オーストラリアのエンジニアの年収は?求人の探し方やIT留学向けのTAFEも紹介

オーストラリア エンジニア 年収 アイキャッチ

オーストラリアで働くにあたって、さまざまな職業が選択肢に挙げられますが、中でもおすすめの仕事がエンジニアです。

昨今はシステムエンジニアやインフラエンジニアなど、多種多様な分野でエンジニアが存在感を放っており、需要も高まっています。

オーストラリアでもエンジニアの需要は高く、給料も日本より高水準です。

今回は、オーストラリアでエンジニアとして働いてみたい方向けに、年収や求人の探し方、そしてIT留学におすすめの TAFEについてご紹介します。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアの専門留学/TAFEに関する詳しい情報はこちら

オーストラリアのエンジニアの平均年収はいくら?メジャーなITエンジニアを調査

タビケン留学ではエージェントのサポート費用は無料です!

オーストラリアのITエンジニアの平均年収は90,743豪ドル(約862万円)です。

他の職種と比較した場合や、国別のITエンジニアの年収ランキングもチェックしてみましょう。

参考:indeed

※1豪ドル=95円で換算

オーストラリア内で他の職種と比べてどう?

2022年のオーストラリアにおけるフルタイム職の平均年収と、ITエンジニアの平均年収は以下の通りです。

オーストラリアの平均年収 86,736豪ドル(約824万円)
オーストラリアのITエンジニアの平均年収(※2)
108,960豪ドル(約1,035万円)

社会人の平均年収は、オーストラリア統計局が算出したオーストラリアの平均週給1,807豪ドル(約17万円)をもとに、1年を48週として換算して出しています。

また、ITエンジニア職が属する「information media and telecommunications」は平均週給2,270豪ドル(約22万円)として、同週数で計算しました。

ITエンジニアの平均年収は一般的な社会人の平均年収を上回っており、ITエンジニアの平均年収は年々上昇しています。

経済状況が冷え込むことなくITエンジニアの需要も高まり続ければ、今後も平均年収は上昇していくでしょう。

参考:Average Weekly Earnings, Australia

※1 1豪ドル=95円で換算
※2 参考資料の「information media & telecommunications」をITエンジニア職として採用

日本や世界各国と比べてどう?ランキングをもとに紹介

ITエンジニアの1つの職種であるソフトウェアエンジニアにおける、平均年収の国別ランキングは以下の通りです。

順位 国名 平均年収
1 アメリカ合衆国 $ 110,140(約1,597万円)
2 スイス $ 97,518(約1,414万円)
3 イスラエル $ 71,559(約1,038万円)
7 オーストラリア $ 55,640(約807万円)
日本 $ 36,024(約522万円)

※ランキングは参考資料のデータをそのまま引用

2022年のソフトウェアの平均年収世界1位であるアメリカ合衆国と日本では、平均年収が約3倍も異なっています。

オーストラリアと日本のソフトウェアの平均年収の間にも250万円以上の金額の差があり、給与水準はオーストラリアの方が高いです。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

引用:CodeSubmit

※1米ドル=145円で換算

オーストラリアでITエンジニアとして働くための方法

オーストラリアのワーホリではいくら稼げる?

オーストラリアでITエンジニアとして働く方法はいくつかありますが、主要な3つの方法について紹介しましょう。

現地の専門学校/TAFEを卒業してIT企業にインターンする

現地の専門学校やTAFEの中には、IT専門のコースが用意されている学校が多数あります。

専門学校やTAFEではITエンジニアとして働くために必要な専門知識や技術、そして英語力を一度に養えるため、ITの知識や技術に乏しい方におすすめです。

また、コースを終了すると、提携を結んでいるIT企業へインターンできるプログラムを備えている学校もあります。

学んだ知識をもとに実務経験を素早く積めるだけでなく、企業側に気に入られた場合はそのままフルタイムのスタッフとして就職もできるため、インターンの機会に恵まれたら積極的に仕事に取り組みましょう。

