シドニーがワーホリ先におすすめな理由を紹介!仕事を見つける方法や滞在中の注意点を体験談をもとに解説

オーストラリアでのワーキングホリデーを考える中で、シドニーを検討している方もいるでしょう。

世界的にも有名な観光名所や、自然豊かな世界遺産が多くて魅力が豊富なイメージがある一方で、語学をきちんと学び、ワーホリ中に働く仕事を見つけられるのか心配な方もいると思います。

結論として、シドニーは仕事も学校も遊ぶところも豊富で、初めて海外に行く方にもおすすめです。

本記事では、シドニーがおすすめな理由や現地での仕事の探し方、過ごすうえでの注意点まで詳しく紹介します。

実際にワーホリを経験された方の体験談も載せているので、ぜひ最後までご覧ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

シドニーがワーキングホリデー先におすすめな理由

シドニーは世界有数の大都市で、企業数が多く、かつ、時給が高いため、ワーキングホリデー先としておすすめの都市です。

シドニーには、観光名所や遊べるスポット、自然を味わえるビーチや国立公園もあり、充実したワーホリ生活が送れるでしょう。

1,000近くのワーホリでも働ける仕事が募集されている

シドニーは、企業・飲食店・小売店が多く、求人数も職種数も豊富です。

オーストラリア情報サイト「JAMS.TV」で調べると、1日に数十件もの新しい求人が掲載されています。

職種を選ばなければ、シドニーで仕事を見つけることは難しくありません。

また、在住の日本人を対象としたお店も多く、英語に自信がなくても働けます。

ワーホリ開始後、すぐに働きたいと考えている人にはシドニーが最適です。

シドニーだけで英語力が身につけやすい語学学校が30以上ある

シドニーにある語学学校の一例は、以下の通りです。(※クリックすると実際の訪問記事へ移動します)

シドニーには語学学校が30校以上あるので、ワーホリ中に英語力を高めたい人にもおすすめです。

上記の4校はすべて、シドニーの繁華街の真ん中に位置しているタウンホール駅近くにあり、交通の便が良い上に仕事探しにも適した場所にあります。

日本人スタッフも在籍しているため、学校でわからないことがあればすぐに相談できます。

シドニーの語学学校は、ただ英語を勉強するだけでなく、接客することを想定したコースや英語教師を目指すコースなど、コースの数も豊富です。

BBQパーティーやスポーツなど、授業以外のアクティビティも充実しているので、友達もすぐにできるでしょう。

シドニーの学校に関する詳しい情報を見る

大都市の中心地から1時間~2時間で自然も堪能できる

大都会のイメージがあるシドニーですが、中心地から一歩離れると大自然が広がる緑豊かな都市です。

シドニーの中心地の近くには、ハイド・パークという大きな公園、ボンダイビーチやクージービーチなどの美しいビーチがあります。

また、西に1時間〜2時間行けば、世界遺産のブルーマウンテンズ国立公園や世界最古のジェノランケーブ鍾乳洞があります。

ブルーマウンテンズやジェノランケーブ鍾乳洞は1日ツアーもあるため、車がなくても楽しめるでしょう。

日本では見られない絶景に出会えるのも、シドニーの魅力の1つです。

滞在中に楽しめる観光名所や遊ぶところが豊富にある

大自然だけでなく、シドニーには観光名所や遊ぶところも数多くあります。

シドニーで有名な観光名所やアミューズメント施設は、以下の通りです。

オペラハウスやハーバーブリッジは、誰もが1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ハーバーブリッジを渡れば、入場無料で楽しめる遊園地ルナ・パークがあります。

また、シドニーには、ザ・スターと呼ばれるカジノ場があり、18歳以上であればカジノが楽しめます。

オーストラリアには無料で入れる美術館や博物館があり、オーストラリア現代美術館(MCA)などを巡るアートな旅を楽しむのも良いでしょう。

シドニーでおすすめの観光地を見る

シドニーのベストビーチを見る

比較的治安は良く留学が初めての人でも暮らしやすい

EIUが発表する「世界の都市安全性指数ランキング2021」では、シドニーは安全な都市第4位にランクインしている非常に治安が良い都市です。

東京が5位であることを考えると、初めて留学する人でも安心して暮らせるでしょう。

ただ、観光客を狙った犯罪は日本よりも頻発しています。

現在シドニー日本総領事館からは、スリや置き引き、強盗や車上荒らしに注意するよう勧告が出ているので、注意を怠らないようにしましょう。

オーストラリア全体の治安について詳しく見る

日本人が多いため海外でも安心感がある

大都市シドニーには、多くの日本人が住んでいるため、日本語に対応している病院や日本人向けスーパーがあり、安心して生活できます。

海外生活では、病気やけが、事故など、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。

そんな時に、日本語で対応してくれる病院があることは非常に心強いでしょう。

また、日本の食品を取り扱うスーパーもあり、自炊するときに役立ちます。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

