フィリピンで平日門限がない学校

フィリピン留学は、語学学校側が、生徒の安全をしっか守り、英語の勉強環境を作るために、門限を設けております。
しかし、フィリピンの語学学校の中には、門限を設けていない学校も複数あります。
門限がないということは、勉強もプライベートも自己管理しないといけません。しかし、時間を好きなように利用することができるメリットもございます。

この記事では、平日に門限がないおすすめの学校をご紹介致します。

フィリピンで平日門限がない学校のメリットとデメリット

メリット

・時間を気にせずセブを満喫できる
・時間をフレキシブルに使える
・勉強のオンオフができる

デメリット

・自分で自己管理をしないとけない
・深夜帯に事件に巻き込まれる可能性が高くなる

 

こんな方におすすめ!

・社会人の方で仕事をしながら英語学習をしたい方
・プライベートの時間も満喫したい方
・オン・オフをしっかり付けたい方
・自分の勉強スタイルを確立していて自分のペースで英語を勉強したい方

平日門限がないおすすめの学校紹介

平日の門限がない学校を紹介いたします。学校の特徴としては、日本資本の学校が多いです。

セブ

QQ English, IT ParK(キューキュー イングリッシュ アイティーパーク)

学校名 QQ English, IT ParK
学校資本 日本
門限 なし
日本人比率 30~70%
1ヶ月の留学費用
(ライトプラン、食費、入学金+4 人部屋)
¥186,000〜
3ヶ月の留学費用
(ライトプラン、食費、入学金+4 人部屋)
¥528,400〜

【学校の特徴】

マンツーマン授業が多くスピーキングに特化したカリキュラムを採用しており、会話力の習得に重点を置いた授業が特徴です。リピート率が高く、とにかく楽しいと評判の人気校です。ITパーク内という好立地で、学習とプライベート両方を充実させたい学生におすすめです。毎日2時間のフリークラスがあり、最大10時間までお勉強することが可能です。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

 

NILS(ニルス)

学校名 NILS
学校資本 日本
門限 なし
日本人比率 100%
1ヶ月の留学費用
(標準プラン、食費(平日朝晩2食のみの提供)、入学金+3人部屋)
¥157,800〜
3ヶ月の留学費用
(標準プラン、食費(平日朝晩2食のみの提供)、入学金+3人部屋)
¥439,400〜

【学校の特徴】

組み合わせ自在なオーダーメイドカリキュラムで自分に合った学習が可能です。生活に便利な「ITパーク」内に位置し、寮の設備はセブトップレベルです。短期間でスピーキング強化が期待できる「カランメソッド」を採用しており、日本人の弱点を熟知した教育プランを提供しています。限られた時間で確実な英語力をつけたい生徒さんに人気の学校です。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

 

IDEA ACADEMIA(イデア アカデミア )

学校名 IDEA ACADEMIA
学校資本 日本
門限 外部ホテル寮のみ門限なし
日本人比率 約80%
1ヶ月の留学費用
(General Englishコース、食費、入学金+外部ホテル寮4人部屋)
US$1,840〜(¥202,400〜)
1ドル=110円計算
3ヶ月の留学費用
(General Englishコース、食費、入学金+外部ホテル寮4人部屋)
US$5,280〜(¥580,800〜)
1ドル=110円計算

【学校の特徴】

スピーキングから試験対策まで豊富なコースを提供し、コミュニケーションスキル強化に力を入れたカリキュラムを採用しています。日本資本のパイオニアがオープンさせた最新スタイルの学校で、日本人学生の弱点克服に強いと定評があります。学生寮とホテルの滞在プランが豊富な他、カフェスタイルの洗練された学習空間を提供しており、快適な環境で学習できます。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

 

MeRISE ENGLISH ACADEMY(ミライズ)

学校名 MeRISE ENGLISH ACADEMY
学校資本 日本
門限 なし
日本人比率 85〜90%
1ヶ月の留学費用
(基礎英語力完成コース、入学金+2人部屋)
¥200,000〜
3ヶ月の留学費用
(基礎英語力完成コース、入学金+2人部屋)
¥520,000〜

【学校の特徴】

私たちが考えるミライズ留学とは、今までの語学留学とは異なります。
新たなキャリアアップを目的とした社会人を中心に、語学習得のみならずビジネスでの出会いや学習環境にも徹底的にこだわった新しい形の英語留学です。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

 

CROSS×ROAD English Academy(クロスロード イングリッシュアカデミー)

学校名 CROSS×ROAD English Academy
学校資本 日本
門限 なし
日本人比率 100%
1ヶ月の留学費用
(ライトプラン、食費、入学金+4人部屋)
¥140,000〜
3ヶ月の留学費用
(ライトプラン、食費、入学金+4人部屋)
¥380,000〜

【学校の特徴】

語学学校でありながら、「人生の選択肢が拡がるパワースポット」と呼ばれるCROSS×ROADは、学生定員35名のアットホームな学校です。ユニークなコースで英語を学びながら、様々なバックグラウンドを持った面白い仲間と出逢い、自分の世界を拡げましょう。旅人じゃなくても大丈夫。でもきっとクロスロードに来たら旅をしたくなるはずです。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

