オーストラリアの語学留学の費用を期間別でシミュレーション!負担を抑えるコツも紹介

語学留学を検討している方にとって、一番気がかりな問題は学費を含めた留学費でしょう。

オーストラリアへの語学留学の費用は、アメリカやイギリスなど、ほかの主要な英語圏の国へ語学留学する場合と比べると安いです。

しかし、近年は都市部を中心に家賃や物価が高騰しています。

数週間単位で行われる短期留学ならともかく、半年から1年以上の長期留学となると、数百万単位の費用が必要です。

今回は、オーストラリアにおける語学留学の費用を期間別でシミュレーションします。

留学に必要なビザの種類別の申請費用や、留学費用を抑えるコツについても取り上げるため、ぜひ最後までご覧ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

【期間別】オーストラリア語学留学の費用シミュレーション

それでは、早速オーストラリアへ語学留学する際にかかる費用を滞在期間別にシミュレーションしてみましょう。

期間は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月(半年)、1年の4パターンで、すべてシドニーの一般的なアパートに滞在するのを想定しています。

また、食費や交際費、雑費などは留学生の生活スタイルによって大きく異なるため、その他として概算した値にしております。

1ヶ月

学生で長期休暇を使って留学する方、時間的な制約があるけれど留学したい方には、数週間から1ヶ月程度の期間で行う短期留学をおすすめします。

1ヶ月シドニーに滞在する場合にかかる費用は、以下の通りです。

学費(4週間) 1,680豪ドル(約160,000円)
滞在費(4週間)
<学生寮>
・1人部屋:約2,030豪ドル(約193,000円)
・2人部屋:1,530豪ドル(約145,000円)
<シェアハウス ※2>
・1人部屋:2,000豪ドル(約190,000円)
・2人部屋:1,000豪ドル(約95,000円)
・3人以上:680豪ドル(約64,600円)
<ホームステイ ※3>
約1,500豪ドル(約142,000円)~
<バックパッカーズホステル>
約980豪ドル(約93,100円)~
その他 3,600豪ドル(約342,000円)

食費や交際費などを含め、60万円以上が1ヶ月間のオーストラリア留学の相場です。

1ヶ月の滞在先なら学生寮シェアハウスホームステイが一般的で、現地のアパートを借りるよりも費用を抑えられることが多いです。

また、短期の滞在に限ってはバックパッカーズホステルに宿泊するのも滞在費を抑える1つの手段といえます。

※1 1豪ドル=95円で換算
※2 ポンド(敷金)とキー・デポジット(鍵の保証金)を除く。いずれも退去時払い戻し。
※3 手配料を含む

3ヶ月

大学生の場合、夏休みなどの長期休暇を利用して3ヶ月の語学留学に行く方もいます。

また、英語力アップを目的にオーストラリアへ語学留学する方の中では、3ヶ月の滞在期間を選択される方が多いです。

3ヶ月シドニーに滞在する場合にかかる費用は、以下のようになります。

学費(12週間) 5,040豪ドル(約479,000円)
滞在費(12週間) ・都市部:2,400〜4,800豪ドル(約228,000〜456,000円)
・郊外:1,800〜3,600豪ドル(約171,000円〜342,000円)
その他 3,800豪ドル(約361,000円)

全体の費用としては、130万円ほど必要です。

ただし、学校によっては長期間の滞在によって学費の割引を受けられます。

自身が学費の割引を受けられるかどうか、渡航前に学校に問い合わせて確認しましょう。

※1豪ドル=95円で換算

6ヶ月(半年)

半年オーストラリアに滞在しながら英語の勉強をすれば、かなり安定した英語力を身につけられます。

TOEICも事前に勉強していなくても、600点前後は問題なく取れるようになるでしょう。

6ヶ月シドニーに滞在する場合にかかる費用は、以下の通りです。

学費(24週間) 10,080豪ドル(約958,000円)
滞在費(24週間) ・都市部:4,800〜9,600豪ドル(約456,000〜912,000円)
・郊外:3,600〜7,200豪ドル(約342,000〜684,000円)
その他 6,700豪ドル(約670,000円)

学費は100万円の大台に迫り、全体の費用も250万円以上必要になります。

6ヶ月以上オーストラリアに滞在する場合は、現地で仕事をするのもおすすめです。

オーストラリアの物価は高いですが、最低賃金も23.23豪ドル(約2,200円) と日本(東京)の最低賃金1,002円の2倍以上もあるため、生活費程度であれば問題なくまかなえます。

