オーストラリアにワーホリする流れを解説!2024年最新の自分でパスポートやビザを申請する方法を紹介

豊かな自然が溢れるオーストラリアは観光地としてだけでなく、ワーキングホリデーの渡航先としても高い人気を誇る国です。

日本と比肩するほど治安が良く、アルバイトの最低賃金も日本より高いため、ワーホリで滞在している間でも快適に過ごしながらお金も稼げます。

しかし、渡航するにあたって、具体的にどのような準備や手続きが必要なのか、よくわからない方も多いのではないでしょうか。

今回はオーストラリアでワーホリをしたい方向けに、ビザの申請の流れや、渡航までの準備についてご紹介します。

滞在先で快適に過ごすための便利アイテムや、ワーホリの心構えについても取り上げるため、ぜひ最後までご覧ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアでワーホリする際の流れ|計画~ビザ申請

英語ができない人のオーストラリアでの仕事探しは難しい?海外ワーホリに英語力ゼロで飛び込んだ日本人の体験談を紹介ワーキングホリデーの計画の立て方、ビザの申請方法などについてご紹介します。

ワーキングホリデーを成功させるためには、渡航前に入念な準備を行うことが必須です。それぞれチェックしていきましょう。

ワーホリする目的を明確にする

まずは、なぜ自分がワーホリをしたいのかを明確にしておきましょう。

留学する目的を持てばワーホリ中の過ごし方を真剣に考えるだけでなく、目標達成のために具体的な目標を立てやすくなります。

一方で目的のないワーホリは、ただ時間とお金を浪費する可能性が高いです。

参考までに、いくつか目的の例を紹介します。

  • 現地でなるべく多く働いて〇〇円を貯金する
  • 日常から英語を話す環境に飛び込み、英語力アップを目指す
  • 各地で働き転々としながら、オーストラリアの世界遺産や観光名所を回りつくす

ハードルが高い目標を立てる必要はないので、自分が達成できる範囲で考えてください。

現状の英語力を把握して学習を始める

ワーホリにありがちな問題が、渡航前の英語の勉強を後回しにしてしまうケースです。

「現地で勉強すればいいや」と思っていても、実際は現地でも英語の勉強をしない方が多いです。

英語力は現地で買い物をしたり、出会った人と仲良くなったりする中では必要であり、ワーホリ生活の楽しさや充実感に直結します。

また、仕事を探す上でも一定の英語力がないと雇ってもらえない求人が多く、働ける仕事の幅も限られてしまうでしょう。

渡航前には、最低でも高校の英語の学習範囲までは網羅するようにしてください。

高校卒業レベルの英語力は英検で換算すると2級、TOEICで換算すると600点以上になります。

>>語学力をつけるなら2カ国留学がおすすめ

パスポート・ビザを申請する

ワーホリでオーストラリアへ行くためには、パスポートとビザが必要です。

この2つはワーホリに行く意思を固めたタイミングで、できるだけ早く申請するようにしましょう。

特にビザは、揃えるべき書類や煩雑な手続きが多く、ビザの申請に慣れていない多くの方は手こずります。

できるだけ余裕を持って申請を終え、残りの時間を語学学習や渡航の準備に回しましょう。

留学エージェントのタビケン留学ならパスポートやビザの煩雑な手続きのサポートに加えて、あなたの希望に合った語学学校の紹介も可能です。

もし一人で申請するのが面倒だと感じる方もぜひ一度相談ください。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアのワーキングホリデービザの申請方法の詳細を見る

※タビケン留学ではセカンドビザの申請サポートは提供しておりません

パスポートの申請方法

パスポート申請の基本的な流れは、以下の通りです。

  1. 必要な書類をそろえる
  2. 都道府県のパスポート申請窓口に提出する
  3. 受理されたら窓口で受け取る

まず、パスポートを申請する際は、事前に以下の書類を揃えておきましょう。

  • 一般旅券発給申請書
  • 戸籍謄本(申請日前6ヶ月以内に作成されたもの)
  • 住民票の写し
  • 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートルの縁なし)
  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、船員手帳など)

書類を揃えたら、住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口でパスポートの申請をしてください。

18歳未満の方がパスポートの申請をする場合、申請書の裏面にある「法定代理人署名」に親権者、または後見人にサインが必要になるため、忘れずに記載しましょう。

また、パスポート申請書は本人以外による代理提出も可能ですが、その場合は代理人も自身の身分を証明できる本人確認書類が必要になるため、注意してください。

パスポートは申請を終えてから1週間ほどで受け取り可能になります。

受領をする際は、パスポート申請の際に渡される受領票と手数料を忘れずに持ってきてください。

パスポートの発行にかかる手数料は、申請者の年齢やパスポートの種類によって異なります。

種類と年齢の組み合わせによる手数料の違いは、以下の通りです。

パスポートの種類と年齢の組み合わせ 発給申請にかかる合計金額
10年間有効なパスポート(20歳以上) 16,000円
5年間有効なパスポート(12歳以上) 11,000円
5年間有効なパスポート(12歳未満) 6,000円

