フィリピン留学のビザを徹底解説!申請費用や追加書類が必要な条件も紹介

フィリピン留学 ビザ

近年、格安で留学できるフィリピンが留学先として人気です。

フィリピンに短期で留学する場合はビザ不要ですが、長期の場合はビザやさまざまな手続きが必要になることもあります。

この記事では、フィリピン留学に必要なビザの申請方法や費用、追加書類が必要な条件などを詳しく解説します。

フィリピン留学に興味がある方やビザ申請に不安がある方は、ぜひ最後までお読みください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

【前提】フィリピンの語学留学に学生ビザ(9A)は不要

フィリピンの非移民ビザには、短期渡航ビザ(9a)・学生ビザ(9f)などがあります。

大学や専門学校など高等教育機関へ留学する場合は学生ビザが必要ですが、語学学校へ通う場合は必要ありません。

また、30日以内であれば短期渡航ビザも必要ないため、一般的な旅行と同じ観光ビザで入国可能です。

31日以上の留学であっても現地で観光ビザの延長手続きができる上に、手続きは語学学校が代行してくれます。

すなわち、語学学校へ留学するのであれば観光ビザで入国し、必要であれば語学学校にビザの延長手続きをしてもらうだけで留学できます。

もし、ビザに関する不安があれば留学先となる語学学校や留学エージェントに相談してみましょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

フィリピン留学するなら観光ビザの申請が必須!延長にかかる費用も紹介

フィリピンに留学する場合、30日以内の留学であれば無査証短期滞在とみなされビザなしで入国可能です。

しかし、31日を超える場合は観光ビザの延長手続きが必要です。

ビザの延長にかかる費用は、延長する日数によって違います。

期間 費用
入国から29日まで 無料
59日までの滞在 3,600ペソ(約9,720円)
89日までの滞在 8,300ペソ(約22,410円)
119日までの滞在 11,300ペソ(約30,510円)
149日までの滞在 14,300ペソ(約38,610円)
179日までの滞在 17,200ペソ(約46,440円)

※2023年12月のフィリピンペソ円レート(1ドル=2.7円)で計算

ビザの延長料金は学校によって徴収料金が異なるため、必要であれば留学先となる語学学校で確認しましょう。

ほとんどの場合、延長申請はすべて語学学校が代行してくれるので手間はかかりません。

フィリピンで観光ビザを延長するには「パスポートの有効期限内であること」「有効な往復航空券または、第三国へ出国する航空券を所持していること」が必須条件です。

留学の手続きに入る前に必ずパスポートの有効期限を確認しておきましょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

フィリピン留学でビザと合わせて申請が必要な書類の種類

フィリピン留学する際はビザ以外に「SSP」「ACR-i CARD」「ECC」などの書類が必要になることがあります。

ここでは、書類の種類と必要になる条件を解説します。

SSP(Special Study Permit)|申請必須

フィリピンでは30日以内の滞在であれば観光ビザのみで滞在できますが、語学学校に通う場合は必ずSSP(Special Study Permit)を取得しなければなりません。