オーストラリアのバイトの時給相場について詳しく見る

※1豪ドル=95円で換算

1年

オーストラリアに1年留学すれば、当初よりも英語力が伸びる方がほとんどでしょう。

1年シドニーに滞在する場合にかかる費用は、以下の通りです。

学費(48週間) 20,160豪ドル(約1,920,000円)
滞在費(48週間) ・都市部:9,600〜19,200豪ドル(約912,000〜1,820,000円)
・郊外:7,200〜14,400豪ドル(約684,000〜1,368,000円)
その他 8,000豪ドル(約760,000円)

私立の語学学校や大学に通う場合、全体の費用は450万円以上に到達するケースもあります。

このレベルになると個人で留学費用を用意するのは簡単ではありません。

そのため、成績優秀者などを対象とした奨学金の利用も検討するようにしましょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

※1豪ドル=95円で換算

オーストラリアの語学留学の準備でかかる費用

オーストラリアへの語学留学は、渡航の準備段階からお金が必要になります。

どのような費用がかかるのか、順番に確認していきましょう。

語学学校の学費

語学学校に入学するにあたって、必要になるのが入学金、学費、教材費です。

学費の支払い時期は渡航前が一般的なので、あらかじめ学費は準備しておきましょう。

オーストラリアの語学学校に1年間通う場合、支払う学費の内訳は以下の通りです。

入学金 225豪ドル(約21,000円)
学費 20,280豪ドル(約1,930,000円)
教材費 326豪ドル(約31,000円)
合計 20,831豪ドル(約1,980,000円)

在籍する語学学校によっては、教材費の無料キャンペーンを行っているケースもあるため、事前にチェックしておきましょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

※1豪ドル=95円で換算

パスポート申請費用

パスポートを持っていない方は、渡航前にパスポートの発行を行いましょう。

日本各地にあるパスポートセンターでパスポートの発行または更新ができます。

パスポートの種類と発行に必要な費用は以下の通りです。

種類 費用
5年用旅券(成人) 11,000円
10年用旅券(成人) 16,000円

パスポートの申請から受け取りまで、一般的には1週間程度かかります。

申請時には一般旅券発給申請書戸籍謄本顔写真本人確認書類、そして前回取得したパスポートを所有している方はパスポートが必要です。

オーストラリア留学以降も海外へ渡航する予定がある場合は、10年用旅券の申請がおすすめです。

長い目で考えると10年用旅券の方がお得ですし、更新の手間も減らせます。

ビザ(ETA・学生ビザ・ワーホリビザ)申請費用

オーストラリアへ渡航する場合、渡航前に各種ビザを発行する必要があります。

留学時に申請するビザは、以下の3種類が主流です。

学生ビザ(Subclass 500)|3ヶ月以上で英語の勉強に集中するなら

語学学校や専門学校、そして大学など、現地の教育機関で3ヶ月以上の留学を検討している場合は、学生ビザ(Subclass 500)を申請しなければなりません。

学生ビザの発行には、申請費として710豪ドル(約67,000円)が必要です。

また、学生ビザは申請内容や大使館側の都合によって前後しますが、申請してから1週間〜1ヶ月程度で申請者の手元に届きます。

学生ビザの申請方法について詳しく見る

※1豪ドル=95円で換算

ワーホリビザ(Subclass 417)|3ヶ月以上で働きながら勉強も頑張りたいなら

現地で働きながら勉強する場合は、ワーホリビザ(Subclass 417)の発行もおすすめです。

ワーホリビザは学生ビザと異なり労働時間の限度が決められていないため、学費や生活費を現地で稼ぎたい方にうってつけといえるでしょう。

ワーホリビザの申請費用は635豪ドル(約60,000円)で、手元にビザが届くまで2週間〜1ヶ月程度かかります。

ワーホリビザの申請方法について詳しく見る

※1豪ドル=95円で換算

Electronic Travel Authority(Subclass 601)|3ヶ月未満で短期留学するなら

Electronic Travel Authority(Subclass 601)とはオーストラリア政府が採用している電子入国許可で、ETAや電子ビザシステムとも呼ばれます。

観光や商用を目的とした3ヶ月以内の滞在者を対象に発行されており、発行費用も20豪ドル(約1,900円)と他のビザと比較しても非常に安価なため、3ヶ月未満の短期留学をする方にはETAがおすすめです。

