オーストラリアのマーケティング留学がおすすめな理由とは?卒業後の進路や体験談も紹介

オーストラリアでの留学では、語学に加えてマーケティングを学ぶマーケティング留学がおすすめです。

マーケティングには市場調査・分析・商品開発・広告宣伝活動などが含まれ、マーケティングの知識はどんな企業でも活かせるでしょう。

本記事では、オーストラリアのマーケティング留学がおすすめな理由や卒業後の進路について詳しく解説します。

留学で英語以外の知識を身につけたい方や仕事に役立つスキルを学びたい方は、ぜひ最後までお読みください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアのマーケティング留学ではどんなことが学べる?

オーストラリアのマーケティング留学では、以下のようなマーケティングに関する知識を学べます。

  • 消費者行動の調査・分析
  • マーケティングに関する法律
  • 新商品企画や開発
  • プレゼンテーション
  • ソーシャルメディア戦略
  • インターナショナルマーケティング

専門学校やTAFEのマーケティングコースでは、基礎知識から商品開発やメディア戦略などマーケティングに関する幅広い知識を学べます。

講義形式だけでなくロールプレイやプレゼンテーションなどを取り入れている学校もあり、コミュニケーション能力も飛躍的に向上するでしょう。

オーストラリアのTAFEや専門学校、大学でマーケティングのコースを修了するとCertificateⅣ・Diploma・Bachelorなど短大卒または大卒レベルの学位が取得可能です。

学校によって違いはありますがCertificateⅣではマーケティングの基礎、Diplomaでは高度なマーケティングの知識に加えリーダシップや良好な職場環境などについても学びます。

Bachelorでは、マーケット予測・データ分析・プロモーション・プロジェクトマネジメントなど総合的なマーケティング理論を学びリーダーやマネジャーとして活躍できる人材を育成します。

インターンシップ制度がある学校もあり、参加すれば現場での経験とビジネス英語に触れる環境の両方を得る貴重な機会となるでしょう。

オーストラリアのマーケティング専門留学ならTAFE

オーストラリアでマーケティング(marketing)留学するのがおすすめな理由

オーストラリアにマーケティング留学するのには、未経験からでもマーケティングの分野での就職が目指せる、実践的な英語が身につく、海外で仕事を得られる可能性があるなどさまざまなメリットがあります。

マーケティング未経験からでも卒業後に現地や日本での就職が目指せる

マーケティング留学する方の約7割は未経験者ですが、未経験者であってもマーケティングコースで学べば卒業後に現地や日本で就職できる可能性が高まります。

TAFEや専門学校のマーケティングの授業では、基礎知識から学べるようカリキュラムが組まれているため未経験者でも安心です。

未経験者にとっては容易な内容ばかりではありませんが、コースを修了する頃には知識が身に付き大きな自信になるでしょう。

また、CertificateやDiplomaなどの資格を取得できれば就活する際に大きなアドバンテージにもなります。

実践的な英語力を身につけながらマーケティングを学べる

オーストラリアは英語を公用語とする国で、留学は英語でのコミュニケーションスキルを向上させる絶好の機会となるでしょう。

「英語を学ぶ」のではなく「英語で何かを学ぶ」ことで英語の教科書を超えた実践的な英語力が身につきます。

また、TAFEやビジネス系の専門学校は日本人が少ないため英語環境の中で学べるのも魅力の1つです。

ビジネス英語やマーケティング用語を身につければ、就職の幅も広がるでしょう。

多文化な環境でマーケティング以外の学びも得られる

オーストラリアは多くの留学生が集まる国で、異なる国々からの学生と交流する機会が豊富です。

特に、留学生が多い専門学校では生徒たち同士が交流できるイベントを用意している学校もあります。

異なる文化やバックグラウンドを持つ人から自分とは違った視点を学び国際的な視野を広げられるのは、留学ならではの経験です。

マーケティングの知識だけでなく他の文化や考え方も学べるのも、マーケティング留学のメリットといえるでしょう。

海外でのインターンシップや仕事の機会を得られる可能性がある

オーストラリアは多くの国際的な企業が拠点を置いており、インターンシップや仕事の機会が他国よりも豊富です。

インターシップではインターシップをした企業に就職できる可能性もありますし、たとえできなかったとしても貴重な経験ができるでしょう。

今の時代はただ留学をしていただけでは就職に有利にならないこともあります。

インターシップの経験や成果を効果的にアピールできれば、希望の職種に就ける可能性が広がるでしょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアでマーケティング留学した場合の専門学校/TAFE卒業後の進路

