オーストラリアのワーホリでおすすめの都市10選を紹介!住む場所が決められない人向けの選び方も解説

オーストラリア ワーホリ おすすめ都市 アイキャッチ

オーストラリアでのワーキングホリデーを検討されている方の中には、どの都市に行けばよいのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

オーストラリアの都市にはそれぞれ特徴があり、街の雰囲気や求人が多い職種が異なります。

本記事では、オーストラリアのワーホリにおすすめの都市や都市の決め方、決められないときの対処法を紹介します。

どこに滞在しようか迷っている方や各都市の特徴を知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアのワーホリで住む場所に迷ったらおすすめ都市3つ

オーストラリアでワーキングホリデーをする場所に迷ったら、以下の3都市がおすすめです。

これらはいずれも求人数が豊富で、職種を選ばなければ仕事を見つけるのは難しくありません。

大きな大学から小規模の語学学校まで学校の種類が多く、自分に合った学校を見つけられるでしょう。

また、3都市とも治安が良く公共交通機関が整っているため、車がなくても生活しやすいです。

多くの日本人が住んでいるので、病気やトラブルなどいざというときに日本語で対処してくれる病院やお店もあります。

シドニーメルボルンブリスベンのいずれかの都市であれば、初めてワーホリをする方でも安心して滞在できるでしょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアのワーホリにおすすめの都市10選

ここでは、オーストラリアでワーキングホリデーするのにおすすめの10都市と、各都市の特徴を詳しく紹介します。

参考:World Population Review

シドニー

正式名称 Sydney
人口 5,120,894人
面積 12,370 km²
日本との時差 通常時 日本 +1時間
サマータイム期間 日本 +2時間
*サマータイムは10月の第一日曜日の午前2時に始まり、4月の第一日曜日の午前3時に終わる。

シドニーはオーストラリア最大の都市で、日本人だけでなく多くの民族が住む国際色豊かな街です。

市内には、オペラハウスハーバーブリッジなど世界的にも有名な観光地が多数あります。

郊外にはボンダイビーチやクージービーチなどの美しいビーチが広がっています。

また、オーストラリアの経済的な中心地であるシドニーには多種多様な企業があり求人数が豊富です。

シドニーに進出している日系企業も多く、日本語話者の強みや日本での経験を活かせる仕事もあります。

事務系の仕事から飲食店、土産物屋など幅広い職種の求人があるため、働きたいと思える企業が見つかりやすいでしょう。

シドニーのワーホリに関する詳しい情報を見る

メルボルン

正式名称 Melbourne
人口 5,235,407人
面積 9,992 km²
日本との時差 通常時 日本 +1時間
サマータイム期間 日本 +2時間
*サマータイムは10月の第一日曜日の午前2時に始まり、4月の第一日曜日の午前3時に終わる。

ビクトリア州の州都であるメルボルンは、人口が増え続けシドニーと肩を並べるほど大きな都市に成長しています。

メルボルンは、英国エコノミストが選ぶ世界で最も住みやすい都市ランキングで7年連続1位を獲ったことがあるほど住みやすい街です。

フリンダース・ストリート駅のような英国調の建物が立ち並ぶ様子を見ると、まるでヨーロッパにいるような感覚になるでしょう。

市内には、メルボルン大学モナシュ大学など世界的にも有名な大学があり、教育レベルが高い街としても知られています。

メルボルンは市内に2,000軒以上ものカフェがあることから「カフェの街」と呼ばれ、バリスタやカフェスタッフの求人が豊富です。

バリスタコースを開講する学校も多数あり、バリスタとして働きたい方やローカルカフェで働きたい方におすすめの街です。

メルボルンのワーホリに関する詳しい情報を見る

参考:Invest Victoria

ブリスベン

正式名称 Brisbane
人口 2,504,505人
面積 15,830 km²
日本との時差 日本+1時間(サマータイム無し)

ブリスベンはオーストラリアで3番めに大きい街ですが、シドニーやメルボルンと比べると人口は約半分で落ち着いた雰囲気の街です。

年間300日近くは晴天に恵まれ、冬でも気温が10度を下回ることがないため寒さが苦手な方でも非常に住みやすい環境です。

街の真ん中を流れるブリスベン川の周りには公園や植物園、ローンパイン・コアラ・サンクチュアリというコアラの保護施設などがあり、自然豊かな街並みに心が癒されるでしょう。

