バイロンベイ留学の特徴・費用・都市情報まとめ

バイロンベイ留学の特徴・費用・都市情報まとめ

バイロンベイの歴史と名前の由来

美しいビーチに囲まれ、ホリデー先や移住先として世界でも人気急上昇中の都市、バイロンベイ。

とはいえ、日本人にとってバイロンベイはまだあまり知られておらず、名前は聞いたことあるけどどんな場所かよくわからないという人や名前すら聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、バイロンベイはヨーロッパ系の人々を中心に留学先としても人気で、オーストラリアの他のどの都市とも違うユニークな魅力が溢れる街です。

この記事では、バイロンベイの基本情報からバイロンベイ留学のメリット・デメリットまで、オーストラリアの穴場の留学先バイロンベイについて詳しく解説していきます。

バイロンベイが留学先として選ばれる理由・メリット

大自然の中でアクティビティが満喫できる

バイロンベイの中心地がビーチからすぐ近くにあるため、少し空いた時間にビーチで遊んだり、サーフィンやダイビングを楽しめたりと、気軽に海のアクティビティで遊ぶことができます。アクティビティの種類も豊富で、サーフィンやダイビング、SUP(スタンドアップパドル)やカヤックの他、スカイダイビングや熱気球、ハングライダーといった空からバイロンベイを楽しむアクティビティも充実しています。また、バイロンベイはヨガの聖地とも言われ、大自然の中でヨガを楽しむこともできます。

周囲にも人気の観光地がたくさんある

バイロンベイにもたくさん観光スポットがあり、見どこといっぱいですが、周辺にも国立公園や離島など人気の観光地があり、留学期間中に遊びに行けるスポットもたくさんあります。例えば、ジュリアン・ロックスでウミガメと泳いだり、セブン・マイル・ビーチで乗馬を楽しむなど、大自然の中で動物たちと触れ合える場所もたくさんあります。

英語漬けの環境

バイロンベイは人気の都市ではありますが、日本人が少ないため、自然と英語を話す機会が多くなります。語学学校でも日本人率は少ないので、最初は心細かったり日本語で会話をすることができず苦労することもあるかもしれませんが、英語しか話せない環境に身を置くということは、英語力の上達にも繋がるためしっかり勉強したい方におすすめです。また、オーストラリアの英語は地域によっては訛りが強い場所もありますが、バイロンベイの英語は基本的にクセがないため、そうした心配も必要ありません。

音楽文化を楽しめる

バイロンベイは音楽好きが集まる町でもあります。町の至ところでストリートミュージシャンの演奏が聴けたり、世界のトップパフォーマーが参加する音楽フェスもあったりと、海だけでなく音楽文化も楽しめることもバイロンベイ留学の魅力の一つです。観客とパフォーマーの距離がとても近く、留学中にお気に入りのパフォーマーを見つけて仲良くなることもできるかもしれません。毎年3~4月のイースターホリデーに行われるバイロン・ベイ・ブルースフェスト(Byron Bay Bluesfest)は10万人観客が集まる音楽フェスで、過去にはボブ・ディランも参加しています。

バイロンベイへ留学する際の注意点

日本からの直行便がない

バイロンベイには空港がなく、日本からの直行便はありません。そのため、日本からバイロンベイに行く際は、ゴールドコーストかシドニー、ブリスベンまで飛行機で行って、電車、バス、車などで移動する必要があります。また、他の都市への移動も簡単ではありません。例えば、バイロンベイからシドニーへ行く場合、長距離バスで約13時間、車で約9時かかります。一度ゴールドコースト空港までバスや車で行ってから飛行機に乗る方法もありますが、それもなかなか大変です。しかし、ゴールドコーストやブリスベンまでは車で片道1時間15分と、日帰りでも遊びに行ける距離なので、可能な方は国際免許があると便利でしょう。

