オーストラリア留学

【いくら必要?】オーストラリア 留学・ワーキングホリデー費用

オーストラリアに留学・ワーキングホリデーに行こうと考えた時、一番の問題になるのが、一体いくらお金を用意しておけばいいのかということ。

そこで今回はいくつかのケースに分けてどんな生活をしたらいくらくらい掛かるのか紹介します。

*今回はシドニーに住むものとして生活費などを計算します。

必要費用一覧

まず最初に留学・ワーキングホリデーをする際に必要な費用をあげてみます。

ビザの申請料

オーストラリアのワーキングホリデービザの申請料はAU$510です。

航空券

航空会社、直行便、経由便、出発日などで料金に大きく差が出ます。

例として東京、シドニー間では経由便で特別なキャンペーンなどで一番安いものを探せば片道2万円代から、キャンペーンなどでなければ片道3万円代からあります。

また、直行便では片道5万円代からです。

空港からシティーへの移動費

空港からシティーへ移動する際には電車やタクシーなど、乗り物によって値段が異なります。

電車

10分から15分に一本あるので利便性はかなりいいです。ただし料金は空港からだと特別料金がかかりAU$15.76です

タクシー

とにかく楽で安心です。海外が初めてだったりするなら多少費用はかかってもこの方法が心配がないかもしれません。料金はAU$40ほど。

Uber

専用アプリを使ったタクシーのようなサービスです。タクシーより安く使えます。料金はAU$30~AU$40ほど。

電車とバス乗り継ぎ

最安の方法です。空港からルート400のバスに乗りMascot Stationへ、そこから市内まで電車で行く方法です。合計金額がAU$2.5くらいととにかく安いです!乗り換えがある分時間は電車やバスよりかかります。

保険代

ピンキリですが、安いものなら現地の保険でAU$600~ほどから。

高いものなら日本の保証の厚い保険で36万円以上するものもあります。

学校代

平均的な料金は月額8万円から13万円ですが安いところなら月AU$640~あります。

ホームステイ、シェアハウス代

ホームステイの場合、登録費がAU$300、週の家賃がAU$300前後です。

シェアハウスを選べばシティー内でもAU$140~くらいでありますが、一つの部屋に4人ほど住んでいるのが普通です。

一人部屋がいい場合、シティー内だと大体AU$350~くらいになります。

食費

安いものを選ぶようにすればとても安く生活できますし、いいものはそれなりの値段です。

安いものなら例えば食パンが一斤85セントだったり、パスタも500gで65セントなどです。

交通費

シティーに住めばあまり必要ないかもしれませんが、ホームステイをしたり郊外に出かける場合はバスや電車を利用しなくてはいけません。

距離によりますがバスでのシティーとの往復でAU$9ほどかかります。

最初の給料が出るまでの生活費

もちろんどんなところに泊まるかやどう過ごすかによります。

初日から仕事が見つかったとしてもバックパッカーが一日AU$30食事は1日AU$20としてと考えると2週間AU$1000ほどは必要でしょう。

交遊費

語学学校や職場でできた友達と遊びに行ったりすると思うのでこれも必要です。

人によりますが、一回飲みに行くとビールが一杯AU$6~AU$10ほどです。

現地での仕事

オーストラリアの最低時給は職種にもよりますがAU$21.38〜です。

しかし日本人のワーホリの人は大体時給AU$12~AU$16(給料は現金払いで違法)の日本食レストランで働くことが多いです。

どのくらい働くかにもよりますが月の収入の一例としては

時給AU$15×6時間×22日 = 合計AU$1980

といったところですので生活をしていけないということはないと思います。

仕事を始めるまでに必要な金額例

上記では各項目ごとに必要な金額をまとめましたが、下記では実際にワーホリを始めた時に最初の仕事が決まるまでに必要な金額をケース毎に紹介します。

節約型(予算50万)

この例は節約型として

  • 格安の航空券
  • 格安の保険
  • 学校 2ヶ月分
  • バックパッカーからシェアハウスへの移動での滞在

学校が終わったらすぐ働き出すとして滞在10週目から給料が入りそれで生活する計算です。

出発前に必要な項目 金額(AU$)
ビザ代 440
保険代(現地の安いもの) 600
2ヶ月の学校代 640×2 = 1280
航空券(とにかく安く) 片道300
空港からの移動費(とにかく安く) 5.86(バスと電車)
バックパッカー2週間滞在費 30×14=AU$420
シェアハウス8週間滞在費 週150×8(2ヶ月) = 1200
給料が入るまでの食費(10週) 一日20×7×10 = 1400
交遊費(10週) 週20×10 = 200
合計 5845.86(約52万5,000)*

*AU$1 = ¥90(2023年3月時点)

よくあるパターン型(予算100万)

この例ではスタンダードなワーホリの生活でかかる費用のを掲載します。

  • キャンペーンは意識しないけどなるべく安い航空券
  • 日本の普通の保険
  • 学校 3ヶ月分
  • 最初の1ヶ月はホームステイをする

給料が入るまでは14週で計算していますが食事付きホームステイで計算しているので食費は10週分です。

出発前に必要な項目 金額(AU$)
ビザ代 440
保険代(日本の保険) 2000
3ヶ月の学校代 1000×3 = 3000
航空券(其れなりに安く) 片道400
空港からの移動費(電車) 15.76
ホームステイ4週間滞在費 週300×4+(登録費300) = 1500
交通費  一日9×28 = 252
シェアハウス10週間滞在費 週150×10 = 1500
給料が入るまでの食費(10週) 一日25×7×10 = 1750
交遊費(14週) 週50×14 = 700
合計 11,557.76(約104万)*