シドニーやメルボルンと比べると物価が安く、滞在費を抑えたい方におすすめです。

また、ビジネスが盛んで求人も多いため、現地就職を考えている方にとっては理想的な街といえるでしょう。

ブリスベンのワーホリに関する詳しい情報を見る

ゴールドコースト

正式名称 Gold Coast
人口 732,324人
面積 414.3 km²
日本との時差 日本+1時間(サマータイム無し)

ゴールドコーストは、42kmもビーチが続くサーファーズパラダイスが世界的に有名なビーチリゾートです。

ビーチの横には高層ビル・ホテル・ショッピングモールが立ち並び、多くの観光客で賑わっています。

車で1時間ほどの場所には、亜熱帯雨林が広がるラミントン国立公園や洞窟が有名なスプリングブルック国立公園などがあり日本とは違った大自然を感じられます。

シー・ワールドドリームワールドホワイトウォーターワールドなどのテーマパークもあり、滞在中飽きることは少ないでしょう。

ただ、シドニーやメルボルンなどの都市と比べると職種や求人数は少なめで希望の職種に就けない可能性があります。

また、観光シーズンが終わると一気に求人数が減るため仕事を探す時期には注意が必要です。

ゴールドコーストのワーホリに関する詳しい情報を見る

パース

正式名称 Perth
人口 2,117,997人
面積 6,418 km²
日本との時差 日本+1時間(サマータイム無し)

パースはオーストラリアの西海岸に位置するオーストラリア第4の都市です。

パース市内にはスワン川が流れ、ゆったりとした雰囲気のある住み心地の良い街です。

電車やバスで行ける距離に美しいビーチがいくつもあり、サーフィンやシュノーケリング、ダイビングなどのアクティビティが楽しめます。

また、郊外にあるロットネスト島ではクオッカ、ヤンチェップ国立公園では野性のカンガルーやコアラなどオーストラリア特有の動物を見れます。

パースには日本人が少ない上に、西オーストラリア大学を始めとしてレベルの高い語学学校や専門学校があるため英語力をつけたい方におすすめです。

ただ、シドニーなどの大都市と比べると現地企業も日系企業も少ないため、仕事探しが難しいかもしれません。

パースに関する詳しい情報を見る

ケアンズ

正式名称 Cairns
人口 161,391人
面積 1,687 km²
日本との時差 日本+1時間(サマータイム無し)