なお、過去5年以内に申請した前回旅券が未交付失効した場合には、費用が割増になるので注意してください。

参考:パスポートの申請から受領まで|外務省

オーストラリアのワーホリビザはSubclass 417

オーストラリアでワーキングホリデーをする際は、Subclass 417と呼ばれるビザを申請しましょう。

ただし、オーストラリアのワーホリビザの申請にはクリアすべき条件がいくつかあります

以下でワーホリビザの申請条件や費用、期間について記載しているので、ぜひご覧ください。

ワーホリビザを申請できる条件

オーストラリアのワーホリビザを申請する条件は、以下の通りです。

年齢 18歳以上31歳未満
国籍 日本など約20ヶ国
利用方法 オーストラリア国外からオンラインで申し込む
残高証明 オーストラリア滞在中に必要なお金(約46万円)に加え、帰国時に必要な費用がある
健康状態 最低限の健康状態(ビザ申請時に審査される場合がある)
保険 OVHC(海外訪問者健康保険)への加入
その他 ・犯罪歴がない
・性犯罪歴がない
・扶養家族と一緒に入国しない

これらはあくまで基本となる条件で、ワーホリの審査過程で追加情報や必要な書類が増える場合もあります。

また、ワーホリビザには年齢制限があり、ビザの取得後は31歳になるまでにオーストラリアへ渡航しなければなりません

ただし、31歳になってもビザ取得から1年以内であれば、問題なくワーホリビザでの渡航可能です。

ワーホリビザの申請に必要な費用

オーストラリアに限らず、ワーホリビザを申請する際には510豪ドルの手数料がかかります。

日本円に換算すると約49,000円です。

ただし、豪ドルのレートによってワーホリビザの日本円での価格は変動するため、あくまで目安として覚えておきましょう。

ワーホリビザの申請にかかる期間

ワーホリビザを申請してから、通常だと数週間から数ヶ月で審査が完了し承認されます。

ただし、申請書類や状況によっては短期間で済むパターンもあれば、追加で必要な書類や審査が必要となって長くなるパターンもあります。

そのため、渡航の期日までに余裕を持って申請するようにしましょう。

【補足】申請前に健康診断を受けておくとスムーズに進みやすい

オーストラリアのワーホリビザを申請する際、健康診断の受診が必須です。

各種手続きをスムーズに行うためにも、ビザの申請前に健康診断を受けておくとよいでしょう。

検査内容は渡航目的によって異なりますが、胸部レントゲン検査(Form160)が基本的に含まれます。

他にも内科検診(Form26)や、HIV・B型肝炎・C型肝炎など特定の病気に関する検査が必要な場合もあります。

また、健康診断の結果は、以下の大使館が指定した病院で受診したもののみ有効です。

詳しくは事前にオーストラリアの移民局ホームページを利用して、指定の病院をチェックしておきましょう。

移民局ページで「Select a country」で「Japan」を選び「Panel physician」を開くと確認できます。

オーストラリアのワーホリビザを自分で申請する流れ

オーストラリアのビザを自力で申請する際の基本的な流れは、以下の通りです。

  1. ビザ申請に必要な書類を揃える
  2. オーストラリア政府の公式HPから必要書類をアップロードする
  3. ワーホリビザの申請に必要な費用を支払う
  4. ビザの承認書を受け取る

ここからは、それぞれの工程の詳しい説明をさせていただきます。

1.ビザ申請に必要な書類を揃える

ビザの申請をするにあたって、以下の書類を揃えておきましょう。

  • パスポート
  • 身分証明書or出生証明書
  • 証明写真
  • 残高証明(通常約5,000豪ドル。日本円で約48万円目安)