コースに関して質問する

TAFE卒業後の進路について詳しく見る

オーストラリアの求人サイトから条件に合う仕事を探す

ITエンジニアとしてある程度の実績を積み、技術も知識もある方はオーストラリアの求人サイトから条件に合う仕事をいきなり探すのもおすすめです。

以下、主要なオーストラリアの求人サイトになります。

求人サイト経由で気軽に、幅広い選択肢から仕事を見つけるのが可能です。

また、面談を通じて仕事内容や条件のすり合わせを行ったり、自身のスキルや実績などを適切にアピールできます。

就職SNSであるLinkedinもITエンジニアの仕事を探すのにおすすめなので、ぜひ活用してください。

オーストラリアの仕事の探し方について詳しく見る

日本にあるIT企業の海外支社勤務を希望する

日本にあるIT企業の中には、オーストラリアを含む海外に支社がある場合があります。

海外支社での勤務を希望し、申請が通れば現地での就労が可能です。

ただし、海外支社には日本人だけでなく現地のスタッフが多く在籍しているため、業務をスムーズに進めるためにあらかじめビジネスレベル以上の英語を習得する必要があります。

また、会社によって海外支社への派遣基準や条件が異なるため、事前に詳しく調べておきましょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

年収以外にオーストラリアでエンジニアとして働くメリット

【期間別】オーストラリアのワーホリの最低費用は何円必要?

オーストラリアでエンジニアとして働くのは、年収以外にもさまざまなメリットがあります。

どのような利点があるのか、順番にみていきましょう。

定時出勤・退勤の文化が根付いておりプライベートも大事にしやすい

オーストラリアでは、プライベートの時間を大切にする考え方が一般的で、特別な事情がない限り定時退社が基本です。

また、長期休暇や育休、産休なども取得しやすく、家族の時間を大切にしたい方にとって働きやすい環境が整っています。

一方で、日本の会社は依然として残業文化が根付いています。

特にITエンジニアは業界全体の人材不足、急なシステムの仕様変更などの影響で激務になりやすく、納期直前は定時退勤できるケースはほとんどありません。

プライベートな時間を確保したい方は、オーストラリアでの労働がおすすめです。

エンジニアとして勤務し続けることでオーストラリアの永住権が狙える

オーストラリアの永住権の取得経路は以下の2通りです。

ポイント制は年齢や学歴、英語力などをポイントに換算し、その合計ポイントで永住権獲得の可否を決定する方法です。

65ポイント以上獲得できれば、永住権を申請する最低限の条件をクリアできます。

エンジニアはオーストラリア政府が指定している永住権に関わる職業リストに記載されている仕事のため、エンジニアとして就職できれば永住権獲得に近づくでしょう。

一方で、オーストラリアにエンジニアとして就職し、就労ビザをもらって永住権につなげる方法もあります。

オーストラリアの就労ビザは、2年間のフルタイムでの勤務経験や、一定のITスキル、給与水準などいくつかの条件を満たすと申請可能です。

ポイント制に比べて勤務期間や仕事のスキルによって申請の権利を得られるため、就労ビザからオーストラリアの永住権を狙う方も多いです。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアで高年収なエンジニアを目指す上で気をつけたいこと

