オーストラリアの就労ビザの種類を一挙紹介!申請で満たすべき要件や審査内容も解説

オーストラリアに長期間滞在するためには、滞在目的に応じたビザを取得する必要があります。

例えば、滞在目的がビジネスの場合、滞在者は就労ビザを取得しなければなりません。

そして、就労ビザは1種類だけではなく、滞在期間や就労形態によってどの就労ビザを申請するか選択する必要があります。

今回は、複数種類あるオーストラリアの就労ビザについて、それぞれの申請要件や費用などを紹介します。

就労ビザを取得する際の審査内容や申請の流れ、そして就労ビザの取得に関する質問もまとめて取り上げるため、ぜひ最後までご覧ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアの就労ビザの種類|申請費用も紹介

オーストラリアで仕事をするにあたって必要な、労働ビザの種類について解説します。

申請費用などの情報もまとめて取り上げるため、就労ビザの取得を検討している方はぜひ参考にしてください。

Temporary Work(Short Stay Specialist)visa|Subclass 400

正式名称 Temporary Work(Short Stay Specialist)visa
Subclass 400
申請料金 405豪ドル(約38,880円)
有効期限 原則3ヶ月
最大滞在期間 6ヶ月
申請場所 オンライン
詳細 Australian Government

Temporary Work visaは、短期間の継続しない就労目的などで渡航する方が申請するビザです。

短期間の継続しない就労する方の例として、オーストラリアで開催する大会に参加するアスリートやテレビクルーなどが挙げられます。

オーストラリア国外からのみ申請可能で、ビザ発給後は6ヶ月以内に入国しなければなりません。

※1豪ドル=96円で換算

Temporary Work(International Relations)visa|Subclass 403

正式名称 Temporary Work(International Relations)visa
Subclass 403
申請料金 355豪ドル(約34,080円)
有効期限 ビザ発給通知で指定された期間
最大滞在期間 2年
申請場所 オンライン
詳細 Australian Government

Subclass 403のTemporary Work visaは、外交関連の短期労働を目的とした方が申請できるビザです。

例えば、政府が運営する機関で働く場合や、外交官ビザ保有者の使用人として働く場合が外交関連の短期労働に該当します。

有効期限は申請内容によって異なり、ビザ発給時に通知されるため忘れずに確認しておきましょう。

※1豪ドル=96円で換算

Temporary Activity visa|Subclass 408

正式名称 Temporary Activity visa
Subclass 408
申請料金 405豪ドル(約38,880円)
有効期限 イベントの期間による
最大滞在期間 4年
申請場所 オンライン
詳細 Australian Government

Temporary Activity visaは、オーストラリアに長期滞在しながら活動する、一時就労者が取得する申請するビザです。

該当する職業として、スポーツ活動従事者やフルタイム宗教活動家、エンターテイメント関係者などが挙げられます。

ビザを申請する際は、自身が有しているスキルを証明するための書類などを用意しなければなりません。

※1豪ドル=96円で換算

Temporary Skill Shortage visa|Subclass 482

正式名称 Short-term stream Medium-term stream
Subclass 482 482
申請料金 1,455豪ドル(約139,680円) 3,035豪ドル(約291,360円)
有効期限 原則2年 4年
最大滞在期間 4年 4年
申請場所 オンライン オンライン
詳細 Australian Government Australian Government

Temporary Skill Shortage visaは、雇用主が求めているスキルを有した外国人労働者に与えられるビザです。数種類ある中で日本人が渡豪する際に申請できるのは、主にShort-term streamとMedium-termの2つとなります。

Short-term streamはビザの更新は1回限りで、4年が上限です。提出が求められているIELTSのスコアは、5以上かつ各項目で4.5以上なければなりません。

一方のMedium-termは何回でも更新ができ、有効期間中は何回も入出国可能です。

また、雇用主が同意した希望者は、3年後に永住権の申請もできます。

※1豪ドル=96円で換算

コースに関して質問する

オーストラリアの就労ビザの取得要件を満たすのは難易度高め?審査内容を紹介

オーストラリアの就労ビザを取得するためには、必要書類を用意した上で審査を通過しなければなりません。

就労ビザの具体的な審査内容について、順番にチェックしていきましょう。

雇用主|Standard Business Sponsorと承認された企業か

就労ビザの審査は、就労者のみならず雇用主も対象となります。

具体的には、Standard Business Sponsorと承認された企業か否かがポイントです。

そのため、審査の際は本人申請書類のみならず、現地の企業が用意すべき手続き書類も多数あります。

審査時のチェックポイントは、事業内容や企業の将来性、従業員の構成などです。

オーストラリア人を多く雇っている企業が、オーストラリア人では補えない業務を担う人材を採用するためにビザの申請をしていると判断されれば、審査の通過は難しくありません。

