【オーストラリア英語の特徴】解説から勉強におすすめな動画・アプリまで紹介

オーストラリアは英語圏の国ですが、アメリカやイギリスで話されている英語とは異なる特徴を持っていることから「オーストラリア英語」または「オージーイングリッシュ」と言われていることをご存じですか?

日本の英語教育で主に教えられているアメリカ英語には見られない発音や表現があるのでオーストラリアでの生活を不安に感じる方もいるかもしれませんが、オーストラリア英語は学べば学ぶほど面白くなってくるはずです。今回はオーストラリア英語の特徴と、オーストラリア英語学習のおすすめの動画・アプリを紹介していきます!

オーストラリアの言語

オーストラリアには公用語が定められていないのですが、英語が事実上の公用語で、人口の8割ほどが家庭で英語を話しています。他の言語圏から移住してきた人も多くおり、英語の次に話されているのは中国語(マンダリン)です。話者は減少しているものの、数多くのアボリジナル原住民の言語も存在しています。街を歩けば様々な言語に出会えるのは多民族国家のオーストラリアならではの楽しみです!

オーストラリアはもともとイギリスの植民地であったため、言語を含めた多くの文化はイギリスの影響を強く受けていますが、独立後にはオーストラリア人のマイペースで穏やかな国民性も助けて現在のオーストラリア英語に変化していったと言われています。

オーストラリア英語の特徴

アクセント・発音の違い

「A」は「アイ」と発音する!

アメリカ英語では「A」は「エイ」と発音されますが、オーストラリア英語では「アイ」と発音します。代表的な例としては「Today」が挙げられます。アメリカ英語では「トゥデイ」ですが、オーストラリア英語では「トゥダイ」に近い発音になります。

「I」は「オイ」と発音する!

「I」は鼻にかかった「オイ」という発音になります。「Nine」「Sign」「Wine」はそれぞれ「ノァイン」「スァイン」「オヮイン」といった感じです。

「ER」は伸ばさない!

アメリカ英語では舌を丸めた状態で伸ばして発音される「ER」の音はオーストラリア英語では伸ばさず「A」の音で止める感じで発音されます。「Mother」「Father」は「マザ」「ファザ」、「Singer」「Player」は「シンガ」「プレイヤ」になります。

「O」「OW」は「オゥ」と発音する!

語尾の「O」「OW」は鼻にかかったような長い発音になります。「No」「Tomato」「Tomorrow」などの語尾は「オゥ」といったように少し伸ばして発音されます。

「R」は強調しない!

アメリカ英語では「R」は舌を丸めた発音になりますが、オーストラリア英語ではアメリカ英語ほど「R」が強調されず、舌を伸ばしたままで発音されるケースがあります。「Where」「There」「Compare」は「ウェー」「ゼ―」「コンペー」に近い発音になることからオーストラリア英語は「R-less」であると言われています。

語尾の「R」「T」「G」は発音しない!

「R-less」のよって発音されない「R」に加え、「T」と「G」も語尾に来る場合は発音されない傾向があります。「Rat」は「ラッ」、「Going」「Trying」などの現在進行形も「ゴーイン」「トライン」になります。

 

表記の違い

短縮系が多い!

短縮系が多いのはアメリカ・イギリス英語とは大きく異なる特徴です。語尾が「ie」で終わる形で短縮されるものが多いです。下に代表的な例を挙げておきます。

日本語 アメリカ英語 オーストラリア英語
オーストラリアの Australian Aussie
午前 Afternoon Arvo
マクドナルド McDonald’s Macca’s
大学 University Uni
サングラス Sunglasses Sunnies
朝食 Breakfast Brekkie
Mosquito Mossie
チョコレート Cholocate Chockie
バーベキュー Barbecue Barbie

「ER」は「RE」・「OR」が「OUR」

こちらはイギリス英語とも共通する特徴です。アメリカ英語では「Center」「Theater」のところがオーストラリア英語では「Centre」「Theatre」、「Color」は「Colour」と表記されます。シドニーなど港のある街では「Harbour」(アメリカ英語では「Harbor」)もよく見かけます。

 

オーストラリアに来るなら覚えておきたい表現

G’day, mate!

「G’day, mate!」はオーストラリアで特に男性が良く使う挨拶で、「グッダイマイ」という発音になります。「G’day」は「Hello」、「Mate」は「Friend」と同じ意味で、昼夜問わず友達に会ったときにはこの表現を使うことができます。留学先でこの表現が使いこなせれば友達が増えること間違いなし!?

I’ll shout today. /It’s my shout

「I’ll shout today!」と言われたら「えっ叫ぶの・・・?」となってしまいそうですが、オーストラリア英語で「Shout」は「おごる」を意味します。オーストラリアやニュージーランドで使われる独特な表現なので、アメリカ人やイギリス人でも「Sorry?」と聞き返してしまいそうですね。

Shrimp on the barbie

オーストラリアには無料で利用できる公共のバーベキューコンロが設置された公園もあるほどバーベキュー(Barbie)の文化が深く根付いており、オージーは何かあるたびにバーベキューをしたがるようです。「I’ll slip an extra shrimp on the barbie for you」は1984年にアメリカ人に向けたオーストラリア観光のテレビCMで使用された表現で、「バーベキューに追加のエビを用意してあなたを待っているよ」という意味になります。日常的にこのフレーズを聞くことはないかもしれませんが、オーストラリアのバーベキュー文化をよく表したフレーズです。

Aussie Aussie Ausie! Oi Oi Oi!

