現地の留学エージェントが語るフィリピン留学のメリットとデメリット

フィリピン留学は英語を勉強するのに最適な環境が整っています。しかし、もちろんのことフィリピンに留学するにあたりメリット・デメリットがあります。しかし、”英語”を勉強するには最高な環境です。

今回は、留学エージェントで仕事をして、実際にセブに住んでいる私がフィリピンの基本情報からフィリピン留学のメリット・デメリットをご紹介させていただきます。メリット・デメリットも理解した上でフィリピン留学を検討していただければ幸いでございます。

フィリピンってどんな国

フィリピンとは、7000以上の島が集まっている国です。住んでいる島によって話す言語が違うため、英語が公用語となっています。公用語が英語なので、フィリピン人は小学校の時から、算数などの授業を英語で行っています。なので、比較的多くのフィリピン人が英語を卒なく話せます。

フィリピンは赤道の近くに位置しており、どの島も四季と言うのがなく、その代わり雨が多く降る雨季があります。留学生に人気となっている島は、セブ、バギオ、クラーク、イロイロと言う都市です。

もっと詳しくフィリピン基本情報について知りたい方はこちら

フィリピン留学オススメの人

英語がベラベラな人はフィリピン留学はあまり意味がありません。では、どのような方がフィリピン留学には向いているのかをご紹介いたします。

 

英語を基礎から学びたい

フィリピン留学は、英語初心者にオススメの留学場所です。なぜなら、授業スタイルがマンツーマンなので、講師を独占することができます。例え、文法が間違ったとしてもその場には、あなたと講師しかいないので、気にする必要がありません。そもそも英語を学びにきているのですから、間違っていいんです。たくさん間違えた分、覚えることができます。そして、その都度、講師たちも正しい文法、言い回しを教えてくれるので、英語力が確実に上達します。

 

将来欧米圏へ留学・海外移住を考えている

先ほど、フィリピン留学は初心者の方にオススメだと言いましたが、将来欧米圏へ留学・移住をしたい方にもオススメです。フィリピンの語学学校では、総合的に英語力を伸ばしていくESLコースだけではなく、テスト対策コースも開講している学校が多くあります。

 

とりあえず留学を経験したい

ある程度英語を話せるようになりたいけれど、あまり予算をかけられない方、人生で一度は留学を経験したい方には、フィリピン留学をオススメさせていただいてます。まず第一の理由としては、欧米圏への留学費用を比べると圧倒的に安いからです。また、1週間から申し込むことが可能なので、お試し留学にはぴったりの環境です。

 

フィリピン留学の10個のメリット

フィリピン留学ってみなさんが思っているほど悪いものではございません。いいこともたくさんあります。その中でも厳選して10個程紹介させていただきます。

 

1. 安い費用で留学できる

フィリピン留学は、欧米圏への留学と比べてとても安いのが特徴です。安いからと言って、授業の質が悪いと言うわけではございません。フィリピンの物価が安いからこその価格で授業を提供しているだけです。Morro Worldがご案内する学校は、講師たちもしっかりとトレーニングをした上で、生徒に英語を教えるので、しっかり勉強することができます。

 

2. 暖かい国なので荷物が少なくて済む

カナダなど冬が長い国に留学となると、荷物も自然と多くなってしまいます。ピートテックも10枚あったら、流石に荷物がかさばります。フィリピンは、一年中暖かいので、半袖など夏服で大丈夫です。しかし、室内はクーラーがガンガンなので、羽織れるパーカーとか1枚があった方がいいかもしれません。

 

3. 休暇を利用して留学できる

フィリピン留学は、最短で1週間から申込むことが可能です。長期の休暇をとることができない社会人の方や、これから海外へ転勤される方など、隙間時間を使って手軽に留学することができます。また、語学学校の滞在先には外部ホテル寮と言うホテルに滞在することができるので、シェアルームで生活するのに抵抗がある方でも安心して滞在することができます。

 