シドニーのワーキングホリデーがおすすめな人

シドニーのワーキングホリデーがおすすめな人は、以下の通りです。

  • 都市に滞在しながらオーストラリアの自然も楽しみたい
  • 滞在中の観光やエンタメも存分に楽しみたい
  • 豊富な語学学校の選択肢から自分に合うものを選びたい
  • 多くの選択肢の中から仕事を選びたい
  • 治安が良い場所に住みたい

シドニーは大都市でありながらも、周辺には美しいビーチや壮大な国立公園などがあり、自然を感じられる環境です。

世界的にも有名な観光地のため、観光やエンタメを存分に楽しめるでしょう。

語学学校の数も学べるコースの種類も豊富で、自分のレベルや興味に合った学校を見つけられるはずです。

また、毎日多くの求人情報が出されており、幅広い選択肢の中から仕事を選べます。

東京よりも安全な都市と評価されているため、治安が心配な方でも安心して滞在できます。

ワーキングホリデー期間中、仕事も勉強も遊びもすべて充実させたい人に、シドニーはおすすめです。

コースに関して質問する

シドニーのワーキングホリデーでできる仕事

シドニーのワーキングホリデーでできる仕事と、その平均時給は以下の通りです。

  • ジャパニーズレストランのキッチン/ホール (平均賃金:21〜25豪ドル)
  • 日本語教師のアシスタント(平均賃金:21〜25豪ドル)
  • 現地企業での事務/経理/総務(平均賃金:25〜30豪ドル)

シドニーでワーキングホリデーする場合、求人数が多く、1番簡単に見つけられるのが、ジャパニーズレストランのキッチンやホールでの仕事です。

求められる英語レベルは高くないため、英語力に自信がない人でも応募しやすいでしょう。

また、多民族国家のオーストラリアでは、第二外国語の授業として日本語を取り入れている学校があり、日本語教師のアシスタントとしても働けます。

他にも、現地企業のオフィスワークをすることも可能です。

現地企業で働く場合は、仕事も英語力も求められるレベルが高いですが、時給も高く、やりがいを感じるでしょう。

海外の企業で働いてみたいと思う人は、ぜひチャレンジしてみてください。

シドニーのワーホリでは専門職としても働ける

シドニーのワーホリでは資格や経験に応じて、以下の専門職としても働けます。

  • セラピスト/マッサージスタッフ
  • 美容師
  • 看護師
  • バリスタ

シドニーのワーホリでは、専門性を活かして働くチャンスもあります。

セラピストやマッサージスタッフは、未経験でも始められますが、経験があれば、より良い条件で仕事ができます。

同じく、美容師も経験の有無を問わず働けます。

オーストラリアでは美容師の資格が必要ないため、日本で美容師として働いた経験があれば、すぐに仕事を始められるでしょう。

看護師の人は、アシスタントナースとして、高齢者や障害者ケア施設で働けます。

セラピスト・美容師・看護師は、いずれも時給が高く、ワーホリで稼ぎたい人におすすめの職種です。

シドニーのワーキングホリデーで仕事を見つける方法

シドニーのワーキングホリデーで仕事を見つけるには、留学エージェントから紹介してもらう、求人サイトで探す、飛び込みで応募する、知人から紹介してもらうという4つの方法があります。

オーストラリアのワーホリで仕事が見つからない時の探し方はこちら

留学エージェントに相談してシドニーでできる最適な仕事を紹介してもらう

留学エージェントでは、エージェントが持っている求人案件の中から相談者へ最適なものを紹介します。

オーストラリア留学を支援する留学エージェント・タビケン留学は、シドニーにオフィスがあり、現地企業の情報が豊富です。

しかも、求人を紹介してもらえるだけでなく、英語の履歴書の添削、場合によっては面接のセッティングまで行います。

自分に最適な仕事を見つけ、充実したワーホリ生活を送りたい人は、タビケン留学へご相談ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