求人が少ない

バイロンベイは小さな町なので、求人数も少ないです。日本食レストランも少なく、カフェやレストランでも高い英語力を求められるので、留学生が仕事を見つけるのは非常に困難と言われています。特に5〜8月のオフシーズンは観光客が少なくなり、ファームの仕事も減るため、仕事探しは難しいです。そのため、バイロンベイで留学する際には、仕事がなくても生活できるくらいしっかりと貯金しておくと安心です。もしくは、オンラインの仕事を見つけるなどの対策ができるといいと思います。

語学学校が少ない

バイロンベイは非常に小さな町のため、語学学校の数があまり多くありません。バイロンベイではヨガやサーフィンを学べるコースがあり、それらを学びたい学生には向いていますが、コースの種類も少なく、選択肢が非常に少なくなってしまいます。そのため、バイロンベイには希望のコースがないという可能性があります。もし、バイロンベイで留学したいけど、ITや看護福祉、チャイルドケア、調理師などのコースも学びたい!という方は、バイロンベイの語学学校で英語を学んだのちに、シドニーなど他の都市で希望のコースを選択されるのがいいと思います。

生活に不便なことも

バイロンベイは自然が豊かですが、その分お店や娯楽施設は少なく、シドニーやメルボルンのような都会と比べると、ナイトライフを楽しめる場所は少ないです。町はコンパクトで徒歩や自転車で移動することができますが、日本の都会生活に慣れている方にとっては少し不便に感じるかもしれません。また、バイロンベイには空港がないため、シドニーやメルボルンなど遠くの都市に遊びに行きたい場合にも、不便に感じるかもしれません。ただ、通学や通勤で公共交通機関を使う必要がないため、その分の生活費は抑えられ、娯楽が少ない分無駄な出費も抑えられるかもしれません。

バイロンベイ留学のモデル費用

項目 費用
合計 425万円〜(Byron Yoga Centreに1年通う場合は350万円〜)
航空券 10万円
語学学校 175万円
滞在費 約13万円(ホームステイ1ヶ月)+88万円〜(シェアハウス11ヶ月)
ビザ 710豪ドル(71,000円)※1豪ドル=100円で換算
海外旅行保険 24万円
OSHC費用 735豪ドル(14ヶ月分)
その他雑費 約100万円
項目 費用
合計 200万円〜
航空券 10万円
語学学校 88万円〜
滞在費 約13万円(ホームステイ1ヶ月)+ 40万円〜(シェアハウス5ヶ月)
ビザ 710豪ドル(71,000円)※1豪ドル=100円で換算
海外旅行保険 11〜14万円
OSHC費用 366豪ドル(7ヶ月分)
その他雑費 30〜45万円
項目 費用
合計 110万円〜
航空券 10万円
語学学校 46万円〜
滞在費 約13万円(ホームステイ1ヶ月)+ 16万円〜(シェアハウス2ヶ月)
ビザ 20豪ドル(2,000円)(観光ビザ)
海外旅行保険 5〜7万円
OSHC費用 209豪ドル(4ヶ月分)
その他雑費 15〜25万円
項目 費用
合計 50万円〜
航空券 約10万円
語学学校 16万円〜
滞在費 約13万円(ホームステイの場合)
ビザ 20豪ドル(2,000円)(観光ビザ)
海外旅行保険 約1〜2万円
OSHC費用 104豪ドル(2ヶ月分)
その他雑費 約10万円
項目 費用
合計 33万円〜
航空券 10万円
語学学校 8万円〜
滞在費 6〜7万円(ホームステイの場合)
ビザ 20豪ドル(2,000円)(観光ビザ)
海外旅行保険 約1万円
OSHC費用 51豪ドル(1ヶ月分)
その他雑費 7万円

バイロンベイ留学の目安期間

スケジュール例

日:ゴールドコーストへ日帰り旅行
月:授業
火:授業
水:授業
木:授業+放課後は友人とサーフィンへ
金:授業+アルバイト
土:アルバイト

1年間で得られるスキル

1年間しっかり英語を勉強することによって、かなり英語力が身に付きます。そのため、バイロンベイの場合は特に最初は仕事を見つけることに苦労するかもしれませんが、英語力が伸びるにつれ、仕事が見つかる可能性も高くなります。また、1年間サーフィンをしっかり楽しめば、サーフィンもかなり上達するでしょう。