残高証明書は、オーストラリアに滞在するにあたって十分な資金を有していることを証明するための重要な書類です。

提出する際は英文の証明書が必要ですが、普段から利用する日本国内の銀行や郵便局などに頼めば英訳した証明書を発行してもらえます

この際、発行までに時間がかかる可能性があるため、早めに準備しておいてください。

なお、預金の表記は円・豪ドルのいずれでもよく、ビザ申請段階でオーストラリアの銀行口座は不要です。

また、書類に加えて帰りの航空券、または航空券を購入できる残高も必要なので、覚えておきましょう。

2.オーストラリア政府の公式HPから必要書類をアップロードする

ワーホリのビザの申請に必要な書類を揃えたら、オーストラリア政府の公式HPから必要書類をアップロードしましょう。

サイト上では申請の途中で保存したり、追加情報や別の書類が必要な時にすぐ追加・修正したりできます。

公式HPの内容は英語で表示されているので、翻訳ツールをうまく使いながらチャレンジしてみてください。

3.ワーホリビザの申請に必要な費用を支払う

ワーホリビザを申請する際には申請料金を払う必要があります。

金額は510豪ドル、日本円にして約49,000円です。

支払い手段は、以下の方法から選択できます。

  • クレジットカード(MasterCard・VISA・AMEX・Diners Club・JCB)
  • デビットカード(MasterCard・VISA)
  • プリペイドカード(AMEX・VISA・MasterCard)
  • PayPal
  • UnionPay
  • BPAY

4.ビザの承認書を受け取る

ワーホリビザの審査に通過すると、オーストラリア政府からビザ承認書が発行されます。

申請からビザの発行までは、2週間から1ヶ月ほどかかるのが一般的です。

ビザ承認書は、通常ビザの申請時に登録したメールに添付して送られてきます。

通知内容として記載されている主な項目は、以下の通りです。

  • ビザ交付番号
  • ビザ開始日
  • 使用期限
  • 使用条件

これらはオーストラリアに入国する際や滞在中に必要なので、プリントアウトして大切に保管しておくようにしてください。

また、入国時の審査などで提示するように求められる場合もあるため、基本的には手荷物と一緒に持ち運ぶようにしましょう。

オーストラリアのワーホリビザ申請も留学エージェントタビケン留学へおまかせ

事前に準備する書類の多さや手続きの煩雑さから、自力でワーホリビザの申請を行うのは時間がかかるし、ハードルが高いと感じる方もいると思います。

また、申請する際に記入事項や提出書類に漏れがあると、最悪ワーホリに行けない可能性もあるため、入念に確認する必要があります。

一人でビザを申請するのが不安な場合には、オーストラリアの留学エージェントタビケン留学へ気軽にご相談ください

オーストラリア留学・ワーホリのサポート経験豊富なスタッフが書類の準備から手続きまで、しっかりサポートいたします。

最低価格保証/留学費用の無料お見積り

オーストラリアでワーホリする際の流れ|ビザ申請後~渡航直前

ワーホリのビザの申請を終えたら、渡航に向けての準備を行いましょう。

ワーホリを成功させるためには、入念な準備が必須です。

続いては、具体的な渡航直前までの準備の流れについてご紹介します。

滞在する都市・時期・期間を決める

まずは、滞在する都市や時期、期間を決めましょう。

オーストラリアでワーキングホリデーをする日本人に人気が高いのは、シドニーメルボルンブリスベンなどの大都市です。

各種インフラが整っており仕事も見つけやすい一方で、物価が高くて生活費が高くつく、日本人の比率が高めで英語を使う機会を失いやすいなどの欠点もあります。

逆に、都市部から離れた地域や離島へ行くと、豊かな自然を身近に感じながらローカルの仕事やアクティビティなどを楽しめますが、学校や求人の選択肢は都市部に比べて少ないです。