求人サイトを見てシドニーエリアの仕事を自分で探す

シドニーの求人を掲載している求人サイトを見て、自力で仕事を探すことも可能です。

例えばJAMS.TV」「日豪プレス」は、日本語で求人を検索できます。

ローカル企業の求人を探すのであれば「Backpacker Jobs」「Gumtree」がおすすめです。

求人サイトには1日に数十件の求人が掲載されるので、毎日のチェックが欠かせません。

もし希望にあった求人を見つけたら、すぐに応募しましょう。

シドニーのお店や職場に飛び込みで採用を頼む

日本ではあまりなじみがありませんが、海外ではお店で直接採用の交渉をする、いわゆる「飛び込み」も珍しくありません。

シドニーのジョージ通りには、飲食店や小売店が数多く立ち並び、窓に求人募集の紙を貼っているお店もあります。

「スタッフ募集」「We are hiring」などの紙を貼っているお店では、すぐに採用してもらえる可能性があります。

たとえ貼り紙がなくても、「このお店で働きたい」というお店を見つけたら、飛び込みにチャレンジしてみましょう。

シドニーの知り合いやホームステイ先の人に紹介してもらう

高い確率で採用が見込まれるのが、知り合いからの紹介です。

紹介という方法は企業にとって、信頼できる人をお金をかけずに採用できるメリットがあります。

一方、働く側も知人から職場の状況や条件を聞けるので、安心して働き始められます。

「採用したい」「採用されたい」と両者のタイミングが合えば、採用される可能性は高くなるでしょう。

コースに関して質問する

シドニーでワーキングホリデーする際の注意点

シドニーのワーキングホリデーで注意しなければならないことは、物価の上昇と渋滞です。

シドニーは、世界的に見ても物価が高い都市であり、滞在中の生活費が高額になるおそれがあります。

また、渋滞もひどいため、混む時間帯を避けるなどの工夫が必要になるかもしれません。

物価(家賃)が高く生活費を捻出するのが難しくなることもある

シドニーはオーストラリアの中でも、物価が2番目に高い都市です。

シドニーのシェアハウスの平均家賃は、週200〜250豪ドル、1ヶ月にすると800〜1,000豪ドルにもなります。(2023年4月調べ)

「物価は高いけれど、時給も高いから大丈夫」という話もありますが、安心はできません。

長期滞在するのであれば、家賃の安い場所に住む・自炊する・公共交通機関を利用するなど、上手に節約しながら過ごしましょう。

もし物価など生活費を安く抑えたいなら、ケアンズのワーキングホリデーがおすすめです。

参考:Sydney ranked world’s second-most expensive city (THE NEW DAILY)

渋滞がひどい

交通機関のデータを集めているINRIXによると、オーストラリアの中で1番渋滞が発生している都市です。

ニューヨークよりも混んでいるといわれる通りもあります。

混雑するのは、通勤や通学の人が多い6時半〜8時頃と16時〜19時頃(現地時間)です。

シドニーで快適に生活するのであれば、混雑の時間帯を避けて移動する、車やバス以外の移動手段を使うなどの工夫が必要になります。

オーストラリアの電車の乗り方について詳細を見る

シドニーのバスに乗るためのOPALカードについての解説を見る

シドニー以外でおすすめのワーホリ先について紹介

オーストラリアでワーキングホリデーをしてみたい人に、おすすめの都市を以下のリストに紹介しています。

(※クリックすると詳細の記事へ移動します)

シドニーのワーキングホリデーで準備すべき物

シドニーのワーキングホリデーで準備すべき物は、以下の通りです。

  • パスポート
  • ワーキングホリデービザ
  • 往復の航空券
  • 海外保険
  • 滞在先
  • 現地の銀行口座
  • 生活用品

ワーキングホリデーには、パスポートやビザはもちろん、航空券・海外保険・滞在先・銀行口座なども準備しなければなりません。

特に、ワーホリビザは、取得するのに最短でも3ヶ月、長くて6ヶ月かかることもあるので、なるべく早めの申請が必要です。

また、航空券や滞在先も、安いものを探すのに時間がかかります。滞在先を決めたら、少しずつ航空券や滞在先の情報収集を始めましょう。

すぐに働くことを考えている人は、給与振込用の現地の銀行口座も開設しておく必要があります。

他には、国際運転免許証・国際学生証・翻訳機などがあると便利です。

自分でパスポートやビザを申請する方法について詳しく見る

身分証代わりになる「Photo ID」をシドニーで作る方法を見る

オーストラリア専門学校 / TAFE 留学するなら学生ビザの取得もおすすめ

学生ビザの基本情報
申請条件 高校卒業以上の学歴
ビザ申請料 510豪ドル※2022年7月より申請代金が変更となりました
就労条件 最大週20時間の就労が可能
その他 ・心身ともに健康であること
・通学する学校は、政府認定校(CRICOS)であること
・十分な資金を所持していること

