3ヶ月の留学は効果がない?英語力アップのための準備や滞在中の過ごし方のポイントを解説

留学を考えた時に「どれくらいの期間滞在すれば留学の効果が出るのか」と悩む方も多いのではないでしょうか。

英語力アップを目的とした海外留学を検討している場合、最低でも3ヶ月以上がおすすめです。

3ヶ月の留学に向けた事前準備や過ごし方によって、効果的に英語力を向上させられます。

今回は、3ヶ月の留学でどれくらい英語が上達するのか、そして英語力アップのための準備や滞在中の過ごし方のポイントについて解説します。

また、3ヶ月の留学におすすめの国と最短で留学の効果を得るための注意点についても紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

海外留学は3ヶ月だと意味ない?本当に英語上達に効果があるのか解説

3ヶ月の海外留学では、英語初心者であれば日常会話で十分通じるレベルまでの英語力アップの効果が見込めます。

留学前にどのレベルまで英語力を上げておけるか、また留学中にどれだけ英語に触れられるかの程度にもよりますが、TOEICだと600〜695点に相当するレベルの英語力を身につけられる期待ができます。

ただ、3ヶ月の留学期間をなんとなく過ごすだけでは、効果をほとんど実感できず帰国する結果になりがちです。

効果的な3ヶ月の留学期間を過ごすために準備のポイントを押さえておきましょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