オーストラリアでのエンジニアの需要は高いですが、誰もが高収入のエンジニアになれるわけではありません。

現地でエンジニアを目指す場合は、以下の点に注意してください。

IT系・エンジニア関連のBachelorやMaster以上の学位が求められる

オーストラリアで現地の企業にエンジニアとして採用されるためには、大学や専門学校、TAFEなどを卒業し、学位を取得している必要があります。

現地ではIT系やエンジニア関連はBachelor(学士)Master(修士)以上の学位を取得しているのが採用の条件となる場合がほとんどです。

日本では、特別な資格や専門知識がなくともエンジニアとして採用してもらいやすく、理系ではなく文系出身のエンジニアも日本の職場では特に珍しい存在ではありません。

しかし、日本でITエンジニアとして実務経験を積んでいても、学位が紐づいていない方はオーストラリアの企業からは採用を見送られやすいです。

実務ベースの開発経験(職歴)が重視される

現地でエンジニアとして働くためには、開発経験や職歴が求められます。

オーストラリアを含む海外では即戦力の社員を求める傾向があるため、実務経験がない新卒の採用情報も現地ではほとんど見かけません。

そのため、現地では就職する前にインターンシップなどを通じて実務経験を積む学生が非常に多いです。

もしオーストラリアでインターンシップに参加するチャンスがあれば、現地での就職活動を有利に進めるためにも、必ず経験しておきましょう。

IELTS6.0以上の英語スキルを身につけないと苦労する

現地の企業に就職すると、ミーティングやシステムの仕様の説明などをすべて英語で行う必要があります。

もし誤った英語で情報のやりとりを行い、会社でトラブルを起こした場合は、仕事をクビになったり、損害賠償を請求されるかもしれません。

業務を円滑に進めるためにも、最低限の英語は必ず身につけておきましょう。

具体的な数値を出すと、IELTS6.0以上の英語スキルを持っているのが望ましいです。

IELTS6.0は、TOEICのスコアに換算すると700点〜800点、英検では準1級に相当します。

IELTSのスコアは永住権の申請にも必要なため、就職する前から計画的に勉強しましょう。

現地のエンジニア目指して専門学校/TAFE留学するならタビケン留学の利用がおすすめ

オーストラリアでエンジニアを目指す場合、現地の専門学校やTAFEへ進学し学位を取得するのがおすすめです。

日本でのエンジニアとしての経験がなくても、学びたい意欲があれば誰でも入学できます。

エンジニアになるための専門知識や技術と一緒に英語も学べますし、学校によっては現地企業でインターンシップも経験できるでしょう。

タビケン留学では、エンジニアを目指すための専門学校やTAFEへの留学プランを用意しています。

経験豊富なスタッフが英語のスキルや留学の目的など、カウンセリングを通じて得た情報から総合的に判断して最適な学校を紹介します。

興味をお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

エンジニアを目指したIT留学におすすめのオーストラリアの専門学校/TAFEを紹介

オーストラリアでエンジニアを目指すのであれば、専門学校やTAFEに通いながら専門知識や技術の取得を目指すIT留学がおすすめです。

留学先として人気の専門学校やTAFEを、順番にみていきましょう。

TAFE NSW

TAFE NSWは、教育やトレーニングを提供するための最先端の設備を備えた教育機関です。

以下、TAFE NSWの基本情報になります。

ロケーション シドニー
日本人比率
公式HP https://www.tafensw.edu.au/

1891年の設立以来、数多くの留学生を受け入れ専門教育を行ってきました。

ほとんどのコースで実践的な体験学習を積めるのが特徴で、一部のコースでは在学期間中に一定期間派遣社員として企業で就業体験が行えるワークプレイスメントも実施されています。

専門知識や技術の習得のみならず、履歴書の書き方や面接の準備についてもサポートを行っており、現地での就職を目指している方にぴったりの学校といえるでしょう。

コースに関して質問する

King’s Own Institute (KOI)

King’s Own Institute (KOI)は、シドニー中心部に2つのキャンパスを構える高等教育機関です。

以下、KOIの基本情報になります。

ロケーション シドニーシティ中心部
日本人比率
公式HP https://koi.edu.au/

KOIは会計やビジネスなど、質の高い認定学位コースを提供しています。

それぞれのコースを受講するためには、IELTSで6.0以上のスコアを獲得していなければなりません。

大学と同じ学士号や修士号のプログラムを大学の半額近い費用で受講できるほか、英語サポートやアカデミックサポートも充実しており、特に留学生から高い人気を誇る学校です。

コースに関して質問する

Macquarie Education Group Australia (MEGA)

Macquarie Education Group Australia (MEGA)は、質の高い教育と手厚いサポートが特徴の語学学校です。

以下、Macquarie Education Group Australia (MEGA)の基本情報になります。

ロケーション シドニー中心地
日本人比率 ・英語:5〜10%
・専門:1%
公式HP https://www.mega.edu.au/

キャンパスは小規模ながら、アットホームな雰囲気なのが特徴です。

一般英語コース以外にもビジネスや会計、ITなどの専門知識の取得を目指す専門コースも用意されています。

現在でも定期的にカリキュラムのアップデートが行われているほか、豊富な経験を持った教員が多数在籍しているため、生徒一人ひとりの苦手分野に向き合った授業が受けられるでしょう。

コースに関して質問する

すでにエンジニアの実務経験はあるけど英語力に自信がない方は語学学校に通うのがおすすめ

エンジニアとしての技術と経験には自信があるものの、英語には自信がない方は、現地で就職する前に語学学校に通って英語の基礎をマスターするのがおすすめです。

以下、オーストラリアのおすすめの語学学校になります。

English Unlimited(EU)

English Unlimited(EU)は、オーストラリア政府公認の専門学校APCグループの語学学校です。

以下、EUの基本情報になります。

ロケーション シドニー
メルボルン
日本人比率 ・シドニー:7%
・メルボルン:7%
公式HP https://www.apc.edu.au/study/about-english-unlimited/