*AU$1 = ¥90(2023年3月時点)

リッチな生活がしたい型(予算150万)

この例ではとにかくお金がかかっても大変な思いをしたくない人はどのくらいのお金が必要かを掲載します。

  • とにかく保障の厚い保険
  • 直行便の航空券
  • ホームステイを1ヶ月してその後はシティーのシェアハウスで1人部屋

また本例では4ヶ月の学校後すぐに仕事をすることを前提としていますが仕事をしない場合更にお金がかかります。

出発前に必要な項目 金額(AU$)
ビザ代 440
保険代(凄く保証が厚いもの) 4000
4ヶ月の学校代 1000×4 = 4000
航空券(日本のもので直行便) 片道1000
空港からの移動費(タクシー) 50
ホームステイ4週間滞在費 週300×4+(登録費300)=1500
交通費  一日9×28 = 252
シェアハウス(一人部屋)14週間滞在費 週350×14 = 1500
給料が入るまでの食費(14週) 一日30×7×14 = 2940
交遊費(14週) 週120×18 = 2160
合計 17,842.00(約160万)*

*AU$1 = ¥90(2023年3月時点)

番外編

最安(予算10万円)

とにかく極限までお金をかけない、絶対かかる費用だけ用意してくる例

野垂れ死ぬ可能性すらありますし、ここまでしてくる価値があるかは不明ですが自分の新たな可能性にかけてみたい方はこの選択肢もあります。

  • 保険なし!
  • 学校なし!
  • 宿もバックパッカーを1週間だけ!

仕事は着いたその日に見つけないと8日目以降ホームレス生活です。

出発前に必要な項目 金額(AU$)
ビザ代 440
保険なし 0
学校なし 0
航空券(一番安いセールを狙う) 片道250
空港からの移動費(とにかく安く) 2.5(バスと電車)
バックパッカー1週間滞在費 30×7=210
バックパッカー終了後の宿なし 0
給料が入るまでの食費(1週) 一日10×7 = 70
交遊費?そんなお金はありません 0
合計 972.50(約87,500)*

*AU$1 = ¥90(2023年3月時点)

まとめ

生活スタイルに合わせていくつかの予算例を出してみました。

  1. 費用抑え気味の留学プランで予算50万
  2. 一般的なワーキングホリデーのプランで予算100万
  3. 手厚い内容と滞在先、学校にしっかり費用をかけるプランで予算150万~
  4. 来ればどうにかなるという考えのワイルドなプランは予算~10万

多くのワーキングホリデーの人達と会い、かかった費用を聞いて見たら、もう少し予算に余裕を持っておけばよかったと言う感想が聞かれました。

私自身もカナダに最初にいた時は極貧生活(月の生活費が家賃込みでC$650)をしていて友達に小旅行に誘われてもいけなかったこともあるのでなるべくお金は多く用意しておくに越したことはないです。

自分の財布と相談して楽しく後悔のないワーホリライフにしましょう!

この記事を書いた人

留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第3位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第4位

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campusについて詳しく見る
第5位

La Lingua Language School

ラ・リングア ランゲージ スクール

ラ・リングア(La Lingua)は会話中心コースが有名で、特にスピーキング力の強化に力を入れている学校です。リーズナブルな価格で質の高い授業を受けることができ、先生と生徒の距離が近くアットホームな環境も魅力の一つ。児童英語教師コース(J-SHINE&TECSOL)も人気です。

La Lingua Language Schoolについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位

Universal English(UE / UIT)Melbourne

ユニバーサル・イングリッシュ メルボルン

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)Melbourneについて詳しく見る
第3位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第4位

IH Melbourne(International House Melbourne)

インターナショナルハウス・メルボルン メルボルン校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、Melbourne校です。

IH Melbourne(International House Melbourne)について詳しく見る
第5位

ECA College Melbourne Campus

イーシーエー・カレッジ・メルボルンキャンパス

ECAカレッジ(イーシーエー・カレッジ)はリーズナブルな授業料で実践的なマーケティングやビジネス、ITを学べる専門学校です。フレキシブルな時間割で、仕事と両立しながらキャリアアップを目指したい方にもおすすめです。

ECA College Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第4位

BROWNS English Language School (GC Campus)

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ゴールドコーストキャンパス)

年間を通して晴天が300日近く、世界で最も住みやすい街の一つゴールドコーストに位置するブラウンズは、厳しいイングリッシュオンリーポリシーの中でもアットホームな雰囲気で、人気の高い学校の一つです。放課後のアクティビティは無料で毎日催され、多くの生徒が参加しています。

BROWNS English Language School (GC Campus)について詳しく見る
第5位

Massage Schools of Queensland(MSQ)

マッサージスクールズ・オブ・クイーンズランド

Massage Schools of Queensland (MSQ)は、1988年に設立された歴史ある豪州政府認定アロマ・マッサージ訓練校です。豪州資格取得コース(17週~60週)や1日からの短期コースなど、様々なコースをご提供しています。

Massage Schools of Queensland(MSQ)について詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第3位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール・ブリスベンキャンパス

BROWNSでは一般英語コース、進学英語コースや試験対策コースはもちろん、大人気のバリスタコース、有給インターンシップ、ボランティアプログラムなど様々なコースを提供しています。世界中からたくさんの生徒が集まっているので国際色豊かなキャンパスで世界中に友達をつくることができます!

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)について詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第3位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第2位

Navitas English Darwin

ナビタス・イングリッシュ ダーウィン校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、シドニーマンリービーチ、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学、専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Darwinについて詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談