効果的な3ヶ月の留学期間を過ごすための準備のポイント

たった3ヶ月という留学期間を効果的に過ごすためには、留学する前の準備の段階が非常に大切です。

以下、3ヶ月の留学を成功させる具体的な準備のポイントについて紹介します。

留学を決めた段階からコツコツと勉強して最低限の英単語・文法は押さえておく

留学を決意した段階で、少しずつ英語学習を始めておくのがおすすめです。

3ヶ月間という限られた期間で結果を出すためには、最低限の英単語や文法を押さえておく必要があります。

留学初日からある程度高いレベルの英語力からスタートできると、その後の英語を吸収する速さが飛躍的に向上します。

さらに、学校や日常生活においても自信を持ってコミュニケーションを取れるようになるので、留学生活がより楽しく充実したものになるでしょう。

英語を一朝一夕で覚えることは難しいので、留学を検討し始めたらすぐに学習を始めてみましょう。

パスポートやビザなど申請に時間がかかるものは早めに手続きを進める

留学するにあたって申請する必要がある書類などを早めに準備しましょう。

早めに手続きを済ませることで不安が減らせるので、勉強に集中したり留学当日に備えたりできます。

以下、留学に必要なものをリストにまとめました。

  • パスポート
  • ビザ
  • 留学保険
  • 往復航空券
  • ホームステイなどの滞在先

この中でもパスポートやビザなどは申請から手元に届くまで時間がかかる場合があるため、余裕を持って申請するのがおすすめです。

また、航空券は渡航時期や購入のタイミングによって金額が大幅に変わるので、予算に限度がある方は早めにチェックしておくといいでしょう。

留学先の物価を調べて3ヶ月間は余裕を持って生活資金を貯めておく

留学先を決めたら、現地の物価を調べて3ヶ月分の生活資金をしっかり準備しておくようにしましょう。

留学には渡航費用の他、生活に必要な居住費、食費、交通費、観光などをするのであれば娯楽費も必要になります。

金銭的な不安があると現地での勉強に支障が出たり、予定よりも早めに留学を切り上げなければならなくなったりする可能性もあります。

留学先によって物価や為替レートが異なるので、あらかじめ試算しておいて余裕を持った生活資金を貯めておくのがおすすめです。

勉強にストレスがかかりにくい住環境を費用感とのバランスを見て選択する

留学生活はただでさえ普段と違う環境に身を置くことになるため、少しでも勉強にストレスがかかりにくい住環境を選ぶことが大切です。

生活するのにストレスがかかる環境では、しっかり休めず勉強に支障が出る可能性があります。

留学生の住環境としては以下のようなタイプがあるので、自分に合った生活スタイルを選ぶようにしましょう。

  • ドミトリー(相部屋)
  • ホームステイ
  • シェアハウス
  • 学生寮

住むエリアや居住タイプによって費用がかなり変わるため、予算とのバランスを考えた上でストレスになりにくい住環境にするのがおすすめです。

わからないことや不安があれば留学に精通したプロにサポートしてもらう

初めての留学という方であれば、留学に詳しいプロにサポートしてもらうのが安心です。

自分だけで調べようと思っても、さまざまな情報が飛び交っていてどれが正しいのかわからず、楽しみにしていた留学自体が不安になる可能性があります。

現地の情報をリアルタイムで収集している留学エージェントのサポートを受けることによって、不安の解消だけでなく自分で調べる時間も節約できるので一石二鳥です。

サービス内容は利用する留学エージェントによって異なりますが、学校の入学手続きからビザの申請、航空券の手配まで代行してくれる特徴があります。

留学エージェントを利用して準備にかかる手間や不安を減らすことで、その分英語の勉強に集中できるというメリットもあります。

3ヶ月の留学で効果を着実に出したい方はタビケン留学へご相談ください

3ヶ月で着実に効果を感じられる留学にしたいという方は、タビケン留学へご相談ください。

タビケン留学は世界100以上の教育機関の正式出願窓口となっており、渡航前の準備やビザ申請、現地生活までを無料サポートする留学エージェントです。

タビケン留学の無料サポートには以下の特徴があります。

  • 料金の透明性(各教育機関や学校と正規代理店契約を結んでおり、最安料金で学校に入学していただけます)
  • 最適な学校の提案(現地スタッフが定期的に学校へ訪問し、最新情報を常にキャッチしています)
  • 万全なサポート体制(現地で生活する上で必要なサポートや、緊急連絡サポートなどを実施しています)

スタッフ全員が留学やワーホリ経験のあるプロのカウンセラーなので、成功する3ヶ月の留学プランのご提案が可能です。

興味を持った方は、ぜひタビケン留学へ問い合わせてください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

3ヶ月で英語上達の効果を着実に出すなら留学する国選びも大切

3ヶ月で着実に英語上達の効果を出したいと思っても、留学先によって学べる環境が異なるため、国選びが重要です。

タビケン留学では、3ヶ月の留学に「フィリピン」もしくは「オーストラリア」をおすすめしています。

ここでは、フィリピンとオーストラリアそれぞれの留学環境の特徴や予算について紹介します。

おすすめの国①フィリピン

フィリピン留学の魅力の1つが、マンツーマンレッスンが充実している学校が多いという点です。

講師と1対1で授業を受けられるため、わからないことは都度質問できたり自分に合ったアドバイスしてもらえたりというメリットがあります。

生徒のレベルに合わせたレッスンを行うので、授業が難しくてついていけないなどの心配もありません。

他にも、スパルタ式のカリキュラムを採用している学校も多数あり、朝から晩まで徹底管理されたスケジュールと規則によって英語学習に集中できます。

そのため、3ヶ月という期間でもしっかりと効果を感じられる留学生活を送れるのです。

フィリピン留学のもう1つのおすすめポイントが、他の英語圏に比べて費用が安いことです。

フィリピンで3ヶ月の語学留学のために必要な予算の目安は合計で約90万円で、日本よりも物価が安いので工夫すればさらに留学費用を抑えられます。

3ヶ月のフィリピン留学による英語学習の効果に関する詳しい情報を見る

おすすめの国②オーストラリア

オーストラリアはワーキングホリデーでも人気の国であり、インフラが整っていて生活環境が良いことから日本人留学生にとって暮らしやすいという特徴があります。

海外生活で心配な安全面においても、オーストラリアは世界的にも治安が良い国として知られているため留学初心者にも安心です。

また、オーストラリアの教育機関はレベルが非常に高く、国内にある43大学のうち7校が世界大学ランキングにランクインするほどです。(日本は779校中5校のみ)

語学学校も私立ものから大学・専門学校付属のものまで選べるので、自分のレベルや進路に合わせて勉強できるのが魅力です。

オーストラリアは他の英語圏の国と比較すると物価が高めですが、その分時給も高いのでワーホリなどで働く場合に生活費を稼げるメリットもあります。

オーストラリア留学で3ヶ月過ごすために必要な予算の目安は合計で約155万円で、アメリカやイギリスよりは予算を抑えられる傾向があります。

3ヶ月の留学の効果を引き出すために現地滞在中に意識したいこと

オーストラリアの仕事は英語ができないと見つかりにくい

3ヶ月という留学期間は思っているよりもあっという間に過ぎるので、なんとなく過ごしていてはすぐに終わってしまいます。

そうならないために、3ヶ月間の現地滞在中に意識すべきことを紹介します。

身に付けたい英語力をもとに留学期間を計画的に過ごす

3ヶ月の留学で身につけられる英語力の目安は、英語初心者の場合でもTOEIC500〜595点に相当するレベルまでの向上が期待できます。

ただし、なんとなく学校で勉強をこなすだけでは、3ヶ月間という短い留学期間で効果的に結果を出すことは難しいといえます。

そのため、身につけたい英語力を目標として、留学期間を計画的に過ごすことが大切です。

具体的に以下のような内容について計画を立ててみましょう。

  • 1日のトータル勉強時間
  • リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングのどの分野を伸ばしたいか
  • 学校以外の過ごし方をどうするか