日本人の比率の低さが特徴で、多国籍な環境で自然に英語を話す機会を増やせます。

在籍している留学生の多くは現地の大学や専門学校への進学を検討しており、勉強に対するモチベーションも非常に上がりやすいです。

また、学生へのサポートも充実しており、学校生活の相談以外にも仕事探しの手伝いや各種カウンセリングも行っています。

コースに関して質問する

ELSIS

ELSISは、企業インターンシップにも力を入れているキャリア志向の方におすすめの語学学校です。

以下、ELSISの基本情報になります。

ロケーション シドニー
メルボルン
ブリスベン
日本人比率 ・シドニー:6%
・メルボルン:7%
・ブリスベン:9%
公式HP https://www.elsis.edu.au/

ELSISではビジネス英語や英文履歴書の書き方、仕事探しなど実践的なワークショップが毎日開催されています。

特に人気なのが、無料で受講できる先生との20分のプライベートレッスンです。

プライベートレッスンは回数制限が存在しないため、積極的に利用するのをおすすめします。

コースに関して質問する

Lexis English

Lexis Englishは、多種多様な選択授業が魅力的な語学学校です。

以下、Lexis Englishの基本情報になります。

ロケーション ・シドニー
ブリスベン
パース
日本人比率 ・シドニー:10%
・ブリスベン:8%
・パース:15%
公式HP https://lexisenglish.com/

Lexis Englishでは、語学の基本となる話す・聞く・書く・読むの4技能に加えて、旅行に役立つ英語やビジネス英語など、各々の目的に応じたオプションクラスを選択できます。

毎日放課後には特別カリキュラムも実施しており、授業外で個別の指導を教員から受けられるだけでなく、ワークショップやアクティビティにも参加可能です。

また、現地での就職や永住権の獲得に必要なIELTSやケンブリッジ検定試験の専用対策コースも用意されています。

コースに関して質問する

オーストラリアのエンジニアを目指す方によくある質問

オーストラリアでエンジニアを目指すにあたって持ちやすい疑問や質問を取り上げます。

疑問を解決して、海外就職の不安を払拭しましょう。

未経験からでもエンジニアは目指せる?

未経験でもエンジニアは目指せますが、ハードルはかなり高いです。

現地でエンジニアとして就職するためには英語力はもちろん、学歴や実務経験が求められます。

そのため、未経験者は就職前に専門学校やTAFEでエンジニアの専門知識や技術を学ぶのをおすすめします。

就職に必要な学位を取得できるだけでなく、企業と提携している学校であればインターンシップを通じて実務経験も積めるでしょう。

オーストラリアのITエンジニアは年収が高い分ハードワーク?

日本もオーストラリアも、ITエンジニアとしての仕事内容は特に変化はありません。

違いを挙げるとするなら、仕事でのコミュニケーションが英語になるくらいです。

オーストラリアで開発に用いられる主な言語はjava・sql・python・C#なので、人によっては言語への慣れが必要な方もいるでしょう。

しかし、最初は難易度の高い仕事も任されないため、初の海外での仕事にあまり怖がる必要はありません。

もちろん、面接時にスキルや実績を高く評価された方は、すぐに重要なポジションを任されるケースもあります。

ちなみにオーストラリアには、給料体系や昇格制度が仕事の成績によって決まる会社が多いです。

キャリアアップのための制度も充実しており、自ら積極的に動いて成果を出したい方にはオーストラリアの職場環境はぴったりといえます。

参考:ignite

エンジニアを目指してIT留学を希望する人の割合はどのくらい?

タビケン留学を利用してオーストラリアの専門学校に進学した方の中で、IT関連コースに進んだのは5%ほどです。

ちなみに、専門学校やTAFEへ進学したものの、授業内容に不満を抱いたり、別の分野を学びたくなった場合は、コースの変更や転校ができます。

ただし、転校やコースの変更をするための条件や手続きは学校によって異なっていたり、そもそも転校もコース変更も認められていないケースもあるため、事前にきちんと調べておきましょう。

現地でエンジニアの採用試験を受ける場合はどのようなテストがある?

オーストラリアにおけるエンジニアの主な採用試験の内容は以下の通りです。

  • 履歴書や職務経歴書のチェック
  • 面接
  • コーディングテスト

また、オーストラリアでは少しでも知見があるスキルがあれば、積極的に履歴書や経歴書に記載するのをおすすめします。

たとえば、C言語を1週間でも使用した経験があるなら使用可能言語の一覧に記載してください。

もちろん経歴詐称になるレベルの嘘を記載してはいけませんが、アピールできる技能や経歴があれば、積極的に記載するようにしましょう。

ITエンジニア以外でもオーストラリアのエンジニア職は目指せる?