※1豪ドル=95円で換算

学生保険(OSHC)・海外留学保険

学生ビザでオーストラリアへ渡航する場合、学生保険(OSHC)への加入が義務付けられています。

OSHCは扱っている保険会社によって多少の金額の上下はありますが、平均して1ヶ月40~50豪ドル(約3,800〜4,750円)1年450~550豪ドル(約42,800〜52,300円)が相場です。

ちなみに、ワーホリビザで渡航する場合、保険への加入は任意となっています。

しかし、現地で事件や事故に巻き込まれる可能性もあるため、必ず海外留学保険に加入しておきましょう。

クレジットカードの海外保険を利用する方もいますが、補償内容が不十分であるケースが多いため、単体で利用するのはおすすめしません。

※1豪ドル=95円で換算

オーストラリア留学の学生保険OSHC(Overseas Student Health Cover)の詳しい情報を見る

往復の航空券

オーストラリアへ留学する際、ビザの申請のためにも航空券はできるだけ早い時期に購入しておきましょう。

航空券にはFSCLCCの2種類があり、それぞれの羽田発シドニー行き航空券の値段や到着までにかかる時間は以下のようになります。

種類 値段(往復) 渡航時期 移動時間(片道)
FSC(ANA) 約271,000円 10月1日〜6月30日 9時間35分(直行便)
LCC(エアアジア) 約111,000円 10月1日〜6月30日 41時間10分(乗り継ぎ2回)

FSCは値段が高いですが、大手航空会社らしくサービスが非常に充実しており、直行便が多いので移動時間も短めです。

一方のLCCは値段が安くFSCの半分以下の値段で渡航できる場合もありますが、乗り継ぎが多く渡航時間が長くなります。

ちなみに、オーストラリアへの航空券観光シーズンから外れた6月・10月が最も安くなるため、渡航時期にこだわりがなければ積極的に安い時期を狙いましょう。

健康診断料

ビザを申請するにあたって、事前に健康診断を受ける必要があります。

日本はオーストラリア政府によって結核発症のリスクがMedium Risk(中リスク)と判断されており、胸部レントゲン検査はどのビザを申請する場合も必須です。

胸部レントゲン検査のみを行う場合の費用は約12,000円ですが、病歴や年齢によっては内科検診やHIV、B型肝炎、C型肝炎などの検査も求められます。

健康診断は大使館が指定した病院で受診した結果のみ有効なため、あらかじめオーストラリア大使館指定病院リストをチェックしておきましょう。

参考:オーストラリアVISA健康診断

その他の日本から持ち込む消耗品の購入費用

消耗品はオーストラリアのスーパーでも購入ができるため、荷物を減らしたい方は渡航後に現地で揃えるのも選択肢の1つです。

しかし、可能であれば以下の消耗品については日本から持ち込むのをおすすめします。

  • 基礎化粧品
  • 生理用品
  • シャンプー類
  • 文房具

オーストラリアでは日本で販売されている化粧水や乳液などのスキンケア用品は一般的ではないため、購入の難易度が非常に高いです。

日本のセレクトショップなどで購入できる場合もありますが、輸入品のため値段は高めに設定されています。

薬や生理用品、シャンプー類も日本人の肌や体質に合わない可能性があるため、できるだけ日本で使い慣れたものを持ち込んだ方がよいです。

日本の文房具は海外のものと比べても圧倒的に高品質かつ使いやすいため、ノートや消しゴムなどのストックをあらかじめ日本で購入しておきましょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

【ワーホリビザ向け】オーストラリアの語学留学にかかる費用に加えて一定以上の貯金(残高証明)が必要

ワーホリビザでオーストラリアへ渡航する場合は、ビザ申請時に残高証明書を提出する必要があります。

残高証明書は、自分名義の預貯金口座がある金融機関の窓口に出向いて手続きを行えば入手可能です。

1年間の滞在の場合、5,000〜6,000豪ドル(約475,000〜570,000円)がビザの申請に必要な残高の最低ラインとなります。

また、渡航後すぐに仕事が見つかるとは限らないため、しばらく働かなくても生活ができるようにあらかじめ10,500豪ドル(約100万円)前後を日本で貯金しておくと安心です。

残高証明は発行してから日が経ってしまうと証明の効果がなくなってしまうため、ビザ申請のタイミングに合わせて取得しましょう。

基本的には、ビザの申請をする1ヶ月前に取得できれば問題ありません。

※1豪ドル=95円で換算

参考:Working Holiday Visa|Embassy of Japan in Australia
オーストラリアのワーホリならタビケン留学

オーストラリアの語学留学で滞在中にかかる費用

【期間別】オーストラリアのワーホリの最低費用は何円必要?