あらかじめ計画を立てておくことで、3ヶ月の留学を無駄なく過ごせるようになります。

勉強以外の時間も積極的に英語へ触れる機会を増やす

留学の醍醐味は、学校以外でも英語を使う機会に溢れている点です。

勉強以外の時間もできるだけ英語に触れるようにすることで、3ヶ月という留学期間でもしっかりと効果を出すことが可能になります。

ワーホリの場合は英語環境でのアルバイトをしたり、日本人以外の友達と積極的に交流したりするのもおすすめです。

日常生活を通じて学ぶ英語は学校では勉強することがない「リアルな英語」なので、よりネイティブに近い英会話力を身につけられます。

留学の効果を3ヶ月で出したい方が押さえておきたい注意点

3ヶ月の留学中にやるべきことを意識しながら過ごせば、着実に英語力アップ効果を感じられるでしょう。

わざわざ海外まで行って本場の英語を学ぶので、ただ学校で英語を勉強するだけではもったいないです。

ここでは、留学の効果を3ヶ月でしっかり出したい方が注意すべきポイントを紹介します。

勉強漬けでは辛いので息抜きに観光や娯楽を楽しみメリハリを持たせる

1ヶ月程度の超短期留学であれば勉強漬けの毎日でも耐えられるかもしれませんが、3ヶ月間となるとそんな生活が辛く感じる方も多いでしょう。

ただでさえ慣れない土地や環境でストレスが溜まりやすいため、息抜きに観光や娯楽を楽しんでメリハリのある生活を送ることが大切です。

「遊んでいては3ヶ月の留学の効果が減ってしまうのでは?」と心配になるかもしれませんが、勉強ばかりの生活の方が逆に学習効率が下がる可能性があります。

しっかり睡眠を取る方が集中力と学習効率が上がるように、適度なリフレッシュを入れることで勉強にも身が入ります。

海外へ行ける絶好のチャンスでもあるので、経験値を積む意味でも観光や娯楽も楽しむようにしましょう。

日本人や日本語が通じる人だけで固まらず異文化交流を楽しむ

留学する国や滞在都市によってはアジア圏の人や日本人留学生が多く、ほとんど英語を使わなくても生活ができることもあります。

現地で出会える日本人の友達も貴重な存在ですが、3ヶ月という留学期間で結果を出すためには積極的に異文化交流を楽しむことが重要です。

日本語が通じる環境では安心感もあり甘えが出てしまう場合が多いので、意識的に英語を話す環境に身を置くように心がけてみましょう。

留学先で仲良くなった現地の友達や知り合いができれば、帰国後も連絡を取り合えたり旅行などで現地に遊びに行きやすくなったりするメリットもあります。

生活コストを上げすぎず貯金が減って勉強に集中できない状況を避ける

留学生活する上で最も不安になりやすい問題として、貯金が減り続けることが挙げられます。

お金の余裕がなくなると勉強どころではなくなり、生活のために働かなければいけなくなったり、強制的に帰国をせざるを得なくなったりする可能性もあります。

3ヶ月の留学で効果を出すにはできる限り英語に触れる時間を増やしつつ、生活コストを上げすぎないように計画的に過ごすことが大切です。

具体的には以下のような点に注意して、貯金をやりくりするように心がけましょう。

  • 外食ばかりにならないように気をつける
  • 観光や娯楽はお金がかからないものも適度に取り入れる
  • 簡単な家計簿をつけるなどして、お金を使いすぎている部分を明確にする

ギリギリの予算で留学することがないように、余裕を持った資金準備をしておくのがおすすめです。

3ヶ月の留学期間では効果が出ない可能性あり|確実に結果を出すなら中長期がおすすめ

3ヶ月の留学で効果が出るかどうかは、それぞれ勉強の取り組み方や過ごし方などでかなり違いが出ます。

確実に結果を出したいという方は、半年〜1年以上の留学を検討するのがいいでしょう。

そして長期での留学を検討するなら、教育環境や住環境が良く、ビザ次第で働いて生活資金を稼げるオーストラリアがおすすめです。

ここでは、半年間と1年間それぞれの留学期間で見込める効果や費用などを紹介します。

※1豪ドル=104円で換算(2024年6月時点のレートで換算)

半年(6ヶ月)

オーストラリアでの半年間の留学ではTOEICで200点アップも見込めるので、初心者でも滞在中の過ごし方次第でTOEIC700〜795点に相当するレベルまでの向上が期待できます。

半年間みっちりと基礎英語力を上げるためのカリキュラムを受けるのもいいですし、3ヶ月は一般英語コース、残りの3ヶ月は試験対策コースやバリスタ英語コースなどの専門的な英語を学ぶのもいいでしょう。