スケジュール例

日:アルバイト
月:授業+アルバイト
火:授業
水:授業+アルバイト
木:授業
金:授業+アルバイト
土:朝からサーフィン!午後はカフェでのんびりと

6ヶ月で得られるスキル

オーストラリアの学生ビザは48時間/2週間までは就労することが可能なため、現地でアルバイトの経験をすることができます。アルバイト中やシェアメイト・友人などと英語を話す機会も増えるため、より生きた英語を身につけることができます。また、レンタカーなどを借りて遠出をすることもできるでしょう。

スケジュール例

日:バイロンベイの美しい海でシュノーケリング
月:授業
火:授業
水:授業
木:授業
金:授業
土:語学学校で仲良くなった友達とBBQ

3ヶ月で得られるスキル

大抵の留学生は3ヶ月経った頃から急に英語を理解できるようになり、スムーズに話せるようになってきます。そのため、語学学校の教師や友人との会話もスムーズになって来るでしょう。生活にも慣れてくるので、外出の機会が増えたり、ネイティブの友人もできるかもしれません。

スケジュール例

日:バイロンベイ到着
月:語学学校入学(オリエンテーションやレベルチェックテスト)
火:授業
水:授業
木:授業
金:授業
土:バイロンベイでスカイダイビングに挑戦!

1ヶ月で得られるスキル

英語力によりますが、ショッピングなどの日常生活や友達との簡単なコミュニケーションなどができるようになります。1ヶ月はあっという間なので、学校が休みの日はシュノーケリングをしたり、サーフィンをしたり、しっかりバイロンベイを楽しんでいただきたいです。

スケジュール例

日:バイロンベイ到着
月:語学学校入学(オリエンテーションやレベルチェックテスト)
火:授業
水:授業
木:授業
金:授業
土:バイロンベイの町を散策

1〜2週間で得られるスキル

身に付く英語力はレベルによって様々ですが、バイロンベイの町の雰囲気を知ることができたり、カフェやレストランなどで英語で注文する経験ができます。また、ホームステイであれば、料理や国民性などオーストラリアのことを知ることもできます。音楽も楽しめる陽気な町で、英語学習と観光を楽しみましょう。

バイロンベイの基本情報

正式名称 Byron Bay
バイロンベイ人口 約1万人(2023年時点)
NSW州面積 約12,406 平方キロメートル
日本との時差 +1時間(サマータイム時[10月~翌年4月]は+2時間)

バイロンベイは、ニューサウスウェールズ州北部にある港町で、オーストラリア大陸の最東端に位置しています。

シドニーやメルボルンなどの大都市とは対照的に、美しいビーチや国立公園などの自然に囲まれた穏やかな街です。バイロンベイには、こうした自然の美しさや自由を求めてサーファーやアーティストが集まって発展してきたという歴史があり、今でもヒッピー文化が根付いています。

近年ではオーストラリア出身の人気俳優クリス・ヘムズワースが、ロサンゼルスからバイロンベイに拠点を移し、バイロンベイでの生活の様子をSNSで紹介したことから注目度が急上昇し、国内だけでなく世界中でセレブのバカンス先として知られるようになりました。

また、ハイスクールミュージカルの主演のザック・エフロンも映画の撮影で来豪したのをきかっけにバイロンベイでの生活に魅了され、現在移住を検討していると言われています。

バイロンベイといえばヨガやサーフィン、オーガニックフードが有名で、ロハス(LOHAS=健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル)という言葉がぴったりの街です。

留学中はオーストラリアの大自然に囲まれて過ごしたい人や、ヨガやオーガニックなどに興味がある人には特にチェックしていただきたい都市です。

バイロンベイ留学だからこそできることトップ3

女性 ビーチ サーフィン 波

バイロンベイはオーストラリアの他の人気の都市と比べて非常に個性豊かな都市なので、バイロンベイ留学では、他都市の留学ではなかなか味わえない特別な経験ができるでしょう。ここではそのいくつかを紹介します。