SSPは「特別就学許可証」という意味で、フィリピン国内で勉強する外国人は留学の期間に関わらず取得する必要があります。

SSPは日本では取得できないため、渡航後に移民局もしくは入国管理局の窓口で手続きが必要です。

しかし、ほとんどの場合フィリピンの語学学校が手続きを代行してくれます。

  • 費用:約6,500ペソ(約17,550円)
  • 条件:フィリピン国内で学ぶ外国人すべて

※2023年12月のフィリピンペソ円レート(1ドル=2.7円)で計算

SSPの有効期間は半年で、滞在が半年を超える場合は再度申請が必要です。

また、2つ以上の学校に通う場合は各学校でSSPを取得しなければならないので、転校する際は注意しましょう。

ACR-i CARD(Alien Certificate of Registration)|60日以上滞在の場合

ACR-i CARDとは「外国人登録証」のことで、フィリピンに60日以上滞在する場合に必要になるカードです。

2回目の観光ビザ延長時に一緒に申請するのが一般的で、こちらも語学学校が手続きを代行してくれます。

  • 費用:約3,000ペソ(約8,100円)
  • 条件:60日以上滞在する場合

※2023年12月のフィリピンペソ円レート(1ドル=2.7円)で計算

ACR-i CARDはICチップが埋め込まれたクレジットカードのようなもので、留学生にはアクアブルーのカードが渡されます。

有効期限は1年間で、カードは出国時に返却しなければなりません。

ECC(Emigration Clearance Certificate)|180日(6ヶ月)以上滞在の場合

フィリピンに6ヶ月以上滞在する方は、ECCと呼ばれる出国許可証が必要です。

ECCはフィリピン国内で罪を犯していないことを証明する書類で、出国前に自ら移民局へ出向き申請する必要があります。

  • 費用:500ペソ(約1,350円)
  • 条件:6ヶ月以上滞在する場合

※2023年12月のフィリピンペソ円レート(1ドル=2.7円)で計算

ECCはフィリピン滞在中に使いませんが、出国する際に必要になるので忘れずに準備しておきましょう。

また、ECCの取得には数日程度時間がかかることがあるため、日程に余裕を持って手続きしましょう。

フィリピン留学の滞在期間別でビザ等申請にかかる費用を紹介

フィリピン留学する際、必要なビザと申請にかかる費用を以下の表にまとめました。

留学期間 申請費用 書類の組み合わせ
~29日(1ヶ月) 6,500ペソ(約17,550円) ・SSP
30~59日(1~2ヶ月) 10,100ペソ(約27,270円) ・SSP
・観光ビザ延長1回
60~89日(2~3ヶ月) 17,800ペソ(約48,060円) ・SSP
・観光ビザ延長2回
・ACR-i CARD
180日(6ヶ月) 26,700ペソ(約72,090円) ・SSP
・観光ビザ延長5回
・ACR-i CARD

※2023年12月のフィリピンペソ円レート(1ドル=2.7円)で計算

30日以内の留学であれば、観光ビザとSSPのみで滞在できます。

31日を超える場合は、延長する日数に合わせて観光ビザの延長が必要です。

2〜3ヶ月ともなるとビザの延長とACR-i CARDの取得のため約5万円も必要になるため、その分の金額も留学費用として準備しておきましょう。

フィリピン留学のビザ申請に関して不安があればタビケン留学へご相談ください

フィリピン留学の場合、滞在期間が30日以内であれば特別なビザは必要ありません。

しかも、留学に必要なほとんどの申請手続きは語学学校が代行してくれるので安心です。

もし、フィリピン留学やビザの取得方法に不安があれば留学エージェントのタビケン留学へご相談ください。

タビケン留学ではビザの詳しい説明はもちろんのこと、経験豊富な留学カウンセラーがあなたに最適な留学プランをご提案します。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