オーストラリア滞在期間中にかかる学費以外の主な費用は以下の通りです。

  • 家賃・宿泊費
  • 食費
  • 交際費
  • 交通費
  • 通信費

家賃相場は滞在エリアによって異なりますが、シドニーの場合都市部で週200〜400豪ドル(約19,000〜38,000円)、郊外で週150〜300豪ドル(約14,300〜28,500円)かかります。

1~3ヶ月の短期留学の場合、ホームステイを選択すれば滞在費を抑えられるでしょう。

オーストラリアは物価が高いため、食費を抑えるためにも自炊推奨です。食材を上手にやりくりすれば、月2〜3万円まで食費を抑えられます。

交通費は現地の交通用ICカードを利用すれば節約が可能なほか、学校から徒歩圏内のエリアに滞在すれば0円に抑えられます。

通信費は日本のスマホを使用すると高額な費用を請求されるため、現地でプリペイド式のSIMを契約するのがおすすめです。

安いプランであれば、28日間40GBのプランが35豪ドル(約3,330円)で契約できます。

※1豪ドル=95円で換算

オーストラリアの語学留学で選べる語学学校の種類

オーストラリアにある語学学校は、主に私立の語学学校と大学附属の語学学校の2種類に分けられます。

それぞれの特徴について順番にみていきましょう。

私立の語学学校

国際色豊かな環境で、安定した英語力を身につけたい場合は私立の語学学校がおすすめです。

アクテビティをほぼ毎週開催している学校もあり、英語だけでなくオーストラリアの文化を学んだり、クラスメイトたちと交流を深めたりできます。

費用面は学校によって異なりますが、格安校の場合は週160豪ドル(約15,000円)で授業が受けられます。

また、私立の語学学校は時期によっては学費の割引キャンペーンなどを行っているため、各学校の公式サイト、または留学エージェントに問い合わせて確認しましょう。

コースに関して質問する

※1豪ドル=95円で換算

大学附属の語学学校

将来的に現地の大学への進学を考えている場合は、大学附属の語学学校がおすすめです。

大学附属の語学学校では論文の書き方やプレゼンテーションなど、大学への進学を想定した授業が多数行われています。

また、図書館や研究室など、大学の設備の利用も可能です。

学費は設備や教員の質の高さに比例して私立の語学学校よりも高めで、週420〜520豪ドル(約40,000〜50,000円)が相場になります。

ちなみに、TAFE附属語学学校の学費は320豪ドル(約30,000円)が相場です。

コースに関して質問する

※1豪ドル=95円で換算

オーストラリアの語学留学でかかる費用を抑えるコツ

オーストラリアの語学留学にかかる費用は、留学期間が伸びるのに比例して金額も上がります。

そのため、留学費用を抑えたい場合は以下の方法がおすすめです。

オーストラリア専門の留学エージェントに相談して最適な語学留学プランを立ててもらう

オーストラリア専門の留学エージェントは、クライアントの要望に応じたプランの提供をしてくれます。

そのため、できるだけ費用を抑えたい旨をカウンセリングの段階で伝えておけば、比較的安価なプランを紹介してもらったり、既存のプランから費用を抑えるためのアドバイスを受けられるでしょう。

オーストラリア留学の費用に不安を抱えている場合は、お得な割引キャンペーンを実施中の語学学校の紹介も行っているタビケン留学に一度ご相談ください。

経験豊富な留学エージェントたちが、最適なプランを紹介いたします。

タビケン留学は専門留学/TAFEを徹底サポート

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

奨学金や学校独自の割引キャンペーンを利用して学費の負担を減らす

私立の語学学校では、独自の割引キャンペーンを行っている場合があります。

キャンペーンの情報は語学学校の公式サイトや留学エージェントから取得可能です。

また、奨学金制度を採用している語学学校もあり、給付型の奨学金の場合は基本的に返済の義務はありません。

ただし、奨学金は成績優秀者のみが対象など一定の条件が設定されているものが多いため、事前に自身が奨学金制度の対象者になるか調べておきましょう。

勉強のモチベーションにもなるため、なるべく奨学金制度は積極的に狙っていくのをおすすめします。

コースに関して質問する

学生寮やルームシェアを活用して家賃を抑える

オーストラリアは近年家賃が上昇しており、シドニーやメルボルンブリスベンなどの大都市は特にその傾向が顕著です。

そのため、滞在費を抑えるために学生寮ルームシェアを利用する方も増えています。

滞在方法(シドニー) 費用(週)
賃貸 ・都市部:200〜400豪ドル(約19,000〜38,000円)
・郊外:150〜300豪ドル(約14,300〜28,500円)
ルームシェア 120〜190豪ドル(約11,000〜18,000円)
学生寮(2人部屋) 165豪ドル(約16,000円)