こちらのフレーズ「Aussie Aussie Ausie! Oi Oi Oi!」は日本で言うところの「ニッポン、チャチャチャ!」と同じような表現で、スポーツの試合の掛け声として聞かれます。また、夜に街で酔っ払った人たちが「Aussie Aussie Aussie!」と声をかけてくることもありますが、その時は「Oi Oi Oi!」と返すことができればあなたはもう完璧なオージーの仲間入りです!(笑)

オーストラリア英語対策

「オーストラリア英語は独特の表現や訛りが多いけど、ちゃんと聞きとれるかな?」と心配な方もいるのではないでしょうか。日本の多くの学校ではアメリカ英語が教えられているので、慣れないうちは難しく感じてしまうかもしれませんが、渡航前に少しでもオーストラリア英語のことを学んでおけば現地でより楽しめること間違いなしです。ここからはオーストラリア英語を学びたい人におすすめのYouTube動画やアプリを紹介します!

オーストラリア英語 vs アメリカ英語!Australian English vs American English!〔#654〕

バイリンガール英会話のちかさんはご存じの方も多いのではないでしょうか?こちらの動画ではチャンネル登録者数100万人越えの大人気オージーYouTuberの「SketchShe」をゲストに迎え、アメリカ英語とオーストラリア英語の比較を行っています!

ミランダ・カーのオーストラリア英語レッスン。”チョコレート”の発音は?|VOGUE JAPAN

こちらの動画ではオーストラリア出身の大女優ミランダ・カーからオーストラリア英語を学ぶことができます!

オーストラリア訛りの英語って実際どんな感じなの!?

こちらの動画ではオーストラリアの帰国子女のゆうあくんがオーストラリア英語の特徴を紹介してくれます。彼のチャンネルでは他にもオーストラリアの文化や生活に関する動画がアップされているので、是非見てみてください!

Oxford Dictionary of English

こちらはイギリスのオックスフォード大学が刊行している英英辞書アプリです。こちらのアプリは米・英両方の発音機能が付いています。イギリス英語とオーストラリア英語は異なりますが似ている部分は多いので、十分参考になります。こちらのアプリでは課金しないと発音機能を付けることができないのですが、ウェブ上のOxford Learner’s Dictionariesでは無料で発音を聞くことができるのでこちらもおすすめです!

 

まとめ

オーストラリア英語について新たな発見はありましたか?慣れない発音について心配に感じる方もいると思いますが、大切なのは「失敗を恐れずにコミュニケーションを取ること」「分からないことがあれば恥ずかしがらずに聞き返すこと」です。皆さんが現地のオージーからオーストラリア英語を楽しく学べることを祈っています!

この記事を書いた人

あちゃでぃ

シドニー在住ライター

異文化に触れる中で日本の魅力を再発見したい!との思いで多文化が共生するシドニーにやってきました。目指すは日本文化を世界に発信できる尺八吹きになること。

留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第3位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第4位

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campusについて詳しく見る
第5位

La Lingua Language School

ラ・リングア ランゲージ スクール

ラ・リングア(La Lingua)は会話中心コースが有名で、特にスピーキング力の強化に力を入れている学校です。リーズナブルな価格で質の高い授業を受けることができ、先生と生徒の距離が近くアットホームな環境も魅力の一つ。児童英語教師コース(J-SHINE&TECSOL)も人気です。

La Lingua Language Schoolについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位

Universal English(UE / UIT)Melbourne

ユニバーサル・イングリッシュ メルボルン

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)Melbourneについて詳しく見る
第3位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第4位

IH Melbourne(International House Melbourne)

インターナショナルハウス・メルボルン メルボルン校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、Melbourne校です。

IH Melbourne(International House Melbourne)について詳しく見る
第5位

ECA College Melbourne Campus

イーシーエー・カレッジ・メルボルンキャンパス

ECAカレッジ(イーシーエー・カレッジ)はリーズナブルな授業料で実践的なマーケティングやビジネス、ITを学べる専門学校です。フレキシブルな時間割で、仕事と両立しながらキャリアアップを目指したい方にもおすすめです。

ECA College Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第4位

BROWNS English Language School (GC Campus)

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ゴールドコーストキャンパス)

年間を通して晴天が300日近く、世界で最も住みやすい街の一つゴールドコーストに位置するブラウンズは、厳しいイングリッシュオンリーポリシーの中でもアットホームな雰囲気で、人気の高い学校の一つです。放課後のアクティビティは無料で毎日催され、多くの生徒が参加しています。

BROWNS English Language School (GC Campus)について詳しく見る
第5位

Massage Schools of Queensland(MSQ)

マッサージスクールズ・オブ・クイーンズランド

Massage Schools of Queensland (MSQ)は、1988年に設立された歴史ある豪州政府認定アロマ・マッサージ訓練校です。豪州資格取得コース(17週~60週)や1日からの短期コースなど、様々なコースをご提供しています。

Massage Schools of Queensland(MSQ)について詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第3位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール・ブリスベンキャンパス

BROWNSでは一般英語コース、進学英語コースや試験対策コースはもちろん、大人気のバリスタコース、有給インターンシップ、ボランティアプログラムなど様々なコースを提供しています。世界中からたくさんの生徒が集まっているので国際色豊かなキャンパスで世界中に友達をつくることができます!

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)について詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第3位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第2位

Navitas English Darwin

ナビタス・イングリッシュ ダーウィン校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、シドニーマンリービーチ、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学、専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Darwinについて詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談