ケアンズ世界最大の珊瑚礁グレートバリアリーフや最古の熱帯雨林といわれるデインツリー国立公園がある自然豊かな街です。

気候は1年を通して温暖で、冬でも15度を下回ることはほとんどありません。

ケアンズは他の都市と比べると日本人比率が高く日本が通じる場面も多いため、初めて海外に滞在する方でも安心して生活できます。

大都市と比べると街はコンパクトにまとまっており、どこへでもバスで楽に移動できます。

ただ、街の規模が小さいので求人数や語学学校の数は少なめです。

ケアンズでワーホリをする際は「希望の職種があるか」「語学学校の空きがあるか」を確かめるようにしましょう。

ケアンズに関する詳しい情報を見る

バイロンベイ

バイロンベイは、ゴールドコーストの南に位置する海に囲まれたのどかな街です。

バイロンベイはもともと美しい海に惹かれたサーファーや芸術家などヒッピーといわれる人たちが住む街でした。

そのため、今でもヒッピー文化が根強く観光地のような大規模ホテルや娯楽施設はもちろん、ファーストフード店すらありません。

何もない田舎町のように見えますが、人口1万人のバイロンベイには年間150万人もの観光客が訪れます。

多くの観光客は美しいビーチでのんびりしたり、おしゃれなレストランやカフェを巡ったり、ゆったりとした時間を楽しみます。

小さい街のため職種や語学学校の選択肢が狭まりますが「のんびりした雰囲気の街に滞在したい」という方におすすめの街です。

サンシャインコースト

サンシャインコーストはブリスベンから北へ車で1時間半ほど行ったところにある美しい海岸地帯にある街です。

一年中気候が温暖なため、多くのオーストラリア人が余暇に訪れます。

サンシャインコーストの魅力は、美しい海だけではありません。

内陸部にはワニのショーが見られることで有名なオーストラリア動物園があり、散策やドライブが楽しめます。

サンシャインコーストには娯楽施設は少なめですが、レストランやカフェ、ショッピングモールなどがあり生活には困らないでしょう。

観光スポットとしても有名なフリーマーケット会場のユームンディ・マーケットもあり、現地の雰囲気や文化を直に楽しみながらショッピングできます。

日本人にはあまり知られていない場所のため日本人が少なく英語力を高めたい方におすすめです。

ダーウィン

ダーウィンはノーザンテリトリー州にあるオーストラリア最北といわれる街です。

アジア系やボリジニなどの原住民族が多く住んでおり、さまざまな文化に出会えるでしょう。

ダーウィンで有名なアトラクションの1つが「ジャンピング・クロコダイル」です。

市内から車で約1時間ほどいったところにあるアデレード川では、野生のクロコダイルが餌をめがけてジャンプする姿が見られます。

また、オーストラリア最大の国立公園であるカカドゥ国立公園では、壮大な岩山や滝、多彩な動植物が訪れる人を魅了します。

ダーウィンは慢性的に人手不足の状態に陥っているため、ローカルの仕事が見つけやすい状況です。

ローカルの仕事は給与が高いため、ワーホリで稼ぎたいという方にもおすすめです。

ヌーサ

ヌーサは、ブリスベンから北へ140km行ったところにあるサンシャインコーストの北部に位置する高級リゾート地です。

ヌーサには「木より高い建物を建ててはいけない」という条例があるため、大型のホテルや商業施設などがなく落ち着いた雰囲気の街です。

メインビーチの横にあるヘイスティングス・ストリートにはセンスの良いお店やギャラリー、レストランやカフェが立ち並び高級感を醸し出しています。

手付かずの自然が残るヌーサ国立公園では、美しい景色の中のトレッキングやハイキングが楽しめます。

ヌーサはリゾート地のため飲食店やクリーナーなどの仕事はありますが、日本語を活かせる仕事は少なめです。

ワーホリに来るのは英語が堪能なヨーロッパ人が多いので、仕事を得るためにしっかりと英語力を身につけておきましょう。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアでワーホリするのにおすすめな都市の選び方

オーストラリアでワーキングホリデーする都市を選ぶ際は、仕事の幅や求人数・語学学校数・交通アクセス・日本人の多さ・物価などを比較し総合的に判断しましょう。

都市圏で希望の職種や好条件のもとバリバリ働きたい

オーストラリアの都市圏で自分の希望に合った仕事をしたい場合は、以下のような条件を兼ね備えている街で働くと良いでしょう。

  • 仕事の幅が広い/求人数が多い
  • 日本人が多い
  • 交通アクセスが便利

以上のような特徴を持つ街はシドニー・メルボルン・ブリスベンの3都市です。

シドニーはオーストラリアの中で最も人や企業が集まる場所で、仕事の幅が広く求人数も豊富です。

日本人向けのお店や飲食店も多数あるので、英語が苦手な方でも仕事を探しやすいでしょう。

シドニー市内はバスや電車など交通網も発達しているため、慣れれば自由自在に移動できます。

仕事の幅が広い・求人数が多い・交通アクセスが便利という点では、メルボルンやブリスベンも同じです。

しかし、メルボルンやブリスベンはシドニーほど日本人が多くありません。

日系企業や日本人向けのお店で働きたい方はシドニーが、英語力を活かして現地企業で働きたい方はメルボルンやブリスベンがおすすめです。

仕事と英語の勉強を両立しながら充実のワーホリ生活を送りたい

仕事と英語の勉強を両立させながらワーホリ生活を送りたい方は、以下のような特徴がある街を選びましょう。

  • 語学学校の数が多い
  • 日本人が少ない
  • 生活費(物価)が安い

このような特徴がある都市は、ブリスベン・パース・ダーウィンです。

ブリスベン・パース・ダーウィンは、シドニーなどの大都市と比べると日本人比率は低めです。

ブリスベンやパースにはそれぞれ大規模な総合大学があるので教育のレベルが高く、大学の他にも多数の語学学校や専門学校があります。

また、大都市と比べると物価が安く滞在費を抑えられます。

ダーウィンは語学学校の数こそ少ないですが、日本人がほとんどいないため英語のみの環境で勉強や仕事に集中できます。

ダーウィンの物価は高めですが、時給の高いローカル企業の仕事を見つけやすいため物価高の影響はさほど感じずに済むでしょう。

プライベートの時間を現地の街で楽しんで過ごしたい

プライベートの時間を楽しく過ごしたい方は、以下のような特徴がある街を選びましょう。

  • 観光名所やアクティビティー施設が豊富
  • 仕事の幅が広い・求人数が多い
  • 交通アクセスが便利

以上のような特徴がある街はシドニー・メルボルン・ゴールドコーストです。

世界的な観光地であるシドニーやゴールドコーストには多くの観光名所やアクティビティー施設があり、滞在中飽きることはほとんどないでしょう。

メルボルンには巨大なアクティビティー施設はありませんが、おしゃれなカフェやアートなどを楽しめます。

大都市であるシドニーやメルボルンは、仕事の幅も広く求人数も豊富です。

ゴールドコーストは観光や飲食店での仕事がメインにはなりますが、観光シーズンであれば多くの求人が出されます。

シドニー・メルボルン・ゴールドコーストは直行便で行けるため、初めて海外に滞在する方でも簡単にアクセスできるのも魅力の1つです。

オーストラリアの自然を満喫しながらゆったり過ごしたい

オーストラリアの自然を満喫しながらゆったり過ごしたい方におすすめなのが、以下のような特徴がある街です。

  • 自然遺産・動植物園・ビーチ等へのアクセスが良い
  • 生活費(物価)が安い
  • 治安が良い

このような特徴がある街は、ブリスベン・パース・ケアンズです。

ブリスベン・パース・ケアンズはいずれも海沿いの街で、美しいビーチや豊かな自然に囲まれています。

また、大都市に比べると人口が少なく、ゆったりと過ごせるでしょう。

3都市とも比較的物価が安く、滞在費を抑えられます。

ブリスベン・パース・ケアンズの治安は良く、初めて海外に行く方でも安心して滞在できます。

オーストラリアでワーホリする都市を自分で決められない時の対処法

オーストラリアでワーホリをする都市を自分で決められない場合は、留学エージェントや周りの人に相談したり、実際に行って雰囲気をたしかめてみましょう。

オーストラリア専門の留学エージェントに相談する

オーストラリアの都市の情報を得る方法の1つは、留学エージェントに相談することです。

オーストラリア留学エージェントのタビケン留学は、現地に常駐しているスタッフが現地の最新情報を提供します。

また、就きたい職種があれば希望の職種に就きやすい街も紹介可能です。

タビケン留学では、充実したワーホリ体験となるよう出発前の準備から現地到着後の生活までを一貫してサポートします。

「どの街を選んだらよいかわからない」「ワーホリに不安がある」方は、ぜひお気軽にタビケン留学へご相談ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

知人や家族にオーストラリアへの渡航経験がある人がいれば話を聞く

知人や家族の中でオーストラリアへ行ったことがある人がいれば、その人へ話を聞いてみましょう。

実際の街の雰囲気をインターネット上の写真や口コミだけで判断するのは難しいでしょう。

過去にオーストラリアへ行ったことがある人に聞けば、知らなかった新たな魅力が見つかるかもしれません。

オーストラリアの都市部の人口は増え続け、急速に発展しています。

話を聞くのであれば、なるべく最近渡航した人の話を聞くと良いでしょう。

参考:Australian Bureau of Staisics

実際に旅行でオーストラリアの気になる都市を訪れて街の雰囲気を感じてみる

時間やお金に余裕があるなら、実際にオーストラリアの街を一度訪れてみるのも有効な方法です。

実際に見て滞在する街を決めれば、ワーホリを始めた際に「こんなはずではなかった」と感じることは少ないでしょう。

ただ、短期の旅行と長期間滞在するワーホリでは生活環境が異なります。

旅行する際は観光地を回るだけでなく、実生活で利用しそうなスーパーや病院、学校、公共交通機などの様子も見てみましょう。

タビケン留学ならオーストラリアでのワーホリが初めてでも充実のサポートで安心!