オーストラリアでマーケティング留学した方は、卒業後に以下のような職種に就くことが可能です。

  • マーケティングリサーチアシスタント
  • 広報アシスタント
  • デジタルマーケティングスペシャリスト
  • マーケティングマネジャー
  • コミュニケーションマネジャー

マーケティングリサーチアシスタントは、消費者行動や市場動向に関するデータの収集と分析を行いマーケティング戦略を立てます。

広報アシスタントは、プレスリリースやソーシャルメディアの管理などを行い企業のパブリックイメージを確立する仕事です。

ソーシャルメディアやコンテンツマーケティングや分析などに特化した知識を持ち、企業のデジタルマーケティングを促進させるのがデジタルマーケティングスペシャリストです。

Diploma以上のコースではマーケティングだけでなくリーダーとして必要な知識を学べるので、コース修了後はマネジャークラスのポジションも狙えます。

オーストラリアでマーケティング留学を検討中ならタビケン留学へご相談ください

マーケティングの分野は幅広く、未経験者からでも知識を身につければ将来の選択肢の幅を広げられるでしょう。

さらに、CertificateやDiplomaなどの学位が取得できれば現地や日本での就活の際に有利になる可能性もあります。

オーストラリア専門の留学エージェントであるタビケン留学では、マーケティング留学におすすめの学校の紹介から入学手続きの代行まで無料でサポートしています。

マーケティング留学に興味がある方は、ぜひタビケン留学へご相談ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアのマーケティング留学におすすめの専門学校/TAFEを紹介

ここでは、今まで累計1万人もの方に留学のアドバイスをしてきたタビケン留学がマーケティング留学するのにおすすめな学校を詳しく紹介します。

TAFE NSW

TAFE NSWは、ニューサウスウェールズ州にある120以上ものコースを開講するオーストラリア最大規模の職業訓練校です。

TAFE NSWは職場で使える知識やスキルを身に付けることに重点を置いており、実習やインターシップが盛んです。

長年留学生を受け入れているため、個別カウンセリングや就職相談など留学生へのサポートも充実しています。

また、さらに学びを深めたい方のためにTAFEで単位を取得した後、大学へ進学できるコースも多数あります。

Statement of Attainment|Create a Simple Website and Social Media Presence

費用 1,254豪ドル
受講期間 6週間
受講条件 ・高卒以上の学歴
・IELTS5.5以上の英語力
キャリアパス オンラインマーケター・ITチームリーダー・ICTマネージャー

※2023年10月の豪ドル円レート(1ドル=95円)で計算

このコースでは、簡単なウェブサイトの作成とソーシャルメディアの使い方を学びながらマーケティングを体験します。

ソーシャルメディアは企業イメージを顧客に届ける重要な発信源となっており、マーケティングには欠かせないツールの1つです。

ウェブサイトの作成からソーシャルメディアでの発信までの実践的な経験を積むことで、専門的なスキルを身につけられるでしょう。

Certificate IV|Marketing and Communication

費用 6,690豪ドル
受講期間 6ヶ月〜12ヶ月
受講条件 Certificate III in Businessの履修
キャリアパス 広告・マーケティングのプロフェッショナル・マーケティングコーディネーター

※2023年10月の豪ドル円レート(1ドル=95円)で計算

このコースでは、消費者心理からマーケティング戦略を考えプレゼンテーションを行うまでの流れを学びます。

また、自分のアイディアを明確にし仲間と議論することでコミュニケーション能力を高めることを1つの目標としています。

コミュニケーションを重視し企業のマーケティング担当や広報として働きたい方に最適なコースです。

Diploma|Marketing and Communication

費用
受講期間 6ヶ月〜12ヶ月
受講条件 Certificate IV in Marketing and Communicationを修了していることまたは2年間の実務経験があること
キャリアパス マーケティングマネジャー・コミュニケーションマネジャー・インターナショナルマーケティングコーディネーター

※2023年10月の豪ドル円レート(1ドル=95円)で計算

このコースは、専門知識を活かしマーケティングマネジャーやPRマネジャーとして活躍したい方向けのコースです。

学ぶ範囲はマーケティングプランの開発・チームの指導・管理法・予算と財務管理まで広がり、企業の中で最大限のリーダーシップを発揮できるようカリキュラムが組まれています。