 

Kredo(クレド)

学校名 Kredo
学校資本 日本
門限 なし
日本人比率 99%
1ヶ月の留学費用
(英語留学コース、入学金+2人部屋)
¥199,000〜
3ヶ月の留学費用
(英語留学コース、入学金+2人部屋)
¥525,000〜

【学校の特徴】

ITを英語で学べる日系唯一の学校です。教師1名あたり、平均3名の少人数クラスが特徴。500名以上の卒業生を輩出し、日本人がつまずくポイントを熟知した教師が、初心者にもわかりやすいカリキュラムで授業を行います。政府公式認定IT学校であり、IT/英語初心者にも安心な学校です。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

 

3D ACADEMY (スリーディーアカデミー)

学校名 3D ACADEMY
学校資本 日本
門限 Tsaiホテルのみ門限なし
日本人比率 50%~80%
1ヶ月の留学費用
(実践英語(ESL)コース、食費、入学金+Tsaiホテル2人部屋)
¥185,000〜
3ヶ月の留学費用
(実践英語(ESL)コース、食費、入学金+Tsaiホテル2人部屋)
¥350,000〜

【学校の特徴】

日本人経営で楽しいく英語を学べる環境。リーズナブルな学費設定で学生の夢や目標を実現できるように完全サポート、スピーキングに力を入れた語学学校です。暗記授業はなく、スピーキングを重視したカリキュラムとなっており、話すことに苦手意識を持つ日本人学生には特におすすめ。週に1度の旅行企画や学校主催の社会奉仕プログラムを通して、座学以外の経験を積むことができます。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

 

最後に

以下かがでしょうか。フィリピンにある平日門限がない語学学校を紹介させていただきました。平日の門限がないと、英語学習だけではなく、プライベートもしっかり満喫することができます。しかし、同時に自己管理も求められるので、しっかりマネジメントできる方にオススメです。

この記事を書いた人

yue

留学現地サポート担当

前職は警察官で、退職後に昔から海外に憧れていたこともあり、オーストラリアでIT留学をしました。現在は留学サポートMorrow Worldのフィリピン支部にて学生の現地サポートから、留学の魅力をwebを通じて発信しています!皆様も留学で自分の可能性を広めませんか?

留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

フィリピンの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

CIA マクタンキャンパス

シーアイエー マクタンキャンパス

CIAのマクタンキャンパスは2022年に新しくオープンしたフィリピン留学トップクラスの設備と勉強環境を整えたハイレベルな学校です。カリキュラムはCIAの長い歴史で培ってきた基礎から上級レベルの英語まで網羅した質の高いカリキュラムを提供する歴史ある学校です。多国籍な環境で、イングリッシュオンリーポリーシー(EOP)を採用しています。基礎英語からTOEICやIELTSのテスト対策、ワーキングホリデー対策など幅広いコース選択ができる他、多彩なアクティビティーもあり学生満足度の高い学校です。

CIA マクタンキャンパスについて詳しく見る
第2位

GLC(Global Language Cebu)

ジーエルシー(グローバルランゲージセブ)

GLC(Global Language Cebu)は2012年に開校したIDEA CEBUがリニューアルし学校名も新たに誕生した学校です。2022年12月に正式にオープンし、定員400名の大規模校で非常に人気のある語学学校です。また出発までにオンラインレッスンが無料で受けられるのも特徴です。 生活環境は日本人に受け入れられやすい日本資本の学校でありながら、アジア・ヨーロッパ・南米など多くの国籍の生徒が在籍しています。GLCはその学校名の通り、語学を学ぶだけにとどまらず、フィリピンで英語を学び、グローバルな社会へ挑戦してほしいという意味も込められています。 ワールドクラスの語学学校として、国籍も年齢も問わず、小さなお子様からシニアまで老若男女に受け入れらる学校を目指し、集中できる留学環境とレッスン内容を作り続けています。

GLC(Global Language Cebu)について詳しく見る
第3位

CPI(Cebu Pelis Institute)

シーピーアイ

フィリピントップクラスの設備と環境で、基礎からテスト対策まで充実したコースを展開する平日外出禁止のセミスパルタ校です。 実践的な英語を学ぶカリキュラムで、より使える英語力の習得を目指します。20種類以上の食材を揃えるビュッフェスタイルの食事など、ホテルレベルの質の高いサービスと環境を提供しており、整った生活環境で安心して学習できます。

CPI(Cebu Pelis Institute)について詳しく見る
第4位

Cebu Blue Ocean

セブ ブルーオーシャン

マクタン島のリゾートホテルをそのまま宿舎として利用し、学生は余暇と勉強どちらも充実した生活を送ることができる語学学校です。16年の歴史を持つパインスアカデミーで研究された教育法を用いた授業には定評があり、高い学生満足度を得ています。綺麗な海を目の前に、リゾート気分を味わいながら勉強したい方にぴったりの環境です。