タビケン留学は、初めてオーストラリアでワーキングホリデーする方を無料でサポートします(※)。

渡航前のサポートでは、カウンセリングにもとづいた都市や語学学校の選定、さらにはワーホリビザの申請や入学手続きの代行などが可能です。

また、渡航後は滞在や就労に必要な手続き、仕事や家探しなどもお手伝いします。

※一部有料メニューあり

※タビケン留学ではセカンドビザの申請サポートは提供しておりません

渡航準備から現地での困り事まで一貫してサポートするから初めてでも大丈夫

タビケン留学では、オーストラリアへの渡航準備や現地到着後の困り事までサポートします。

渡航前にはビザ申請の代行だけでなく、最新の現地情報や留学生活マニュアルなどを提供し、現地生活をスムーズに始められるようお手伝いします。

オーストラリアにスタッフがいるタビケン留学では、現地到着後のサポート体制も万全です。

渡航後は煩雑な携帯電話や銀行口座開設の手続き、働く際に必要なTFNの取得などを現地スタッフがお手伝いします。

24時間緊急電話サービスもあるので、海外生活が初めての方でも安心してワーホリ生活を始められます。

あなたの希望に合わせて都市を厳選!語学学校選びから入学手続きまでお任せできる

タビケン留学はワーホリする都市や語学学校選び、さらには入学手続きまでサポートします。

タビケン留学では、希望する職種の求人が多い都市や働くのに必要な資格やスキルを取得できる学校の紹介が可能です。

学校は希望のエリアやコースに合ったものを提携している語学学校や専門学校の中から選び、入学手続きまで代行します。

私立学校の中には割引がある学校もあるので、学校選びの際はぜひタビケン留学にご相談ください。

仕事探しや家探しもサポートするからワーホリ開始後の生活も問題なし

タビケン留学では、ワーホリ生活で重要な仕事探しや家探しもサポート可能です。

間違った仕事の探し方をすると、ワーホリ生活の貴重な時間やお金が無駄になってしまうでしょう。

タビケン留学では、職歴・仕事の資格の有無、英語のレベルに合わせた仕事探しのお手伝いをしています。

また、都市や期間に合わせてシェアハウス、ホームステイ、学生寮など最適な滞在方法を提案いたします。

ご希望であれば滞在先の手配も可能です。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

※仕事の紹介や斡旋は行っていません。

オーストラリアのワーホリの都市選びにお悩みならタビケン留学へご相談ください

タビケン留学 運営スタッフ①

オーストラリアのワーホリの都市選びに迷ったら「求人数」「語学学校数」「物価」「治安」「日本人の多さ」などを基準に選ぶと良いでしょう。

初めて海外に滞在する方には、求人数や学校数が豊富で日本人も多いシドニー・メルボルン・ブリスベンがおすすめです。

まずは、この3都市で海外生活に慣れ、英語力に自信がついてきたら他の都市も検討してみましょう。

タビケン留学では、希望の職種に就ける可能性が高い街の紹介や採用率の高いレジュメテンプレートの提供など仕事探しのサポートを無料で行っています。

「都市選びで失敗したくない」「希望の職種に就ける可能性を少しでも高めたい」方は、ぜひタビケン留学へご相談ください。

オーストラリアの留学に興味がある人はこちら

この記事を書いた人

アバター画像
留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位 NO IMAGE

Albright Sydney

オールブライト シドニー

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Sydneyについて詳しく見る
第3位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第4位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU)Manly Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コースなど幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Manly Campusについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位

Universal English(UE / UIT)Melbourne

ユニバーサル・イングリッシュ メルボルン

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)Melbourneについて詳しく見る
第3位

Universal English Adelaide

ユニバーサル・イングリッシュ アデレード校

メルボルンの老舗の語学学校ユニバーサル イングリッシュが2023年3月に新規開校したアデレード校。

キャンパスが入っているビルは非常に綺麗で、落ち着いた環境の中で学習することができます。また、少人数制を採用しているため、教師のサポートが行き届き、学生とのコミュニケーションも活発に行われています。また、English Only Policyが徹底されており、英語学習に最適な環境が整っています。

Universal English Adelaideについて詳しく見る
第4位 NO IMAGE

Albright Melbourne

オールブライト メルボルン

オールブライトはメルボルンをはじめ、シドニー・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Melbourneについて詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

Pacific English Study Gold Coast

パシフィック イングリッシュスタディ ゴールドコースト

Pacific English Study は、晴天に恵まれたクイーンズランド州のゴールドコーストで、2008年に設立された語学学校です。小規模学校ならではの目の行き届いたアットホームな環境と大学認定の学位を持っ講師が組むカリキュラムで、高水準の教育と手厚いサポートで安心の留学生活が送れます。目の前にある世界最高のビーチを楽しみながら、世界中からの友達と一緒に英語スキルを向上させましょう。

Pacific English Study Gold Coastについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第5位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第3位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

BROWNS English Language School (Melbourne Campus)

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール・メルボルンキャンパス

BROWNSでは一般英語コース、進学英語コースや試験対策コースはもちろん、大人気のバリスタコース、有給インターンシップ、ボランティアプログラムなど様々なコースを提供しています。世界中からたくさんの生徒が集まっているので国際色豊かなキャンパスで世界中に友達をつくることができます!

BROWNS English Language School (Melbourne Campus)について詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第3位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談