知識やスキルを身に付け、さらなるキャリアアップを目指します。

コースに関して質問する

ECA College

ロケーション シドニーメルボルン
日本人比率 1%以下
公式HP https://www.ecacollege.edu.au/

ECA Collegeは1991年に創設されたリーズナブルな授業料で実践的なビジネススキルを学べる専門学校です。

授業は講義だけでなくオンライン学習やセルフスタディで構成されているため、自分が好きな時に学習できます。

チームプロジェクト、ロールプレイ、プレゼンテーションなどさまざまなスタイルの授業を取り入れ、実社会で必要な提案力や交渉力を磨きます。

日本人比率が1%と低いので、日本人が少ない英語環境で学習したい方におすすめです。

Certificate IV in Marketing & Communication

受講条件 ・18歳以上
・IELTS5.5またはUpper Intermediate 以上のCertificate
・英語テスト
受講期間 1年(4ターム)

Certificate IVのコースでは、市場調査や消費者の行動分析などを通しさまざまな情報を正しく分析・評価する方法を学びます。

他にも、交渉やプレゼンケーションなどのマーケティング活動で必要となるスキルを磨きマーケティングや広報の部門で活躍できる人材になることを目指します。

このコースを修了するとDiplomaコースへの進学が可能です。

Diploma in Marketing & Communication

受講条件 ・Certificate IV in Marketing & Communication終了者
・18歳以上、IELTS5.5またはUpper Intermediate 以上のCertificate
・英語テスト
受講期間 1年(4ターム)

Diplomaコースでは専門的なマーケティング理論を学ぶだけでなく、チームリーダーに必要な知識やスキルも学びます。

マーケティング以外にも人事・財務・職場環境の管理などの科目も加わり、より幅広い知識を身につけられるでしょう。

マーケティングの専門家やチームをまとめるマネジャーを目指す方におすすめのコースです。

Advance Diploma in Marketing & Communication

受講条件 ・Diploma in Marketing & Communication修了者
・18歳以上
・IELTS5.5またはUpper Intermediate 以上のCertificate
・英語テスト
受講期間 1年(4ターム)

Advance Diplomaコースでは、マーケティング関連部署全体を引っ張っていく上で必要となるリーダーシップ・マーケティング戦略・ビジネスプランの作成法などについて学びます。

このコースを履修すると管理者に必要な幅広い知識や分析力・クリエイティブ力・マネジメントスキルが磨かれ、スペシャリストとして活躍できる人材になれるでしょう。

コースに関して質問する

Lonsdale Institute

ロケーション シドニーメルボルン
日本人比率 【英語】15% 【専門】8%
公式HP https://www.lonsdaleinstitute.edu.au/

Lonsdale Instituteは2007年にメルボルンからスタートした学校で、現在はシドニーにもキャンパスを構え多くの学生に質の高い授業を提供しています。

授業は、週に1度のレクチャー以外にLonsdaleオリジナルのオンラインプラットフォームでのセルフスタディーをメインに進められます。

時間の自由度が高いため、学業と仕事との両立を目指す方におすすめの学校です。

ヨーロッパやラテンアメリカからの留学生が多く、日本人は少なめなので英語環境で集中して学べます。

Certificate IV in Marketing and Communication

受講条件 ・高校卒業以上
・IELTS5.5(Upper Intermediate level)
受講期間 28週間 (ホリデー含む)

Certificate IVのコースでは、ビジネスの基本であるコミュニケーション・チームワーク・プランニングなどを学びます。

また、問題解決力や実行力を養うことで予測不可能なさまざまな問題に対して解決策を考え、実行できるようになります。

実践的なオペレーショスキルを身につけられるため、職場では即戦力となれるでしょう。

Diploma of Marketing and Communication

受講条件 ・Certificate IV in Marketing and Communication修了
・IELTS 5.5(Upper Intermediate level)
受講期間 28週間 (ホリデー含む)