Cebu Blue Oceanについて詳しく見る
第5位

EV Academy

イーブイアカデミー

2017年にオープンした新キャンパスで短期から長期、ジュニアからシニアまで幅広いニーズに対応したカリキュラムが魅力の語学学校です。2002年にESLセンター発足に携わった経営陣によって運営され、スパルタプログラムを開発した先駆的な学校でもあります。仏韓共同資本で、フランス人が代表を務めるフィリピンでは珍しい学校です。

EV Academyについて詳しく見る
第1位

PINES メインキャンパス

パインスインターナショナルアカデミー(メインキャンパス)

パインスインターナショナルアカデミー(メインキャンパス)は開校18年以上の歴史を持ち、そしてスパルタカリキュラムを初めて取り入れたパイオニアとしても知られています。短期で本気で集中して勉強したいという方におすすめです!

PINES メインキャンパスについて詳しく見る
第2位

Baguio JIC

バギオ ジェイアイシー

Baguio JICは、学校内及び併設でスーパーマーケットとカフェがあり、学校内で非常に便利で快適な学習環境が整っています。独自開発の教材とそれに合わせて一般英語はもちろん、スピーキングやIELTS、ワーホリ対策コースなど充実したコースがあるのが特徴の学校です。

Baguio JICについて詳しく見る
第3位

Baguio JIC Premium Campus

バギオ ジェイアイシー プレミアムキャンパス

自然豊かなバギオで2023年7月に施設全体がリノベーションされたばかりのBaguio JICプレミアム校。初心者の方、スピーキング力を強化したい方、ワーキングホリデーの準備をしている方に特におすすめのプログラムをご用意しています。 学習環境は避暑地のリゾートホテルのような美しくリラックスできる環境で、清潔で快適です。校内にはカフェやコンビニもあり、生活が大変便利です。また、全ての建物にはラウンジがあり、他の生徒との交流も楽しめます。バギオトップクラスの施設質を誇り、特に20代、30代の女性に大人気。生活環境にこだわりたい人にはぴったりです。

Baguio JIC Premium Campusについて詳しく見る
第4位

WALES

ウェールズ

"実践英語(Situational Conversation)"を教育方針として、実際に街に出てクラスを行うプログラム・政府オフィスでのインターンシップなど、「教室内だけではなく、実際に英語が使われるシチュエーション」に焦点を当てている学校です。細かいレべリングシステムと個人の目標に合わせた豊富なコース選択が特徴です。教師の8割がフィリピンの教員免許(BLEPT)を保持しており、質の高い教育を提供します。セミスパルタシステムを採用しており、授業外は個人のペースで勉強したり余暇を過ごしたりと、無理なく英語力を伸ばせる環境が整っています。アラサー女性に特に人気の学校です。

WALESについて詳しく見る
第5位

BECI The CAFE

ベシ・ザ・カフェ

15年に渡りESL教育を行ってきたBECIは、バギオでも歴史と定評のある語学学校です。ESL講師のトレーニング組織TESLAと提携しており、設立当初からベテランの教師陣による質の高い教育を提供しています。 BECI The CAFEは、快適に生活を送ることのできる環境が整っている語学学校です。小規模な学校のため、すべての生徒同士が授業やアクティビティーを通して親密になるチャンスが豊富です。 落ち着いた静かな環境の中で、リラックスしながら一歩一歩確実に英語力を高めたい方、発音を基礎から学びたい方 、トラベル英語を学びたい方など幅広い目的に対応できる学習環境が整っています。

BECI The CAFEについて詳しく見る
第1位

HELP Clark campus

ヘルプ クラーク校

HELP Clark校は、初中級者向けのキャンパスです。セミスパルタ教育を採用しており、「厳しすぎない・緩すぎない」をモットーにしています。校内に娯楽施設が整っている上、治安の良いクラーク経済特区に立地しており、安心して生活を送ることができます。

HELP Clark campusについて詳しく見る
第2位

EG Academy

イージーアカデミー

3千坪という広大な敷地にあるEG Academyは、2013年に新築オープンした学校です。国籍の多様性を重視しており、台湾、中国、ロシアなど様々な国の学生と学ぶ環境が整っています。E-ELSと呼ばれる独自の学習法を用いて、「効率的な学習」を目指した授業内容となっています。学校周辺には学校の運営するショッピングビルとゴルフ場があり、授業以外のアクティビティも気軽に楽しめることが魅力です。

EG Academyについて詳しく見る
第1位

We Academy

ウィーアカデミー

We Academyは、2003年にフィリピンのイロイロ市に設立され、17年以上の歴史を持つ、フィリピンの英語専門の語学学校です。学費が安いことで有名ですが、経験と実力を兼ね備えた講師陣の教育水準は最高の満足度を誇っています。新しい施設と安い学費、質の高い講師陣たちが学校の最高の強みです。

We Academyについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談