職種|移民局の定める職業リストに掲載された職種か

就労ビザを申請するにあたって、職種が移民局が定めた職業リストの中にあるか否かも審査のポイントになります。

リストは最大2年間の就労が可能なSTSOL (Short Term Skilled Occupation List)と、最大4年の就労が可能なMLTSS (Medium and Long Term Skilled Occupation List) の2種類です。

リスト名 職業の一例
STSOL ・Aquaculture farmer
・Manufacturer
・School principal
MLTSS ・Construction Project Manager
・Nursing Clinical Director
・Artistic Director

ちなみに、永住権の申請はSTSOLの取得者は不可で、MLTSSの取得者は可能です。

職業リストに関する詳しい情報を見る

就労者|ビザ通過に値する英語力・人格・健康状態などを持つ人物か

就労ビザを申請する就労者の主な審査ポイントは、以下の通りです。

  • 英語力
  • 犯罪歴の有無
  • 職務経歴
  • 資格、推薦状等
  • 健康状態、精神状態

英語力を証明する際は、IELTSのスコアが用いられます。

IELTSのスコアが各項目5以上であれば、問題なく審査を通過できるでしょう。

犯罪歴については、10年以内に1年以上滞在していた国すべての経歴がチェックされます。

健康状態や精神状態は、オーストラリア大使館が指定した病院で受診した結果のみが有効です。

最新の指定病院の情報はオーストラリア移民局の公式HPから確認できるため、必ずチェックしておきましょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアの就労ビザの申請に必要なもの