フィリピン留学でビザを取得する際に知っておきたいこと

フィリピン留学でビザを取得する際には、日本では手続き不要、原本と多めのコピーが必要、アルバイトは禁止という点を理解しておきましょう。

日本での手続き不要で現地に渡ってから申請する書類がほとんど

ィリピン留学に必要な手続きは渡航してから行うものがほとんどです。

しかも、多くの手続きは語学学校が代行してくれるため、さほど手間はかからないでしょう。

ただ、手続きをしなければ不法滞在となってしまうリスクがあるため、留学日数の確認や手続きの要不要は自分でしっかり把握しておきましょう。

原本とコピーの提出が求められることが多い

申請手続きを行う場合、必要書類の原本とそのコピーを求められることがあります。

使用頻度が高いパスポートや証明写真などはコピーを多めに用意しておきましょう。

現地でのアルバイトは原則禁止

学生ビザ(F9)やSSPは、就学する人に対して発行されるビザや証明書です。

学生ビザ(F9)やSSPを持っている人がアルバイトなどお金をもらって働くことは禁止されています。

現地で働く経験をしてみたい方や現地人と交流したい方は、各学校が開催するボランティア活動などに参加するといいでしょう。

【注意】オーバーステイ・ACR-i CARDの再発行には追加費用(罰金)がかかります

ビザの有効期間を超えての滞在(オーバーステイ)をしてしまった場合、ACR-i CARDを再発行しなければなりません。

ACR-i CARDの再発行にかかる費用(罰金)は以下の通りです。

内容 費用目安
オーバーステイに対する罰金 500ペソ(約1,350円)/1ヶ月あたり
オーバーステイに対する再考申立て 500ペソ+10ペソ(約1,377円)
ACR I-Cardの再発行(59日以降の2回目の入国) 250ペソ(約675円)

※2023年12月のフィリピンペソ円レート(1ドル=2.7円)で計算

罰金自体は高くありませんが、オーバーステイは不法滞在とみなされることもあります。

不法滞在とならないためにも、すべてを語学学校に任せるのではなくビザの有効期限は自分でしっかりと把握しておきましょう。

補足|30日以上の滞在が決まっていれば日本で事前にビザを申請できる

渡航前に30日以上滞在することが決まっていれば日本でビザ申請できます。

申請書類の準備などの手間はかかりますが、語学学校に支払う手数料を省けるので留学費用を少しでも安くすませたい方におすすめです。

ビザ申請に必要なもの

ビザ申請に必要なものは以下の通りです。

  • パスポート
  • 非移民ビザ申請用紙
  • パスポートサイズのカラー写真
  • ビザ申請/発行に関わる同意書
  • お届け先を記入した520円のレターパック
  • 経済力を示す証明書
  • 日本における職業の証明書
  • フィリピン渡航後の滞在先の証明

経済力を示す証明書は、一般的に英文の残高証明書を提出します。

学生など収入のない方は、身元保証人の身分証明書と残高証明書が必要です。

職業の証明書は学生であれば在学証明書、会社員であれば雇用証明書を用意しましょう。

滞在先の証明として予約したホテルから送られてきた予約確定書が必要になるので、ビザ申請する前までに滞在先を予約しておきましょう。

申請窓口と手続きにかかる期間

ビザ申請は、東京・大阪・名古屋にあるフィリピン大使館領事部の窓口で手続きできます。

窓口で申請する場合は申請に関する質問や書類審査に応じるため、申請者本人が手続きを行わなくてはなりません。

大使館が近くにない場合は、オンラインで書類を作成し郵送する方法でも申請できます。

窓口に出向く際はオンラインで予約しておくと手続きがスムーズに進められるでしょう。

ビザ取得までは申請書類を提出し申請費の支払いが完了した日から5営業日程度かかります。

ビザを取得するまでの流れ

オンラインで書類を作成し郵送でビザ申請する際の流れは、以下の通りです。

  1. 必要書類を用意する
  2. OVASにて申請書を作成する
  3. 事前確認のため、PDFにまとめた必要書類をメールで送付する
  4. 事前確認にて郵送が可能となった時点で申請書を公証役場で公証する
  5. 公証済みの申請書やパスポートなど必要書類を郵送する
  6. 申請料を現金書留で送り、控えを大使館へメールする
  7. ビザが発給され、申請書類とともに郵送されてくる

まずは、オンラインビザアプリケーションシステム(OVAS)でビザの申請書を作成します。

事前確認のため、用意した必要書類のPDFデータをメールで大使館へ送付します。

メールでの事前確認が承認された後は、出力したビザ申請書を公証役場にて公証してもらいましょう。

公証が終わったら、公証済みの申請書とパスポートなどの必要書類をまとめて指定の場所へ郵送します。

最後に、申請料を現金書留で支払った証拠として控えをメールで送れば申請手続きは完了です。

問題がなければ、2週間程度で発給されたビザと送った必要書類が返送されます。

タビケン留学はビザ関連だけでなくフィリピン留学を全面サポートいたします

フィリピンは短期であればビザ不要、長期であってもビザの延長手続きは語学学校が代行してくれるため留学しやすい国といえるでしょう。

ただ、留学しやすいフィリピンには多数の語学学校があり、学校選びに困ってしまう方も多くいらっしゃいます。

留学エージェントのタビケン留学ではフィリピン留学におすすめの学校や都市の紹介、費用の見積もりや入学手続きの代行を無料で行っています。

フィリピン留学を検討している方、ビザや学校選びに不安がある方はタビケン留学へお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