結論からいうと、ITエンジニア以外のエンジニアを目指すのは可能です。

タビケン留学では、過去に自動車関連のエンジニア職を希望している方の相談を受けた経験があります。

以下のコースであれば、タビケン留学で紹介可能です。

  • Marine Engineering (海洋工学)
  • Electrical Engineering(電気工学)
  • Renewable Energy Engineering(再生可能エネルギー工学)
  • Electronics and Communications Engineering(電子通信工学)
  • Aeroskills (航空機機械エンジニア)

専門学校で学位を取得すると、現地での就職活動を有利に進められます。

参考:TAFE NSW

オーストラリアのエンジニア目指して留学を考え中ならタビケン留学へご相談ください

タビケン留学 運営スタッフ①

オーストラリアでエンジニアとして就職するためには、実務経験と語学力、そして学歴が必須です。

そのため、未経験者は就職する前に現地の専門学校に通うのをおすすめします。

エンジニア経験者も、現地の語学学校に通って英語のスキルアップをした方が仕事を見つけやすいです。

しかし、海外経験が少ない方は、入学の手続きやビザの申請に手間取る可能性が高いでしょう。

タビケン留学では、経験豊富なエージェントたちがオーストラリアへ渡航を希望している方一人ひとりの予算や目的に合わせて、最適な留学プランの提案とサポートを行います。

無料相談を実施しておりますので、興味を持った方はぜひ一度連絡をください。

※タビケン留学では、仕事の紹介や斡旋は取り扱っておりません。

※タビケン留学ではセカンドビザの申請サポートは提供しておりません

オーストラリア留学について詳しく見る

この記事を書いた人

アバター画像
留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第3位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第4位

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campusについて詳しく見る
第5位

La Lingua Language School

ラ・リングア ランゲージ スクール

ラ・リングア(La Lingua)は会話中心コースが有名で、特にスピーキング力の強化に力を入れている学校です。リーズナブルな価格で質の高い授業を受けることができ、先生と生徒の距離が近くアットホームな環境も魅力の一つ。児童英語教師コース(J-SHINE&TECSOL)も人気です。

La Lingua Language Schoolについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位

Universal English(UE / UIT)

ユニバーサル・イングリッシュ

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)について詳しく見る
第3位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第4位

IH Melbourne(International House Melbourne)

インターナショナルハウス・メルボルン メルボルン校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、Melbourne校です。

IH Melbourne(International House Melbourne)について詳しく見る
第5位

ECA College Melbourne Campus

イーシーエー・カレッジ・メルボルンキャンパス

ECAカレッジ(イーシーエー・カレッジ)はリーズナブルな授業料で実践的なマーケティングやビジネス、ITを学べる専門学校です。フレキシブルな時間割で、仕事と両立しながらキャリアアップを目指したい方にもおすすめです。

ECA College Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第4位

【閉校】The Eagle Academy – Southport Campus

イーグルアカデミー サウスポートキャンパス

スポーツジム完備のフィットネスコースが人気!英語やビジネス、マネージメントのコースもあり、リーズナブルで勉強とお仕事を両立させたいという方にもおすすめの学校です。サーファーズパラダイスから路面電車で約15分のサウスポート校です。

【閉校】The Eagle Academy – Southport Campusについて詳しく見る
第5位

【閉校】The Eagle Academy – Coolangatta Campus

イーグルアカデミー クーランガッタ キャンパス

クーランガッタ校はゴールドコースト空港からバスで約20分、すぐ近くにはショッピングモールや美しいビーチが広がり暖かな気候の過ごしやすい人気のエリアです。専門コースでは、スポーツ&レクリエーション、ビジネスコースがあり、リーズナブルで勉強とお仕事を両立させたいという方にもおすすめの学校です。

【閉校】The Eagle Academy – Coolangatta Campusについて詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第3位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール・ブリスベンキャンパス

BROWNSでは一般英語コース、進学英語コースや試験対策コースはもちろん、大人気のバリスタコース、有給インターンシップ、ボランティアプログラムなど様々なコースを提供しています。世界中からたくさんの生徒が集まっているので国際色豊かなキャンパスで世界中に友達をつくることができます!

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)について詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第3位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第2位

Navitas English Darwin

ナビタス・イングリッシュ ダーウィン校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、シドニーマンリービーチ、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学、専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Darwinについて詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談