オーストラリアの半年の留学にかかる費用は留学の目的や学校の種類によって変わりますが、目安としては以下の通りです。

語学留学 160~270万円
専門留学 160~270万円
大学留学 100〜400万円

オーストラリアでは私立よりも公立校の学費の方が高く、語学留学や専門留学より大学留学の方が費用を必要とします。

半年間のオーストラリア留学に関する詳しい情報を見る

1年

オーストラリアでの1年の留学では、TOEIC800点以上も狙えるレベルの英語力まで向上させることも可能です。

TOEICでそれくらいのスコアを取れるようになると、就職や転職に有利になると言われています。

1年以上の長期留学になれば、滞在中の過ごし方も自由度が高くいろいろと選べるようになります。

学校での勉強だけでなく、日常生活やアルバイトなどを通じて生きた英語をしっかりと身につけられるでしょう。

以下は、オーストラリアの1年の留学にかかる費用の目安になります。

語学留学 320~540万円
専門留学 320~540万円
大学留学 200〜800万円

予算に余裕がある場合は、確実に結果を出せる中〜長期の留学がおすすめです。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

留学期間を3ヶ月より長期で計画するなら2ヶ国留学も検討しよう

2カ国留学とは2つの国に渡航することを前提とした留学プランのことで、タビケン留学では1カ国目に「フィリピン」、2カ国目に「欧米圏(オーストラリアかカナダ)」へ留学するのをおすすめしています。

同じ国で留学するのと比較して、1カ国目の留学先としてフィリピンを選ぶメリットは以下の通りです。

  • 費用を抑えつつ着実に英語力アップできる
  • マンツーマンレッスン中心なので初心者でも安心して授業に参加できる
  • 英語学習以外の生活が保障されていて勉強に集中できる

費用の安いフィリピンでしっかりと英語力の基礎を身につけることで、2カ国目の留学先に移動した時からスムーズに生活をスタートできます。

また、早い段階で仕事を見つけられる可能性も高くなるので、収入を得ながらさらなる英語力アップにつなげられます。

2カ国留学に関する詳しい情報を見る

3ヶ月の留学の効果を最大限引き出せるかはやり方次第!お悩みはタビケン留学へ

タビケン留学 運営スタッフ①

3ヶ月の留学でもしっかりとやるべきことを意識して過ごすことで、十分に英語力を向上させる効果があります。

留学する前の準備から現地滞在中の過ごし方まで、気になることがあれば留学経験豊富なカウンセラーにぜひご相談ください。

タビケン留学は世界100以上の教育機関の正式出願窓口であり、渡航前の準備やビザ申請、現地生活までを無料サポートする留学エージェントです。

無料カウンセリングを通じて、着実に効果を出す3ヶ月にするための最適な留学プランを提案します。

留学に関する相談はLINEでも受け付けているため、興味を持った方はぜひ一度問い合わせてください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

この記事を書いた人

留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第3位 NO IMAGE

Albright Sydney

オールブライト シドニー

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Sydneyについて詳しく見る
第4位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU)Manly Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コースなど幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Manly Campusについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位

Universal English(UE / UIT)Melbourne

ユニバーサル・イングリッシュ メルボルン

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)Melbourneについて詳しく見る
第3位

Universal English Adelaide

ユニバーサル・イングリッシュ アデレード校

メルボルンの老舗の語学学校ユニバーサル イングリッシュが2023年3月に新規開校したアデレード校。

キャンパスが入っているビルは非常に綺麗で、落ち着いた環境の中で学習することができます。また、少人数制を採用しているため、教師のサポートが行き届き、学生とのコミュニケーションも活発に行われています。また、English Only Policyが徹底されており、英語学習に最適な環境が整っています。

Universal English Adelaideについて詳しく見る
第4位 NO IMAGE

Albright Melbourne

オールブライト メルボルン

オールブライトはメルボルンをはじめ、シドニー・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Melbourneについて詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第4位

Pacific English Study Gold Coast

パシフィック イングリッシュスタディ ゴールドコースト

Pacific English Study は、晴天に恵まれたクイーンズランド州のゴールドコーストで、2008年に設立された語学学校です。小規模学校ならではの目の行き届いたアットホームな環境と大学認定の学位を持っ講師が組むカリキュラムで、高水準の教育と手厚いサポートで安心の留学生活が送れます。目の前にある世界最高のビーチを楽しみながら、世界中からの友達と一緒に英語スキルを向上させましょう。

Pacific English Study Gold Coastについて詳しく見る
第5位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第3位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

Greenwich College Briabane

グリニッジカレッジ・ブリスベン

シドニーで2005年にオープンし、常時約1,000人の生徒が就学している大人気の語学学校「グリニッジ・イングリッシュ・カレッジ」が2022年にオープンさせたブリスベン校。「すべての学生が希望する英語のゴールを達成させる」というミッションを掲げており、高レベルな資格を持つ教師陣とフレンドリーなスタッフの提供に力を入れています。そのため、就学中は先生だけでなくスタッフにも相談しやすい環境が整っており、英語の初心者でも安心して学習できる環境が整っています。

Greenwich College Briabaneについて詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第3位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談