アバター画像
留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP ニュージーランドTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

フィリピンの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

CIA マクタンキャンパス

シーアイエー マクタンキャンパス

CIAのマクタンキャンパスは2022年に新しくオープンしたフィリピン留学トップクラスの設備と勉強環境を整えたハイレベルな学校です。カリキュラムはCIAの長い歴史で培ってきた基礎から上級レベルの英語まで網羅した質の高いカリキュラムを提供する歴史ある学校です。多国籍な環境で、イングリッシュオンリーポリーシー(EOP)を採用しています。基礎英語からTOEICやIELTSのテスト対策、ワーキングホリデー対策など幅広いコース選択ができる他、多彩なアクティビティーもあり学生満足度の高い学校です。

CIA マクタンキャンパスについて詳しく見る
第2位

GLC(Global Language Cebu)

ジーエルシー(グローバルランゲージセブ)

GLC(Global Language Cebu)は2012年に開校したIDEA CEBUがリニューアルし学校名も新たに誕生した学校です。2022年12月に正式にオープンし、定員400名の大規模校で非常に人気のある語学学校です。また出発までにオンラインレッスンが無料で受けられるのも特徴です。 生活環境は日本人に受け入れられやすい日本資本の学校でありながら、アジア・ヨーロッパ・南米など多くの国籍の生徒が在籍しています。GLCはその学校名の通り、語学を学ぶだけにとどまらず、フィリピンで英語を学び、グローバルな社会へ挑戦してほしいという意味も込められています。 ワールドクラスの語学学校として、国籍も年齢も問わず、小さなお子様からシニアまで老若男女に受け入れらる学校を目指し、集中できる留学環境とレッスン内容を作り続けています。

GLC(Global Language Cebu)について詳しく見る
第3位

CPI(Cebu Pelis Institute)

シーピーアイ

フィリピントップクラスの設備と環境で、基礎からテスト対策まで充実したコースを展開する平日外出禁止のセミスパルタ校です。 実践的な英語を学ぶカリキュラムで、より使える英語力の習得を目指します。20種類以上の食材を揃えるビュッフェスタイルの食事など、ホテルレベルの質の高いサービスと環境を提供しており、整った生活環境で安心して学習できます。

CPI(Cebu Pelis Institute)について詳しく見る
第4位

Cebu Blue Ocean

セブ ブルーオーシャン

マクタン島のリゾートホテルをそのまま宿舎として利用し、学生は余暇と勉強どちらも充実した生活を送ることができる語学学校です。16年の歴史を持つパインスアカデミーで研究された教育法を用いた授業には定評があり、高い学生満足度を得ています。綺麗な海を目の前に、リゾート気分を味わいながら勉強したい方にぴったりの環境です。

Cebu Blue Oceanについて詳しく見る
第5位

EV Academy

イーブイアカデミー

2017年にオープンした新キャンパスで短期から長期、ジュニアからシニアまで幅広いニーズに対応したカリキュラムが魅力の語学学校です。2002年にESLセンター発足に携わった経営陣によって運営され、スパルタプログラムを開発した先駆的な学校でもあります。仏韓共同資本で、フランス人が代表を務めるフィリピンでは珍しい学校です。

EV Academyについて詳しく見る
第1位

PINES メインキャンパス

パインスインターナショナルアカデミー(メインキャンパス)

パインスインターナショナルアカデミー(メインキャンパス)は開校18年以上の歴史を持ち、そしてスパルタカリキュラムを初めて取り入れたパイオニアとしても知られています。短期で本気で集中して勉強したいという方におすすめです!