4. マンツーマンクラスを受けることができる

フィリピン留学の最大の特徴は、マンツーマン授業で英語を教わることができます。日本人は、空気を読み過ぎてしまうで、わからないところでも質問するのに躊躇しやすいですが、マンツーマン授業では、先生と独占することができるので、自分のペースで勉強することができるのは嬉しいですよね。また、先生が間違った文法や発音を直して行ってくれるので、確実に英語力の向上が見込めます。

 

5. テスト対策コースで就職、進学に繋がる

これから、海外の大学進学を考えている人、海外の学校で英語で英語で何かを勉強したい人に必ず必要となってくるのが、IELTSやTOEFLのスコアです。いくら日常会話が流暢に話せても、アカデミックな英語とは少し違います。また、日本では、就職活動の際TOEICのスコアが採用に関わってくるケースもございます。フィリピン留学では、そのような試験対策のコースも開講されており、中には、3ヶ月の点数保証コースもあります。できるだけ短期間で確実に英語のスコアが必要な方にオススメの留学先です。

 

6. 日本から近い

フィリピンは、日本の成田空港から約4〜5時間で行くことができます。また日本との時差も1時間と大きな時差がないので、ジェッドラグに悩まされることもありません。ヨーロッパ圏やカナダ・アメリカなどは時差が大きいので、留学初日から1週間は、昼夜逆転するなど生活のリズムを作るのが難しいと懸念されていますが、フィリピンは時差が1時間なので、留学初日からしっかりと勉強をすることができます。また、何か休養ができた場合など、日本へすぐ帰国することができるのもの一つのメリットです。

 

7. 集中して勉強できる環境が整っている

フィリピンにある語学学校は、設備が整っている学校が多数あります。マンツーマンクラスでも、個室やオープンスペースがあり、塾のような空間でマンツーマンクラスをするか、カフェのようなオープンスペースの中で先生とマンツーマンクラスをするのかなど、学校によって授業スタイルが違います。自分にあった環境で勉強することができるので、より良い留学生活ができます。また、クーラーも完備しており、構内にはウォーターサーバーも設置されています。自習室も設置されている学校も多いので、授業後も予習復習した人には適した環境下です。

 

8. 学校側がアイランドホッピングなどのアクティビティを用意してくれる

せっかくセブにきたのだから、勉強だけではなく、美しい海を堪能したいものです。ですが、どこから申し込めばいいのか、どの旅行会社が安心なのかよく調べないとわからないですよね。フィリピンにある語学学校では、週末にアイランドホッピングや、ボランティア活動などのアクティビティが開催されているところも多くあります。大抵の学校は、応募用紙に名前を記入してお金を支払えばアクティビティに参加することができます。またフットサル などのスポーツ系のアクティビティもあり気軽に参加できます。アイランドホッピング等の金額が高いか安いかは分かりかねますが、手間が省けるのは確かです。アクティビティを通じて、友達も作ることができるので、とてもいい経験になります。

 

9. 通学時間がかからない

フィリピンの語学留学は、学校の敷地内に滞在先があるケースが多いです。授業がない時など自室へ戻り、お昼寝することも可能です。フィリピンは物価が安いとはいえ、毎日交通費を払えば大きな金額になります。しかし、学校敷地内に寮がある事により、その費用と時間を節約することができます。また、一日中、学校の中の施設にいたら息が詰まると言う方や、授業以外の時間は、ローカルなセブ生活を見たい、経験したいと言う方は、外部寮を設けている学校もあります。外部寮は、内部寮が学校の敷地外にあったり、一般のホテルを学校の寮として契約している場合もあるので、そちらに滞在していただくことも可能です。外部寮も比較的学校の付近に位置しているので、通勤に不便を感じることはないでしょう。

 

10. ほとんどの学校が日本人スタッフ常駐で安心

全く英語がわからない状況での留学は非常に心細いものです。しかしフィリピンにあるある程度の語学学校には、日本人マネージャーが在籍しています。非常事態や、体調が悪くなった時、英語で説明するのは難しいかと思います。もちろん、自分で英語で伝えることができるのが一番良いことですが、慣れるまでは、日本人マネージャーのサポートに頼るのもの一つの手です。また、親子で留学される方や、シニア留学の方にも日本人マネージャーがいる学校は安心することができます。