Diplomaのコースでは、マーケティングおよびコミュニケーションに関する知識を活かしチームのパフォーマンスを向上させる方法について学びます。

このコースで学ぶとプロジェクトマネジャーやコーディネーター、スパーバイザーなどとして活躍できるでしょう。

コースに関して質問する

より高度なマーケティングをオーストラリア留学で学ぶなら大学への進学もおすすめ

Diploma以上の高度なマーケティングを学ぶなら大学への進学もおすすめです。

Bond Universityでは、少人数制のクラスで生徒一人ひとりに対して質の高い授業を行っています。

最短2年でBachelorが取得できるようカリキュラムが組まれているため、時間を無駄にすることなく学位を取得できます。

Bond Universityでマーケティングが学べるのは以下のコースです。

  • Bachelor of Communication (Business)
  • Bachelor of Communication (Business)/Bachelor of Laws

この学位では、購買者行動・リサーチ・プロモーション・デザインなど戦略的マーケティングに関する知識とスキルを身につけます。

また、国際マーケティング・インターネットおよびデジタルマーケティングも学べるため学位取得後は世界的に活躍できる人材になれるでしょう。

Bond Universityに関する詳しい情報はこちら

実際にオーストラリア留学でデジタルマーケティングを学んだ方の体験談

高校を卒業してすぐオーストラリアへ留学したMiiさんは「どんなビジネスにも必要なマーケティングを学んでおけば将来の選択肢が広がる」と思いマーケティングの道に進むことを決めました。

