの語学学校として、国籍も年齢も問わず、小さなお子様からシニアまで老若男女に受け入れらる学校を目指し、集中できる留学環境とレッスン内容を作り続けています。

GLC(Global Language Cebu)について詳しく見る
第3位

CPI(Cebu Pelis Institute)

シーピーアイ

フィリピントップクラスの設備と環境で、基礎からテスト対策まで充実したコースを展開する平日外出禁止のセミスパルタ校です。 実践的な英語を学ぶカリキュラムで、より使える英語力の習得を目指します。20種類以上の食材を揃えるビュッフェスタイルの食事など、ホテルレベルの質の高いサービスと環境を提供しており、整った生活環境で安心して学習できます。

CPI(Cebu Pelis Institute)について詳しく見る
第4位

Cebu Blue Ocean

セブ ブルーオーシャン

マクタン島のリゾートホテルをそのまま宿舎として利用し、学生は余暇と勉強どちらも充実した生活を送ることができる語学学校です。16年の歴史を持つパインスアカデミーで研究された教育法を用いた授業には定評があり、高い学生満足度を得ています。綺麗な海を目の前に、リゾート気分を味わいながら勉強したい方にぴったりの環境です。

Cebu Blue Oceanについて詳しく見る
第5位

EV Academy

イーブイアカデミー

2017年にオープンした新キャンパスで短期から長期、ジュニアからシニアまで幅広いニーズに対応したカリキュラムが魅力の語学学校です。2002年にESLセンター発足に携わった経営陣によって運営され、スパルタプログラムを開発した先駆的な学校でもあります。仏韓共同資本で、フランス人が代表を務めるフィリピンでは珍しい学校です。

EV Academyについて詳しく見る
第1位

PINES メインキャンパス

パインスインターナショナルアカデミー(メインキャンパス)

パインスインターナショナルアカデミー(メインキャンパス)は開校18年以上の歴史を持ち、そしてスパルタカリキュラムを初めて取り入れたパイオニアとしても知られています。短期で本気で集中して勉強したいという方におすすめです!

PINES メインキャンパスについて詳しく見る
第2位

Baguio JIC

バギオ ジェイアイシー

Baguio JICは、学校内及び併設でスーパーマーケットとカフェがあり、学校内で非常に便利で快適な学習環境が整っています。独自開発の教材とそれに合わせて一般英語はもちろん、スピーキングやIELTS、ワーホリ対策コースなど充実したコースがあるのが特徴の学校です。

Baguio JICについて詳しく見る
第3位

WALES

ウェールズ

"実践英語(Situational Conversation)"を教育方針として、実際に街に出てクラスを行うプログラム・政府オフィスでのインターンシップなど、「教室内だけではなく、実際に英語が使われるシチュエーション」に焦点を当てている学校です。細かいレべリングシステムと個人の目標に合わせた豊富なコース選択が特徴です。教師の8割がフィリピンの教員免許(BLEPT)を保持しており、質の高い教育を提供します。セミスパルタシステムを採用しており、授業外は個人のペースで勉強したり余暇を過ごしたりと、無理なく英語力を伸ばせる環境が整っています。アラサー女性に特に人気の学校です。

WALESについて詳しく見る
第4位

BECI The CAFE

ベシ・ザ・カフェ

15年に渡りESL教育を行ってきたBECIは、バギオでも歴史と定評のある語学学校です。ESL講師のトレーニング組織TESLAと提携しており、設立当初からベテランの教師陣による質の高い教育を提供しています。 BECI The CAFEは、快適に生活を送ることのできる環境が整っている語学学校です。小規模な学校のため、すべての生徒同士が授業やアクティビティーを通して親密になるチャンスが豊富です。 落ち着いた静かな環境の中で、リラックスしながら一歩一歩確実に英語力を高めたい方、発音を基礎から学びたい方 、トラベル英語を学びたい方など幅広い目的に対応できる学習環境が整っています。

BECI The CAFEについて詳しく見る
第5位

PINES IELTSキャンパス

パインス アイエルツキャンパス

2023年11月より、PINESチャピスキャンパスは「PINES IELTSキャンパス」に名前を変え、IELTS対策専門のキャンパスとなりました。 旧チャピスキャンパスは上級者専用で、Level 6~10の生徒のみ入学可能でしたが、現在は英語レベルを問わずIELTS対策コースを学べる様になりました。以前は徹底した厳しいEOP(イングリッシュオンリーポリシー)ルールを敷いていましたが、現在は初心者でも学びやすい様になっています。    

PINES IELTSキャンパスについて詳しく見る
第1位

HELP Clark campus

ヘルプ クラーク校

HELP Clark校は、初中級者向けのキャンパスです。セミスパルタ教育を採用しており、「厳しすぎない・緩すぎない」をモットーにしています。校内に娯楽施設が整っている上、治安の良いクラーク経済特区に立地しており、安心して生活を送ることができます。

HELP Clark campusについて詳しく見る
第2位

EG Academy

イージーアカデミー

3千坪という広大な敷地にあるEG Academyは、2013年に新築オープンした学校です。国籍の多様性を重視しており、台湾、中国、ロシアなど様々な国の学生と学ぶ環境が整っています。E-ELSと呼ばれる独自の学習法を用いて、「効率的な学習」を目指した授業内容となっています。学校周辺には学校の運営するショッピングビルとゴルフ場があり、授業以外のアクティビティも気軽に楽しめることが魅力です。

EG Academyについて詳しく見る
第1位

We Academy

ウィーアカデミー

We Academyは、2003年にフィリピンのイロイロ市に設立され、17年以上の歴史を持つ、フィリピンの英語専門の語学学校です。学費が安いことで有名ですが、経験と実力を兼ね備えた講師陣の教育水準は最高の満足度を誇っています。新しい施設と安い学費、質の高い講師陣たちが学校の最高の強みです。

We Academyについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談