 

フィリピン留学の9個のデメリット9個

フィリピン留学にもデメリットはあります。確かに日本と比べるとデメリットと感じることが多いかもしれません。ですが、留学は良いことだけではありません。フィリピン留学を検討する一つのポイントとしてください。

 

1. 汚い

フィリピンと言ったら、綺麗な海、リゾートと想像する方が多いと思います。ですが、実際はリゾート地は一部だけで、その他の場所は、排気ガスも酷く、あまり綺麗とは言えません。タクシーで移動すればあまり気にすることはないですが、野良犬が多いです。一応留学前は狂犬病の予防接種を受けることをオススメします。

 

2. スラングは学べない

フィリピン留学では、英語の基礎、正しい文法を勉強することができます。しかし、ネイティブが使うようなスラングをフィリピン人講師から教わるのは難しいかもしれません。ですが、フィリピンのいくつかの語学学校には、アメリカ人や、カナダ人、オーストラリア人のネイティブの講師が授業をしてくれる学校があります。そのような授業の中で、ネイティブが日常生活で使う表現方法を学ぶことは可能です。

 

3. 夜間は危険度が増す

最近の、フィリピンは以前と比べると治安がよくなってきたとフィリピン人でさえ言っています。しかし、夜間はやはり歩くのは危険です。夜移動する際は、タクシーや、グラブ(日本で言うとUber)を利用することをオススメします。

 

4. 水道水は飲めない

フィリピンの水道水は飲むことができません。なので、街中にもたくさんの、ウォーターサーバーが設置されています。歯磨き程度なら、体調不良を起こすことはございませんが、敏感な方は、飲み込まず歯磨きで口をゆすぐだけでお腹を壊してしまう方もいます。心配であれば、うがいの際もウォーターサーバーの水を使用した方が良いです。また、学校内、寮内には、きちんと設置されているので、わざわざ水を買わなくて済みます。

 

5. 1人部屋以外は共同生活になる

フィリピンの語学学校の滞在先は、学校の敷地内にある内部寮、ホテル滞在の外部ホテル寮などあります。しかし、それだけではなく、1人部屋から最大6人部屋までのタイプを選択していただけます。もちろん、シェアルームを申し込んだ方が費用を安く済ますことができます。ですが、知らない人といきなり共同生活が始まるのも、緊張します。共同生活に苦を感じない方は大丈夫かもしれませんが、苦手かな…と思う方は、値段は高くなりますが、1人部屋が良いです。

 

6. 英語の訛りがある

フィリピン人の英語は、しっかり発音するのが特徴です。なのでとても聞き取りやすい英語を話してくれます。そのため、ネイティブな話すような英語とは少し違うかもしれません。ですが、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ等違うアクセント、違う表現方法を使うので、フィリピン英語が間違っているわけではありません。

 

7. 1週間の短期留学では意味がない

残念なことに1週間では、英語を劇的に伸ばすことは不可能です。それができたら、留学会社は潰れてしまいます。もちろん個人差はあります。ですが、人間は忘れる生き物なので、覚え・忘れ・間違えを繰り返して英語を習得していきます。なので、それなりに時間がかかります。ただ、フィリピン留学はマンツーマン授業が基本授業スタイルなので、欧米圏への1週間留学と比較すると、学習時間が多いのは確かです。留学と言うものを経験するためのお試し留学としてなら1週間でも有意義な時間を過ごすことができることでしょう。

 

8. 国際色に偏りが出る

フィリピン留学に来る学生の国籍は、日本を初め、韓国、台湾、ベトナム、タイ、あと時々ヨーロッパです。なので、基本的にアジア諸国から英語を学習する人が多いです。もちろん国際交流することができます。ただ、”フィリピンで、たくさんの国籍の友達を作る”のは少し無理があるかもしれません。フィリピンに留学に来る方は、もちろん英語を勉強するためですが、その先に、海外の学校に入学するためなど目標があるためフィリピンで英語力を付けに来る方が多いです。

 