大学に3年間通うよりもTAFE1年と大学2年の方が費用を抑えられると考え、語学学校を経てTAFEへ入学します。

マーケティングについてはほぼ何も知らない状態からのスタートでしたが、授業では基礎から教えてもらえるためスムーズに学習を進められたそうです。

基礎が終わると授業は広告のデザインや有効なPR活動戦略の作成など、よりクリエイティブな内容へと変わっていき面白さを感じるようになりました。

授業で出される課題に苦戦しながらも提出期限をアプリで管理したり、質問できる友達を積極的に作ったりと努力を重ねました。

今はマーケティングの授業を通して出会ったグラフィックデザインに興味を持ち、大学に編入して勉強を続けています。

Miiさんの詳しいマーケティング留学体験談を見る

オーストラリアでマーケティング留学を希望する際の注意点

オーストラリアへマーケティング留学をするためには、学生ビザの取得や基準点以上の英語力の習得などいくつかの条件をクリアしなければなりません。

ここでは、マーケティング留学する際の条件や注意点について詳しく解説します。

学生ビザでなければコースを履修できない

オーストラリアのTAFEのほとんどのコースは受講期間が6ヶ月以上のため、コースを履修するには学生ビザが必要です。

学生ビザの取得には、入学許可証や残高証明などの書類と申請費710豪ドル(約68,000円)が必要です。

政府の公式HPからオンライン申請できるため、大使館や領事館に出向く必要はありません。

※2023年10月の豪ドル円レート(1ドル=95円)で計算

高校卒業以上の学歴が求められる

オーストラリアのTAFEに入学するには、高卒以上の学歴が必要です。

学歴を証明するために英文の成績証明書の提出を求められるので、事前に準備しておきましょう。

DiplomaやBachelorなどより高度な学位を目指す場合は、事前にCertificate IVなどのコースの履修が求められることがあります。

IELTS5.5以上の英語力を証明する必要がある

オーストラリアのTAFEのコースを受講するには、授業についていける程度の英語力があることを証明しなくてはなりません。

証明には通常IELTSというテストのスコアが使われ、TAFE入学にはIELTS5.5以上のスコアが必要です。

通訳や医療関連などの専門的なコースは、IELTS6.5〜7.0というより高いスコアが求められることもあります。

IELTS5.5以下の場合でも、TAFE認定の語学学校に通い英語力が上がったと認められれば入学が許可されます。

以下では、IELTS5.5以上の場合と以下の場合の入学までの流れを解説します。

IELTS5.5以上を既に持っている場合

すでにIELTS5.5以上のスコアを持っている場合は、他の必要書類を準備しTAFEへの入学手続きを行いましょう。

入学手続きは個人でも可能ですが、不安がある方は留学エージェントなどに相談しましょう。

IELTS5.5を持っていない場合

IELTS5.5を持っていない方やまだIELTSを受けたことがない方には以下の2つの選択肢があります。

  • IELTS5.5を取るまでテストを受け続ける
  • TAFE認定の語学学校に通う

IELTSにはライティングやスピーキングなど独学が難しいパートがあるため、スコアが満たない方の多くはTAFE認定の語学学校へ通います。

都市部のTAFEには語学学校が併設されており、TAFEの雰囲気を味わいながら勉強できます。

自力でもIELTS5.5を目指せますが、TAFEの入学時期の2月と7月までにスコアをクリアしなければ入学を延長しなければならないことを留意しましょう。

オーストラリアでマーケティング留学する際に必要な費用

オーストラリアのシドニーで1年間マーケティング留学する場合を例に留学に必要な費用をまとめました。

パスポート発行費用 16,000円
学生ビザ申請費用 710豪ドル(約68,000円)
航空券代(往復) 10万円
海外留学保険 約600豪ドル(約57,000円)
専門学校/TAFEの学費 6,690豪ドル(約636,000円)
家賃 約12,000豪ドル(約1,140,000円)
その他の生活費 約120万円
合計 約3,345,000円

出発前には、パスポート発行費用・学生ビザ申請費・海外留学保険代・航空券代がかかります。

学生ビザを申請する際には残高証明が必要で、残高の目安は約240万円です。

また、ビザ申請時にはOSHCという月額50豪ドル程度の海外留学保険への加入も求められます。

渡航後は、学費・家賃・その他の生活費がかかります。

シドニー郊外でルームシェアをした場合の1週間の家賃相場は約250豪ドル(約24,000円)で、年間にすると約12,000豪ドル(約1,140,000円)です。

家賃の他に食費・交際費・交通費・通信費などの生活費が月に10万円程度かかるでしょう。

家賃と生活費を合わせると約234万円となりますが、残高証明のために貯めた240万円は渡航後の生活費として使えるため焦る必要はありません。

また、オーストラリアの学生ビザは制限があるものの就労が可能なため、現地で稼いだお金も費用に充てられます。

※2023年10月の豪ドル円レート(1ドル=95円)で計算

オーストラリアでマーケティングを学びたいならタビケン留学へご相談ください

タビケン留学 運営スタッフ①

オーストラリアのマーケティング留学では、市場調査・商品開発・広告活動などのマーケティングの一連の流れやプレゼンテーションなどの実践的スキルが学べます。

インターシップを推奨している学校も多く、参加すれば日本では得られないような貴重な経験ができるでしょう。

タビケン留学では、カウンセリングをもとにおすすめの都市や学校の紹介・ビザの手続き代行・現地での生活サポートなどを行っています。

マーケティング留学に少しでも興味がある方は、ぜひタビケン留学にご相談ください。

この記事を書いた人

アバター画像
留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位 NO IMAGE

Albright Sydney

オールブライト シドニー

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Sydneyについて詳しく見る
第3位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第4位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU)Manly Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コースなど幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Manly Campusについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位

Universal English(UE / UIT)Melbourne

ユニバーサル・イングリッシュ メルボルン

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)Melbourneについて詳しく見る
第3位

Universal English Adelaide

ユニバーサル・イングリッシュ アデレード校

メルボルンの老舗の語学学校ユニバーサル イングリッシュが2023年3月に新規開校したアデレード校。

キャンパスが入っているビルは非常に綺麗で、落ち着いた環境の中で学習することができます。また、少人数制を採用しているため、教師のサポートが行き届き、学生とのコミュニケーションも活発に行われています。また、English Only Policyが徹底されており、英語学習に最適な環境が整っています。

Universal English Adelaideについて詳しく見る
第4位 NO IMAGE

Albright Melbourne

オールブライト メルボルン

オールブライトはメルボルンをはじめ、シドニー・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Melbourneについて詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

Pacific English Study Gold Coast

パシフィック イングリッシュスタディ ゴールドコースト

Pacific English Study は、晴天に恵まれたクイーンズランド州のゴールドコーストで、2008年に設立された語学学校です。小規模学校ならではの目の行き届いたアットホームな環境と大学認定の学位を持っ講師が組むカリキュラムで、高水準の教育と手厚いサポートで安心の留学生活が送れます。目の前にある世界最高のビーチを楽しみながら、世界中からの友達と一緒に英語スキルを向上させましょう。

Pacific English Study Gold Coastについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第5位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第3位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール・ブリスベンキャンパス

BROWNSでは一般英語コース、進学英語コースや試験対策コースはもちろん、大人気のバリスタコース、有給インターンシップ、ボランティアプログラムなど様々なコースを提供しています。世界中からたくさんの生徒が集まっているので国際色豊かなキャンパスで世界中に友達をつくることができます!

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)について詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第3位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談