その1. ビーチのすぐ近くで穏やかなスローライフが楽しめる

バイロンベイシティはそのエリアの多くが海に面していて、中心地からすぐの場所にたくさんの美しいビーチがあります。

どのあたりに住んでいてもビーチへ歩いて5~15分ほどで行くことができるほどアクセスがよく、朝ビーチでヨガをしてから学校へ行き、放課後はサーフィンをするという夢のようなライフスタイルも可能です。

バイロンベイは街全体がのんびりとしていて落ち着いた雰囲気があります。高層ビルが一切なく、中心地でも平屋でオープンテラスのオシャレなカフェやレストランが並ぶ、非常にのどかな街です。

また、夜になると街のレストランやバーなどさまざまな場所から音楽が聞こえてきて、踊っている人や友達とわいわい集まっている光景が見られ、活気も感じられます。

またバイロンベイでは、美しいビーチが地元の人の生活の大切な一部となっており、ビーチでヨガのレッスンに参加したりのんびり海を眺めながら読書をしたりする人々の姿をよく見かけます。

都会の喧騒から離れて自分のペースでゆったりした生活基盤を築きたい人にはバイロンベイはぴったりの留学先でしょう。地元の人々の間にも自由や個性を尊重する文化があるので、自分らしさを追求できる環境が整っているというのもメリットと言えます。

その2. ヨガやサーフィンなどのアクティビティが本格的に学べる

女性 ヨガ 外

バイロンベイでは、海に近いロケーションを活かして語学学校でもヨガやサーフィンのコースが開講されています。

他の海沿いの都市でもサーフィンのレッスンやヨガのクラスを受けることは可能ですが、バイロンベイはより本気で学びたいという人にぴったりの選択肢です。

ヨガ留学やサーフィン留学をしたい人にはもちろん、留学を通して英語以外の「プラスアルファ」も得たいという人にとっても、バイロンベイ留学は付加価値をつけられるというメリットがあります。

バイロンベイは「ヨガの聖地」とも呼ばれており、さまざまなスタイルのヨガレッスンが開講されています。スタジオでのクラスの他に海辺でのヨガクラス、ヨガリトリートと言われる合宿タイプのヨガコースなども開講されています。

また、バイロンベイヨガセンターは1988年に設立されたオーストラリアで最も歴史ある老舗のヨガスクールの一つです。通常のヨガクラスも人気ですが、特に注目されているのはヨガインストラクター養成のコースで、ヨガオーストラリア協会と全米ヨガアライアンスの認定を受けているコースもあります。ヨガ留学をして帰国後にヨガインストラクターを目指したいという人に特にバイロンベイ留学はおすすめです。

さらに、バイロンベイヨガセンターのヨガティーチャートレーニングコースには日本人の通訳スタッフが常駐してくれるコースもあるため、「本格的にヨガを学びたいけれど英語で専門的な内容を理解できるかどうか不安」という人でも安心して始めることができます。

このようにバイロンベイでは、ただの語学留学だけではもったいないと感じるほどアクティビティを本格的に学べる環境が整っています。

その3. オーガニック製品を楽しみながらシンプルで健康的な生活を送れる

バイロンベイの人々は基本的に健康志向の人が多く、食材や日々使うものの素材などにこだわりを持っています。

そのため、お店ではさまざまなオーガニック製品が売られており、レストランやカフェではベジタリアンやグルテンフリー、ビーガンなどのメニューが豊富にあります。

バイロンベイにはマクドナルドやKFCなどのファストフード店がほとんどないのでジャンクフードを食べる機会が少なく、留学中、住んでいるうちに周囲の健康に対する意識の高さに影響を受けて自然と健康的な食生活になったという人もいます。