9. 交通量が多い

フィリピン、特にセブは日本と比べると、信号が少ないように感じます。なので、車、バイク同士が割り込み、道路が混雑します。平日は学校があるため生活に支障はないですが、休日も時間によっては道路が混み合う場合があります。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回はセブ留学のメリット・デメリットをご紹介させていただきました。留学エージェントでお仕事をさせているのですが、どこの国もそうですが、メリットだけの国なんて存在いたしません。どの国もメリット・デメリットがあります。セブ留学のデメリットも踏まえた上で、セブ留学を選んでいただけましたら幸いでございます。

この記事を書いた人

yue

留学現地サポート担当

前職は警察官で、退職後に昔から海外に憧れていたこともあり、オーストラリアでIT留学をしました。現在は留学サポートMorrow Worldのフィリピン支部にて学生の現地サポートから、留学の魅力をwebを通じて発信しています!皆様も留学で自分の可能性を広めませんか?

留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

フィリピンの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

CIA マクタンキャンパス

シーアイエー マクタンキャンパス

CIAのマクタンキャンパスは2022年に新しくオープンしたフィリピン留学トップクラスの設備と勉強環境を整えたハイレベルな学校です。カリキュラムはCIAの長い歴史で培ってきた基礎から上級レベルの英語まで網羅した質の高いカリキュラムを提供する歴史ある学校です。多国籍な環境で、イングリッシュオンリーポリーシー(EOP)を採用しています。基礎英語からTOEICやIELTSのテスト対策、ワーキングホリデー対策など幅広いコース選択ができる他、多彩なアクティビティーもあり学生満足度の高い学校です。

CIA マクタンキャンパスについて詳しく見る
第2位

IMS Academy

アイエムエスアカデミー

IMS Academyについて詳しく見る
第3位

GLC(Global Language Cebu)

ジーエルシー(グローバルランゲージセブ)

GLC(Global Language Cebu)は2012年に開校したIDEA CEBUがリニューアルし学校名も新たに誕生した学校です。2022年12月に正式にオープンし、定員400名の大規模校で非常に人気のある語学学校です。また出発までにオンラインレッスンが無料で受けられるのも特徴です。 生活環境は日本人に受け入れられやすい日本資本の学校でありながら、アジア・ヨーロッパ・南米など多くの国籍の生徒が在籍しています。GLCはその学校名の通り、語学を学ぶだけにとどまらず、フィリピンで英語を学び、グローバルな社会へ挑戦してほしいという意味も込められています。 ワールドクラスの語学学校として、国籍も年齢も問わず、小さなお子様からシニアまで老若男女に受け入れらる学校を目指し、集中できる留学環境とレッスン内容を作り続けています。

GLC(Global Language Cebu)について詳しく見る
第4位

CPI(Cebu Pelis Institute)

シーピーアイ

フィリピントップクラスの設備と環境で、基礎からテスト対策まで充実したコースを展開する平日外出禁止のセミスパルタ校です。 実践的な英語を学ぶカリキュラムで、より使える英語力の習得を目指します。20種類以上の食材を揃えるビュッフェスタイルの食事など、ホテルレベルの質の高いサービスと環境を提供しており、整った生活環境で安心して学習できます。

CPI(Cebu Pelis Institute)について詳しく見る
第5位

Cebu Blue Ocean

セブ ブルーオーシャン

マクタン島のリゾートホテルをそのまま宿舎として利用し、学生は余暇と勉強どちらも充実した生活を送ることができる語学学校です。16年の歴史を持つパインスアカデミーで研究された教育法を用いた授業には定評があり、高い学生満足度を得ています。綺麗な海を目の前に、リゾート気分を味わいながら勉強したい方にぴったりの環境です。

Cebu Blue Oceanについて詳しく見る
第1位

PINES メインキャンパス

パインスインターナショナルアカデミー(メインキャンパス)

パインスインターナショナルアカデミー(メインキャンパス)は開校18年以上の歴史を持ち、そしてスパルタカリキュラムを初めて取り入れたパイオニアとしても知られています。短期で本気で集中して勉強したいという方におすすめです!