オーストラリアの就労ビザを申請する際、さまざまな書類を用意しなければなりません。

申請までに準備しておくべきもの、任意で求められるものなどについて紹介します。

申請までに準備しておくべきもの

申請までに用意しておくべき書類は、以下の通りです。

  • 身分証明書
  • 現地企業との雇用契約書または関連する書類
  • 資金の証明ができる書類
  • パートナー・扶養家族の身分証明書

身分証明書は、パスポートのコピーを用意してください。

資金の証明ができる書類は雇用契約書や銀行取引明細書、その他財政状態を証明できるものが該当します。

銀行の取引明細書を取得する場合は、銀行の窓口に依頼しましょう。

家族がいる方は、パートナーや扶養家族の身分証明書が必要です。

家族の関係を証明する書類として、婚姻証明書や家族関係登録証明書などの提出を求められる場合もあります。

任意または一部求められると必要なもの

申請するビザの種類や申請内容によっては、提出が必要になる書類もあります。

就労ビザを申請する際、過去に犯罪を起こしていないか調べるために、犯罪経歴証明書の提出を求められる方もいます。

その場合、警視庁やオーストラリア連邦警察で証明書を発行してもらいましょう。

健康診断の受診が必要な方は、オーストラリア大使館が指定した病院で健康診断を受けてください。

また、任意で申請補助の依頼も可能です。

登録済み移住エージェントや弁護士、その他許可された方に申請補助を依頼しましょう。

コースに関して質問する

オーストラリアの就労ビザの取り方|オンライン申請方法を紹介

オーストラリアの就労ビザを申請する手続きは、オンライン上からでも可能です。

以下、オンラインで就労ビザを申請する際の手順になります。

  1. IMMIアカウントへ新規登録orログイン
  2. オーストラリア政府の公式HPで必要書類をアップロード
  3. 家族の申請
  4. ビザ申請費用の支払い
  5. ビザ承認書の受け取り

IMMIアカウントを取得する際は、電話番号やメールアドレスが必要です。

アカウント取得後は、オーストラリア政府の公式HPで必要書類をアップロードします。

また、就労ビザを申請するにあたって、家族やパートナーがいる場合は彼らの申請も忘れずに行いましょう。

付与が完了すると、以下の3つが通知されます。

  • ビザ交付番号
  • ビザ開始日
  • ビザ条件

ちなみに、ビザ申請が却下された場合は理由が伝えられます。

参考:Australian Government

オーストラリアの就労ビザの申請にあたり気を付けたいこと

オーストラリアの就労ビザを申請するにあたって、いくつか押さえておきたいポイントが存在します。

具体的にどのような点に注意すればよいか、順番に解説します。

家族は同行できるが語学研修を受ける以外の仕事・勉強は許可されていない

就労ビザの申請をする方は、自分以外の家族やパートナーもオーストラリアへ連れて行けます。

同行する人数分の必要書類を用意して、就労ビザの申請をしましょう。

健康状態や犯罪歴に問題がなければ、同行の許可が出るはずです。

ただし、申請書に含まれる家族はオーストラリアでの就労、または就学を許可されていません。

現地で仕事をしたい方や専門教育を受けたい方は、別途申請を行いましょう。

ビザの更新には追加料金が別途発生する

オーストラリアから就労ビザの更新をする場合、ビザの発行費用とは別に追加料金を支払わなければなりません。

追加料金は700豪ドル(約67,200円)で、2回目以降のビザ申請において、就労ビザを含むすべての種類のビザに適用されます。

ただし、追加料金が必要になるのはオーストラリアからビザの更新をする場合のみです。

日本国内からビザの更新を申請する方は、ビザの追加料金を支払う必要はありません。

※1豪ドル=96円で換算

参考:Australian Government

オーストラリア留学エージェント・タビケン留学では渡航前から現地まで徹底サポートいたします

タビケン留学は、オーストラリアを含む世界100以上の国と地域にある教育機関の正式出願窓口です。

現在就労ビザの手配は受け付けていませんが、留学やワーホリであれば、ビザの申請から学校の手配まで各種渡航準備のサポートが可能です。

経験豊富な留学エージェントが留学希望者一人ひとりの希望に合わせて、要件を満たすスキルが身につく学校の紹介、および最適な留学プランの提案をいたします。

ちなみに、タビケン留学の留学エージェントによるサポートは基本的に無料です。

公式サイトでは、LINEによる留学相談や無料カウンセリングも受け付けているため、興味を持った方はぜひ一度問い合わせてください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

※タビケン留学ではセカンドビザの申請サポートは提供しておりません

オーストラリアの就労ビザについてよくある質問

最後に、オーストラリアの就労ビザについてよくある質問を紹介します。

就労ビザの申請に関する疑問点をあらかじめ解消し、スムーズにビザを取得できるようにしましょう。

オーストラリアの就労ビザに年齢制限はある?

ワーホリビザなど、一部のオーストラリアのビザには年齢制限が設けられていますが、就労ビザに年齢制限は存在しません。

ただし、専門知識やスキルを有しているなど、特別な経歴がない方は高齢になるにつれて就労ビザの取得が困難になります。

オーストラリアの就労ビザに一定の学歴は必要?

オーストラリアの就労ビザを取得するにあたって、学歴は特に求められません。

現地で従事する仕事をこなす知識やスキルがあると判断されれば、就労ビザの取得は可能です。

ただし、スキル取得に向けた学校へ入学、または編入する際に大卒や高卒などの学歴が必要なケースがあります。

その場合は、最終学歴の卒業証明書などを英文で用意しましょう。

オーストラリアの就労ビザの取得期間は?

オーストラリアの就労ビザは、申請から取得まで約1ヶ月程度かかります。

ただし、書類の不備や審査内容に問題があった場合、ビザの取得に1ヶ月以上かかる可能性も否定できません。

万が一渡航日までにビザが取得できなければ、オーストラリアへの入国すらできなくなります。

そのため、就労ビザの申請は渡航日の数ヶ月前から進めましょう。

オーストラリアの就労ビザの滞在年数は?

オーストラリアの就労ビザの滞在年数は、取得する就労ビザの種類によって異なります。

主な就労ビザの滞在年数は、以下の通りです。

ビザの種類 滞在年数
Temporary Work(Short Stay Specialist)visa 6ヶ月
Temporary Work(International Relations)visa 2年
Temporary Activity visa 4年
Temporary Skill Shortage visa 4年

就労ビザの滞在年数は、条件を満たせば4年まで延長できるものもあります。

オーストラリアで就労ビザ取得者が永住権を取るには?