PINES メインキャンパスについて詳しく見る
第2位

Baguio JIC

バギオ ジェイアイシー

Baguio JICは、学校内及び併設でスーパーマーケットとカフェがあり、学校内で非常に便利で快適な学習環境が整っています。独自開発の教材とそれに合わせて一般英語はもちろん、スピーキングやIELTS、ワーホリ対策コースなど充実したコースがあるのが特徴の学校です。

Baguio JICについて詳しく見る
第3位

WALES

ウェールズ

"実践英語(Situational Conversation)"を教育方針として、実際に街に出てクラスを行うプログラム・政府オフィスでのインターンシップなど、「教室内だけではなく、実際に英語が使われるシチュエーション」に焦点を当てている学校です。細かいレべリングシステムと個人の目標に合わせた豊富なコース選択が特徴です。教師の8割がフィリピンの教員免許(BLEPT)を保持しており、質の高い教育を提供します。セミスパルタシステムを採用しており、授業外は個人のペースで勉強したり余暇を過ごしたりと、無理なく英語力を伸ばせる環境が整っています。アラサー女性に特に人気の学校です。

WALESについて詳しく見る
第4位

BECI The CAFE

ベシ・ザ・カフェ

15年に渡りESL教育を行ってきたBECIは、バギオでも歴史と定評のある語学学校です。ESL講師のトレーニング組織TESLAと提携しており、設立当初からベテランの教師陣による質の高い教育を提供しています。 BECI The CAFEは、快適に生活を送ることのできる環境が整っている語学学校です。小規模な学校のため、すべての生徒同士が授業やアクティビティーを通して親密になるチャンスが豊富です。 落ち着いた静かな環境の中で、リラックスしながら一歩一歩確実に英語力を高めたい方、発音を基礎から学びたい方 、トラベル英語を学びたい方など幅広い目的に対応できる学習環境が整っています。

BECI The CAFEについて詳しく見る
第5位

PINES IELTSキャンパス

パインス アイエルツキャンパス

2023年11月より、PINESチャピスキャンパスは「PINES IELTSキャンパス」に名前を変え、IELTS対策専門のキャンパスとなりました。 旧チャピスキャンパスは上級者専用で、Level 6~10の生徒のみ入学可能でしたが、現在は英語レベルを問わずIELTS対策コースを学べる様になりました。以前は徹底した厳しいEOP(イングリッシュオンリーポリシー)ルールを敷いていましたが、現在は初心者でも学びやすい様になっています。    

PINES IELTSキャンパスについて詳しく見る
第1位

HELP Clark campus

ヘルプ クラーク校

HELP Clark校は、初中級者向けのキャンパスです。セミスパルタ教育を採用しており、「厳しすぎない・緩すぎない」をモットーにしています。校内に娯楽施設が整っている上、治安の良いクラーク経済特区に立地しており、安心して生活を送ることができます。

HELP Clark campusについて詳しく見る
第2位

EG Academy

イージーアカデミー

3千坪という広大な敷地にあるEG Academyは、2013年に新築オープンした学校です。国籍の多様性を重視しており、台湾、中国、ロシアなど様々な国の学生と学ぶ環境が整っています。E-ELSと呼ばれる独自の学習法を用いて、「効率的な学習」を目指した授業内容となっています。学校周辺には学校の運営するショッピングビルとゴルフ場があり、授業以外のアクティビティも気軽に楽しめることが魅力です。

EG Academyについて詳しく見る
第1位

We Academy

ウィーアカデミー

We Academyは、2003年にフィリピンのイロイロ市に設立され、17年以上の歴史を持つ、フィリピンの英語専門の語学学校です。学費が安いことで有名ですが、経験と実力を兼ね備えた講師陣の教育水準は最高の満足度を誇っています。新しい施設と安い学費、質の高い講師陣たちが学校の最高の強みです。

We Academyについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談