オーストラリアで働きながら学ぶ方法は、ワーキングホリデーだけではありません。

学生ビザを取得すれば、制限はありますが学校に通いながら就労が可能です。

オーストラリア専門学校やTAFEは、主に地元の生徒が通う学校なのでローカルの生徒に混ざって勉強します。

特に、公立の職業訓練校であるTAFEは、ビジネスやホスピタリティ、ツーリズム、ビューティーなど幅広い分野が学べます。

また、学生ビザでは、授業が行われる期間は2週間で40時間まで、ホリデー期間は制限なくフルタイムで働くことが可能です。

TAFE卒業後の進路について詳しく見る

シドニーのワーキングホリデーにかかる費用

シドニーのワーキングホリデーにかかる費用の例は、以下の通りです。(最安値を掲載しています)

  • ワーキングホリデービザ申請代:約4.5万円(510豪ドル)
  • 片道航空券:約7万円〜10万円
  • 海外保険:1年間約20万円
  • 語学学校:1ヶ月約10万円(4ヶ月の場合は40万円前後)
  • 1年間のシェアハウス家賃:約80万円
  • その他の生活費:約70万円(食費・交通費・交際費など)

ワーキングホリデーに出発する前には、ビザ申請代・航空券代・海外保険代がかかります。

航空券代を安く抑えたい人は、経由便を探したり、航空券が最安値となる6月ごろに渡航するのがおすすめです。

海外保険代は1年間で約20万円と高額ですが、病気・事故・ケガ・盗難・故障などに備え、入っておくと安心です。

シドニーに到着してからは、語学学校(学校に通う場合)・家賃・生活費がかかります。

学費・家賃・生活費をまとめると約150万円ですが、シドニーは物価が高いので、滞在中は生活費がもっとかかる可能性があります。

滞在中にかかる費用は、働いたお金でまかなえますが、すぐに仕事が決まるかわからないため、最初の3ヶ月分程度の生活費を事前に用意しておくと良いでしょう。

オーストラリアのワーホリ費用に関する詳しい情報を見る

【実録】シドニーのワーキングホリデー体験談

ここからは、シドニーでワーキングホリデーした2人の体験談を紹介します。

2人ともシドニーで夢を見つけ、ワーホリを存分に楽しんでいます。

渡辺楓さん|オーストラリアでのカフェ留学

渡辺さんは、小さい頃から海外での暮らしに憧れ、シドニーでその夢を実現させました。

元々コーヒーが好きなこともあり、カフェで働きたいと考え、まずはバリスタ養成学校へ1ヶ月通いました。

その後、別の場所で働きお金をため、シドニーでカフェの仕事を探し始めます。

インターネットでの応募に加え、カフェに直接飛び込みアピールし続けた結果、ボンダイビーチのそばのカフェで仕事を見つけました。

ワーホリビザが切れた後は、学生ビザに切り替え、平日の昼間は2つのカフェを掛け持ちして働き、夜は学校でビジネスの勉強をしています。

シェアメイトとも仲が良く、一緒に車で遠出することもあるそうです。

持ち前のバイタリティーを発揮し、充実したワーホリ生活を送っていました。

渡辺楓さんのオーストラリアでの詳しいバイト体験談を見る

杉山大樹さん|体重90kg以上、英語力0だった僕がオーストラリアで-25kg、店長になった話

食品卸業の会社で働いていた杉山さんは、友達から誘われたことをきっかけにオーストラリアへのワーホリへ行くことを決意します。

英語力がないことを不安に思い、ワーホリに出発する前に、フィリピンで1ヶ月間語学学校へ通いました。

フィリピン留学後、シドニーへ渡り、ラーメン店で働き始めます。

慣れないラーメン店での仕事は大変なこともありましたが、店長を師匠と慕うまでの関係になりました。

その後、セカンドビザのためにファームジョブへ行きますが、結局、戻ってきたのは以前働いていたラーメン店でした。

杉山さんの実力と熱意が買われ、店長を任されるまでになり、ラーメンを通して日本の文化をオーストラリアの人に伝えたいと励んでいました。

杉山大樹さんのオーストラリアでの詳しいバイト体験談を見る

他にシドニーでワーホリをした人の体験談を紹介

クリックすると体験談の記事へ移動します。

シドニーの基本情報

シドニー人口 5,029,768人
NSW州面積 800,642 km²
日本との時差 通常時 日本 +1時間
サマータイム期間 日本 +2時間
*サマータイムは10月の第一日曜日の午前2時に始まり、4月の第一日曜日の午前3時に終わる。
主な産業 シドニーは商工業、金融、交通の街。シドニーのポート・ジャクソン港からは、小麦、羊毛、肉の輸出量が多く、特に羊毛の取引量は世界最大。シドニーは商業製品の製造が盛んだが、ニューサウスウェールズ(NSW)州全体では造船、製材、化学製品、農業土木機械、電気機械などの工業分野が発達している。また、シドニーには国内の証券や金融機関の大企業の本社がほとんどある。