オーストラリアの就労ビザの内、中期就労ビザ(Subclass482)を取得している方は、永住権の申請が可能です。

もちろん、すべての中期就労ビザの取得者が永住権を申請できるわけではありません。

就労ビザを取得した上で、2年間のフルタイムでの就業経験がある、給料の水準を満たしているなどの条件を満たしている方が永住権の申請ができます。

オーストラリアでワーホリに参加する場合は就労ビザでもいい?

ワーホリとは、協定を結んだ2国間において一定期間の休暇を過ごす活動、および滞在費を稼ぐための就労を認める制度です。

特に取得するビザの種類に指定はないため、就労ビザを取得してオーストラリアでワーホリをしても問題ありません。

ただし、就労ビザは仕事が決まっていないと取得ができない、発行まで時間がかかるなど、取得条件の難易度はワーホリビザよりも高いです。

そのため、ワーホリが目的の場合は素直にワーホリビザを取得するのをおすすめします。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアワーキングホリデーのビザ申請方法に関する詳しい情報を見る

オーストラリアで働くことに関して不安があればタビケン留学へご相談ください

タビケン留学 運営スタッフ①

タビケン留学では、現在就労ビザの手配に関するサービスは提供していません。

しかし、就労ビザの取得要件を満たすスキルが身につく学校の紹介は可能です。

留学やワーホリが目的の渡航であれば、タビケン留学によるビザの申請や学校の手配など、各種サービスも提供できます。

ちなみに、タビケン留学のサービスは一部を除き、基本的に無料で利用可能です。

公式サイトでは、LINEによる留学相談や無料カウンセリングも受け付けています。

オーストラリアへの渡航に関する不安や疑問があれば、ぜひ一度問い合わせてください。

※タビケン留学ではセカンドビザの申請サポートは提供しておりません

この記事を書いた人

アバター画像
留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第3位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第4位

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campusについて詳しく見る
第5位

La Lingua Language School

ラ・リングア ランゲージ スクール

ラ・リングア(La Lingua)は会話中心コースが有名で、特にスピーキング力の強化に力を入れている学校です。リーズナブルな価格で質の高い授業を受けることができ、先生と生徒の距離が近くアットホームな環境も魅力の一つ。児童英語教師コース(J-SHINE&TECSOL)も人気です。

La Lingua Language Schoolについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位

Universal English(UE / UIT)Melbourne

ユニバーサル・イングリッシュ メルボルン

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)Melbourneについて詳しく見る
第3位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第4位

IH Melbourne(International House Melbourne)

インターナショナルハウス・メルボルン メルボルン校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、Melbourne校です。

IH Melbourne(International House Melbourne)について詳しく見る
第5位

ECA College Melbourne Campus

イーシーエー・カレッジ・メルボルンキャンパス

ECAカレッジ(イーシーエー・カレッジ)はリーズナブルな授業料で実践的なマーケティングやビジネス、ITを学べる専門学校です。フレキシブルな時間割で、仕事と両立しながらキャリアアップを目指したい方にもおすすめです。

ECA College Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第4位

Bond University College(BUC)

ボンド大学カレッジ(専門学校)

ボンド 大学では、大勢の中の学生ではなく、”あなた”をみています。なので、講師たちは生徒一人ひとりをしっかり把握していることでしょう。そして講師たちは、生徒ごとに違う学習への個別アプローチをするので、毎年多くの素晴らしい生徒たちが卒業していきます。 一人ひとりの個性を最大限に引き出すことがボンド大学では可能です。

Bond University College(BUC)について詳しく見る
第5位

Bond University College(BUC)語学学校

ボンド大学カレッジ(語学学校)

ボンド大学のカレッジの学生は、大学入学に向けて準備するアカデミックおよび英語のサポートを受けることができます。大学や、専門学校により、入学の基準が違いますが、私たちは、全ての学生に対応できるよう、カリキュラムを用意しています。

Bond University College(BUC)語学学校について詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第3位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール・ブリスベンキャンパス

BROWNSでは一般英語コース、進学英語コースや試験対策コースはもちろん、大人気のバリスタコース、有給インターンシップ、ボランティアプログラムなど様々なコースを提供しています。世界中からたくさんの生徒が集まっているので国際色豊かなキャンパスで世界中に友達をつくることができます!

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)について詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第3位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第2位

Navitas English Darwin

ナビタス・イングリッシュ ダーウィン校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、シドニーマンリービーチ、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学、専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Darwinについて詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談