また、バイロンベイではさまざまな種類のオーガニック製品を見つけることができるので、オーガニック製品の買い物をするのもこの街の楽しみ方の一つです。

例えば、週末を中心に街のさまざまな場所で開かれるマーケットでは、オーガニック製品にこだわりと情熱をもった人たちが集まり、自然派の素材で作ったスキンケアアイテムやハンドメイドのジャムなどが販売されています。

こうした場所は地元の人との触れ合いの場でもあるので、フレンドリーなショップの店員さんとの会話を楽しみながら、オーガニック製品に関して詳しく教えてもらうこともできるかもしれません。

さらに、ファーマーズマーケットは毎週木曜日の朝に開催されるバイロンベイで一番有名なマーケットで、「バイロンベイファーマーズマーケット協会」という地元の有機農業生産者だけがメンバー登録できる協会が主催しています。

このファーマーズマーケットでは、地元の採れたてで新鮮な無農薬野菜や果物がたくさん並んでいます。その他にもハーブ、厳選された豆を使用したコーヒーや焼きたてパンなど、試してみたくなるようなものがたくさんあり、ぶらっと見て歩くだけでも楽しめます。オーガニックフードというと値段が高いという印象を持たれがちですが、バイロンベイではほとんどの商品が地元で生産されたものなので、比較的手ごろな価格で購入することができるのが嬉しいポイントです。

バイロンベイの滞在先候補

滞在先の探し方

ホームステイ

ホームステイとは一般家庭から宿と食事を提供してもらい、その家族の一員となって生活をする滞在方法です。実際の現地の方の生活を体験することにより、オーストラリアの文化や食事などを知ることができます。

シェアハウス

一軒家やアパートなどに複数人で住むという滞在方法です。シェアハウスごとに国籍比率も異なるので、様々な国の友達ができます。居住人数や家賃は様々ですが、シティに近い便利な立地にもシェハウスはあるため、そういうところを選べば通学にも便利です。

バックパッカーズ・ホテル

日本でいうゲストハウスのような場所で、キッチンやシャワールームなどが共同となっています。シングルルームから6人部屋など、滞在人数は様々ですが、安くて便利な立地に滞在できるとして、人気の滞在方法の一つです。

コンドミニアム

ホテルにキッチンがついたような宿泊施設で、自炊したい方にオススメです。オーストラリアのホテルは基本的にセキュリティがしっかりしており、衛生面や設備面も快適で、初めて海外に滞在する方でも安心です。快適に滞在することができますが、やはり費用は高額になります。

家探しサイト3〜4つ

サイト名 サイトの特徴 URL
日豪プレス 日本語の情報サイトで、シェアハウス、求人、コミュニティなど様々な情報が掲載されています。 https://nichigopress.jp/
Gumtree オーストラリア全体の物件や求人情報などを掲載しています。英語のサイトのため、ある程度の英語力は必要ですが、日本人の少ない環境で滞在したい方にオススメです。 https://www.gumtree.com.au/
Flatmates シェアハウスに特化した物件情報サイトです。物件の写真もたくさん掲載されているため、イメージが湧きやすいです。こちらも英語のサイトですが、日本人の少ない環境で滞在したい方にオススメです。 https://flatmates.com.au/

バイロンベイでおすすめの
語学学校情報

Lexis English Byron Bay Campusレクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

詳しく見る
ロケーション バイロンベイ(ゴールドコーストから車で約1時間南)
日本人スタッフ ブリスベン校に在籍
公式HP

http://www.lexisenglish.com


Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)バイロンヨガセンター

<span style="font-size: 1rem;">バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得でき</span>ます。

詳しく見る
ロケーション バイロンベイ(ゴールドコーストから車で約1時間南)
日本人比率 5%
学生定員 100名
日本人スタッフ 在籍
公式HP

http://www.byronyoga.com

バイロンベイでの
ワーキングホリデーの特徴

バイロンベイは求人数が少なく、またファームも時期によっては仕事がないため、ワーキングホリデーとしてはあまりオススメはできません。しかし、サーフィンが大好きで毎日サーフィンができたらそれでいい!という方や、オンラインで仕事ができる方には向いています。