シドニーは、オーストラリア最大の都市でもあり、さまざまな民族や文化が交わる国際都市です。

オペラハウスやハーバーブリッジなどがあり、シドニーは世界有数の観光地としても有名です。

カジノや遊園地、美術館などエンターテイメント施設も充実しており、滞在中に飽きる心配はないでしょう。

また、シドニーから少し離れると白い砂浜の美しいビーチや世界遺産の大自然が広がっています。

現地の人はフレンドリーで治安も良いため、初めて海外で生活する人にとって最適な場所といえるでしょう。

シドニーに関する詳しい情報を見る

シドニーのワーキングホリデーに関するご相談ならタビケン留学へ!

タビケン留学 運営スタッフ①

初めてのワーキングホリデーでは「どこに滞在するか」「どの学校を選ぶか」「仕事は見つかるか」など、さまざまな悩みや不安が出てきます。

オーストラリア留学エージェント・タビケン留学のスタッフは、全員が留学経験者です。

経験豊富なスタッフが、ワーホリに関する質問に親身になってお答えします。

また、シドニー到着後も、生活・就学・就職などで困ったことがあれば、現地スタッフがサポートします。

ビザ・滞在先・語学学校・求人状況など、シドニーのワーホリに関することならなんでもタビケン留学へご相談ください。

オーストラリア留学TOPページはこちら

※タビケン留学ではセカンドビザの申請サポートは提供しておりません

この記事を書いた人

アバター画像
留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」公式アンバサダー ロンドンブーツ1号2号 田村淳

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第3位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第4位

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campusについて詳しく見る
第5位

La Lingua Language School

ラ・リングア ランゲージ スクール

ラ・リングア(La Lingua)は会話中心コースが有名で、特にスピーキング力の強化に力を入れている学校です。リーズナブルな価格で質の高い授業を受けることができ、先生と生徒の距離が近くアットホームな環境も魅力の一つ。児童英語教師コース(J-SHINE&TECSOL)も人気です。

La Lingua Language Schoolについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位

Universal English(UE / UIT)Melbourne

ユニバーサル・イングリッシュ メルボルン

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)Melbourneについて詳しく見る
第3位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第4位

IH Melbourne(International House Melbourne)

インターナショナルハウス・メルボルン メルボルン校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、Melbourne校です。

IH Melbourne(International House Melbourne)について詳しく見る
第5位

ECA College Melbourne Campus

イーシーエー・カレッジ・メルボルンキャンパス

ECAカレッジ(イーシーエー・カレッジ)はリーズナブルな授業料で実践的なマーケティングやビジネス、ITを学べる専門学校です。フレキシブルな時間割で、仕事と両立しながらキャリアアップを目指したい方にもおすすめです。

ECA College Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第4位

Bond University College(BUC)語学学校

ボンド大学カレッジ(語学学校)

ボンド大学のカレッジの学生は、大学入学に向けて準備するアカデミックおよび英語のサポートを受けることができます。大学や、専門学校により、入学の基準が違いますが、私たちは、全ての学生に対応できるよう、カリキュラムを用意しています。

Bond University College(BUC)語学学校について詳しく見る
第5位

Bond University

ボンド大学

オーストラリアで最初の私立大学です。生徒一人ひとりと向き合う教育体制のため、しっかりとした学習環境が整っています。また、生徒の約半数はインターナショナルなため卒業後はグローバルな人材として、活躍できるでしょう。

Bond Universityについて詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第3位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)

ブラウンズ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール・ブリスベンキャンパス

BROWNSでは一般英語コース、進学英語コースや試験対策コースはもちろん、大人気のバリスタコース、有給インターンシップ、ボランティアプログラムなど様々なコースを提供しています。世界中からたくさんの生徒が集まっているので国際色豊かなキャンパスで世界中に友達をつくることができます!

BROWNS English Language School (Brisbane Campus)について詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第3位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第2位

Navitas English Darwin

ナビタス・イングリッシュ ダーウィン校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、シドニーマンリービーチ、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学、専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Darwinについて詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談