学生寮やルームシェアは人数が増えるほど費用が安くなりますが、プライベート空間や時間を確保するのが難しくなります。

安さを取るか、個人のスペースを取るか、事前にしっかり考えて選択しましょう。

空室状況/費用を質問する

※1豪ドル=95円で換算

空き時間にアルバイトすると留学費用の足しにできる

学生ビザかワーホリビザでオーストラリアに留学した方は、現地でアルバイトをして学費や滞在費を稼げます。

ビザによる労働時間の制限などは以下の通りです。

学生ビザ ワーホリビザ
労働時間 2週間で最大48時間 無制限
就労に関する条件 同一の雇用主のもとで長期間就労可能 同一の雇用主のもとで働けるのは6ヶ月まで

現地でお金を稼げれば、余暇を楽しむ余裕もできます。

ただし、すぐに仕事が見つかるとは限らないため、仕事探しは計画的に行いましょう。

また、観光ビザで入国した場合は就労の許可はおりません。

オーストラリアの語学留学費用を抑えたいならタビケン留学までご相談ください

タビケン留学 運営スタッフ①

オーストラリアの語学留学は、語学学校のキャンペーンや奨学金などを利用すればある程度費用を抑えられます。

しかし、そのためには自力で情報収集を行う必要があり、準備のハードルは非常に高いです。

もし留学の準備に不安を抱えている場合は、タビケン留学にご相談ください。

経験豊富な留学エージェントたちがカウンセリングを通じて、一人ひとりの留学の目的や不安、疑問に対して真摯に向き合い、最適な留学プランを提案いたします。

また、無料相談も行っているため、興味を持った方は公式ホームページから詳細情報をチェックしてください。

この記事を書いた人

アバター画像
留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位 NO IMAGE

Albright Sydney

オールブライト シドニー

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Sydneyについて詳しく見る
第3位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第4位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU)Manly Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コースなど幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Manly Campusについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位

Universal English(UE / UIT)Melbourne

ユニバーサル・イングリッシュ メルボルン

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)Melbourneについて詳しく見る
第3位

Universal English Adelaide

ユニバーサル・イングリッシュ アデレード校

メルボルンの老舗の語学学校ユニバーサル イングリッシュが2023年3月に新規開校したアデレード校。

キャンパスが入っているビルは非常に綺麗で、落ち着いた環境の中で学習することができます。また、少人数制を採用しているため、教師のサポートが行き届き、学生とのコミュニケーションも活発に行われています。また、English Only Policyが徹底されており、英語学習に最適な環境が整っています。

Universal English Adelaideについて詳しく見る
第4位 NO IMAGE

Albright Melbourne

オールブライト メルボルン

オールブライトはメルボルンをはじめ、シドニー・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Melbourneについて詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

Pacific English Study Gold Coast

パシフィック イングリッシュスタディ ゴールドコースト

Pacific English Study は、晴天に恵まれたクイーンズランド州のゴールドコーストで、2008年に設立された語学学校です。小規模学校ならではの目の行き届いたアットホームな環境と大学認定の学位を持っ講師が組むカリキュラムで、高水準の教育と手厚いサポートで安心の留学生活が送れます。目の前にある世界最高のビーチを楽しみながら、世界中からの友達と一緒に英語スキルを向上させましょう。

Pacific English Study Gold Coastについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第5位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第3位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

Shafston Brisbane

シャフストン・ブリスベン

シャフストンは1996年に設立され、活発で熱心な学生と教員を擁する活気に満ちた学校です。2019年に世界トップ10の語学学校の一つとして認められオーストラリア有数の職業教育や留学生向け英語集中コースのプログラムで、質の高い教育を受けることができます。学生は少人数のクラスで受講できフレンドリーな教員スタッフがそれぞれの目標へ到達できるようサポートしてくれます。また開校以来、約103か国以上から120,000 人以上の学生を受け入れており、オーストラリアの中でも大規模な語学学校です。英語力の向上だけでなく大学への進学、資格取得に対応できる豊富なコースが魅力です。

Shafston Brisbaneについて詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第3位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談