PINES メインキャンパスについて詳しく見る
第2位

Baguio JIC Premium Campus

バギオ ジェイアイシー プレミアムキャンパス

自然豊かなバギオで2023年7月に施設全体がリノベーションされたばかりのBaguio JICプレミアム校。初心者の方、スピーキング力を強化したい方、ワーキングホリデーの準備をしている方に特におすすめのプログラムをご用意しています。 学習環境は避暑地のリゾートホテルのような美しくリラックスできる環境で、清潔で快適です。校内にはカフェやコンビニもあり、生活が大変便利です。また、全ての建物にはラウンジがあり、他の生徒との交流も楽しめます。バギオトップクラスの施設質を誇り、特に20代、30代の女性に大人気。生活環境にこだわりたい人にはぴったりです。

Baguio JIC Premium Campusについて詳しく見る
第3位

Baguio JIC

バギオ ジェイアイシー

Baguio JICは、学校内及び併設でスーパーマーケットとカフェがあり、学校内で非常に便利で快適な学習環境が整っています。独自開発の教材とそれに合わせて一般英語はもちろん、スピーキングやIELTS、ワーホリ対策コースなど充実したコースがあるのが特徴の学校です。

Baguio JICについて詳しく見る
第4位

WALES

ウェールズ

"実践英語(Situational Conversation)"を教育方針として、実際に街に出てクラスを行うプログラム・政府オフィスでのインターンシップなど、「教室内だけではなく、実際に英語が使われるシチュエーション」に焦点を当てている学校です。細かいレべリングシステムと個人の目標に合わせた豊富なコース選択が特徴です。教師の8割がフィリピンの教員免許(BLEPT)を保持しており、質の高い教育を提供します。セミスパルタシステムを採用しており、授業外は個人のペースで勉強したり余暇を過ごしたりと、無理なく英語力を伸ばせる環境が整っています。アラサー女性に特に人気の学校です。

WALESについて詳しく見る
第5位

BECI The CAFE

ベシ・ザ・カフェ

15年に渡りESL教育を行ってきたBECIは、バギオでも歴史と定評のある語学学校です。ESL講師のトレーニング組織TESLAと提携しており、設立当初からベテランの教師陣による質の高い教育を提供しています。 BECI The CAFEは、快適に生活を送ることのできる環境が整っている語学学校です。小規模な学校のため、すべての生徒同士が授業やアクティビティーを通して親密になるチャンスが豊富です。 落ち着いた静かな環境の中で、リラックスしながら一歩一歩確実に英語力を高めたい方、発音を基礎から学びたい方 、トラベル英語を学びたい方など幅広い目的に対応できる学習環境が整っています。

BECI The CAFEについて詳しく見る
第1位

HELP Clark campus

ヘルプ クラーク校

HELP Clark校は、初中級者向けのキャンパスです。セミスパルタ教育を採用しており、「厳しすぎない・緩すぎない」をモットーにしています。校内に娯楽施設が整っている上、治安の良いクラーク経済特区に立地しており、安心して生活を送ることができます。

HELP Clark campusについて詳しく見る
第2位

EG Academy

イージーアカデミー

3千坪という広大な敷地にあるEG Academyは、2013年に新築オープンした学校です。国籍の多様性を重視しており、台湾、中国、ロシアなど様々な国の学生と学ぶ環境が整っています。E-ELSと呼ばれる独自の学習法を用いて、「効率的な学習」を目指した授業内容となっています。学校周辺には学校の運営するショッピングビルとゴルフ場があり、授業以外のアクティビティも気軽に楽しめることが魅力です。

EG Academyについて詳しく見る
第1位

We Academy

ウィーアカデミー

We Academyは、2003年にフィリピンのイロイロ市に設立され、17年以上の歴史を持つ、フィリピンの英語専門の語学学校です。学費が安いことで有名ですが、経験と実力を兼ね備えた講師陣の教育水準は最高の満足度を誇っています。新しい施設と安い学費、質の高い講師陣たちが学校の最高の強みです。

We Academyについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談