バイロンベイの語学学校・専門学校・TAFE一覧

バイロンベイ留学をサポートする
留学カウンセラー

Yoshiyuki

Career

フィリピン留学をきっかけに英語を学び、異なる文化や価値観に触れて生活することの楽しさを知る。その後オーストラリアでのレストランのマネージメントやファームなどの仕事経験を生かして留学事業で起業。年間の9割以上をシドニーやセブ島を拠点に海外で生活。世界中の教育機関の視察や、自身の経験を踏まえて「失敗しない学校選び」並びに「成功する留学プラン」を提案。留学生を全力サポート中。 詳細を見る

Kaori

Career

大学卒業後、日本でファッション業界に従事。都内の店舗に勤務時に海外の顧客対応を円滑にするために始めた英会話がきっかけとなり、海外留学を実現し、オーストラリア現地の語学学校・専門学校での就学を経験した。またメディア業界で編集者・ライターとして記事の執筆も経験、代表諸澤へのインタビュー記事もその1つ。自身の経験を活かし、留学を検討する約300名以上の方へのカウンセリングや留学サポートに携わっている。 詳細を見る

Arisa

Career

短大卒業後に王道のオフィス事務として就職、毎日同じような繰り返しが嫌になり、フィリピン&オーストラリアの2カ国留学を決意。フィリピンには6ヵ月、その後オーストラリアに約6ヶ月のワーキングホリデーを経験した。その後自分の経験を活かすため留学エージェントに就職。 詳細を見る

Yuichi

Career

2011年の東日本大震災を期に、物欲に流されて消費するよりも知識や経験に投資したいと考え、退職後に英語力ゼロからフィリピン留学(2回、計10ヶ月)とオーストラリアのワーホリを決意。 初回のフィリピン留学の成果でオーストラリアの語学学校では一番上のクラスに編入。 このような素晴らしい体験を日本の皆様にシェアしたいとの思いから留学カウンセラーの道へ進む。 カウンセラー歴5年、さらに1年間セブ島の大手語学学校での日本人スタッフ経験あり。 詳細を見る

バイロンベイ以外の
オーストラリアの留学先候補

シドニー留学に関する
よくある質問

A オーストラリアは全体的に治安が良く、バイロンベイも治安が良いとされています。窃盗事件や凶悪犯罪もこの10年でかなり減少しています。しかし、治安が良いからといって100%安全ではないため、日常から貴重品の管理に気をつけたり、危険な地域には行かないなど、注意する必要はあります。
A ワーホリのための準備期間として英語に慣れるためには、1タームと呼ばれる3カ月は最低通うのがおすすめです。また特別に英語のスコアや資格を取るためや大学などへの進学準備のためにしっかりと勉強したい場合、6カ月〜1年は見ると良いでしょう。
A バイロンベイは非常に小さな町で、徒歩や自転車で十分生活できるため、バスや電車などの公共交通機関がありません。バイロンベイからゴールドコーストやシドニーまでの長距離バスも運行しています。しかし、外出する機会の多い方は車があると便利でしょう。
A バイロンベイは1年を通して過ごしやすいですが、日本と同じように季節ごとの変化があります。しかし、バイロンベイは冬でも最低気温が10度以上と高く、東京ほどの冷え込みの心配はありません。夏(12〜2月)の気温も平均約27度と比較的過ごしやすいです。
A バイロンベイはとても小さな町のため、そもそもの求人数も少ないです。そのため、英語力がない場合は特に、仕事探しに苦労するでしょう。もし、自信がないのであれば、シドニーやメルボルンなどの大都市では日本食レストランなどの日本の企業も多く、求人数も多いため、まずはバイロンベイでしっかりと集中して英語学習をしたのちに、シドニーなどへ移って仕事をしながら更なる英語力のスキルアップを目指すというのも、1つの案です。
まずは無料で留学相談から

お気軽にお問い合わせくださいませ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談