また、渡航時期はワーホリ中の過ごしやすさや費用を考慮するなら、6月または10月をおすすめします。

これらはオーストラリアの観光シーズンから外れているため、航空券も安く購入しやすいです。

そして、滞在期間は自身の目的に合わせる方がよいですが、長めに設定すると体験できる仕事の幅が広がります

帰国後のキャリアプランや予算などを加味して、ワーホリを最大限に楽しめる計画を立ててみてください。

オーストラリアのワーキングホリデーの期間の決め方を詳しく見る

滞在先への交通手段(航空券)・宿泊先を予約する

滞在する都市を決めたら、渡航手段と宿泊先を確保しましょう。

航空券は、主に直行便と乗り継ぎ便の2種類があります。

直行便は目的地までの到着時間が短く、身体の負担を減らせる利点がありますが、金額が高くなりがちです。

一方で、乗り継ぎ便は金額が安いという利点がありますが、別の空港で飛行機を乗り換える都合上、到着までかなり時間がかかってしまいます。

それぞれのメリットとデメリットを比較しながら、どちらの航空券を購入するか決めましょう。

宿泊先の候補としてホームステイやルームシェア、語学学校に通うのであれば学生寮も選択肢に入ります。

ルームシェアを考えている場合、一時的に格安のホステルに滞在しながら、日本人向けのルームシェアの掲示板でルームメイトを募集している方を探す方法もよいでしょう。

語学学校・大学を選んで入学の手続きを行う

現地で通う語学学校、または大学の入学手続きも忘れずに行いましょう。

もし英語の集中的な勉強が必要なら語学留学、特に2ヶ国留学がおすすめです。

2ヶ国留学とは本命のオーストラリアに留学する前に、フィリピンなど渡航費が安く英語圏の国で集中的に英語を勉強する留学方法です。

安定した英語力を身につけてからワーホリに臨めるだけでなく、トータルの留学費を抑えられるメリットがあります。

海外旅行傷害保険に加入する

ワーホリにあたって、海外旅行傷害保険には必ず加入しておきましょう。

加入したい保険の補償内容は、以下の3点です。

  • 治療・救済者費用:病気やけがによる治療費を補償する
  • 賠償責任:他人をけがさせたり、ものを壊したりした時に補償する
  • 携行品損害:持ち物の盗難や火災などで損害を受けた時に補償する

オーストラリアでは日本より医療費が高くなりやすいため、治療費・救済者費の補償は必須といえます。

また、相手へけが・物損が起きた時の賠償責任、私物が盗難された・破損した時の携行品損害に対する補償が付帯する保険をつけておくと安心です。

賠償責任・携行品損害が補償される保険は、日本で申し込み可能なので事前に申し込んでおくとよいでしょう。

ちなみに、オーストラリアのワーホリビザ(Subclass 417)の申請に必要な保険にOVHCという保険がありますが、治療・救援費用のみが補償されます。

その他、クレジットカードの海外旅行補償では対象期間が不十分なことが多いため、この際に海外旅行保険へ加入しておくのがおすすめです。

オーストラリアの留学・ワーホリの保険の詳しい情報を見る

滞在中に必要な生活用品を準備する

ある程度の生活必需品は現地でも調達できますが、常備薬や生理用品など使い慣れたものは日本で用意しておくのがおすすめです。

また、コンタクト(保存液・洗浄液)・メガネ・マスクなどは日本製が質が良く割安なので、これらも持ち込みを推奨します。

さらに、オーストラリアは紫外線が強くて入念なスキンケアが必要だったり、日本と季節が真逆で服装の調整が必要だったりするため、かさばらない範囲で持参してみてください。

上記以外にも用意すべき物・意外と不要な物に関して、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひご覧ください。

オーストラリアの留学・ワーホリで必要な持ち物の詳しい情報を見る

車を運転したい場合は国際運転免許証を発行する

オーストラリア滞在中も車が使えると行動範囲を広げられます。

公共交通機関を使えば移動に困ることは少ないですが、近場のドライブを楽しんだり、時間がある時に観光地へ出かけたりと、より多くの楽しみ方が可能です。

現地で車を運転したい場合は、あらかじめ各都道府県にある免許センターで国際運転免許証を発行しておきましょう。

また、日本の運転免許を切り替える際は現地での手続きが必要なので、オーストラリアに着いたら各州で指定された施設へ忘れずに足を運んでください。

オーストラリアの車の免許に関する詳しい情報を見る

オーストラリアでワーホリする際の流れ|渡航後

無事に目的地に辿り着いたら、現地で生活を送るための準備をしましょう。

ワーホリでオーストラリアに訪れた方が必ずしなければいけないのは、タックスファイルナンバー(TFN)の発行と銀行口座の開設です。

それぞれの手続きについて、順番にみていきましょう。

オーストラリアの税務署でタックスファイルナンバー(TFN)を発行する

タックスファイルナンバー(TFN)は現地で働くにあたって、給与をもらうために必要なオーストラリアの納税者番号です。

オーストラリア税務局の公式サイトから申請可能で、申請後28日以内に書類が郵送されます。

このとき、郵送先として住所を登録する必要があるのですが、オーストラリア国内の住所しか登録できないため、滞在住所が確定してから申請しましょう。

また、TNFは個人に対して1つしか付与されないため、オーストラリアで働く際には一生同じ番号を使うことになります。

忘れても再申請は可能ですが、なるべく忘れないように別で番号を控えておくなど対策しましょう。

タックスファイルナンバー(TNF)を忘れた場合の対処法を見る

現地の銀行口座を開設する

給料を受け取るための現地の銀行口座も、忘れずに開設しておきましょう。

オーストラリアで銀行口座を作るために必要なものは、以下の通りです。

  • パスポート
  • 現金(預金額数十豪ドル)
  • 住所(銀行のキャッシュカードの送付先)
  • マイナンバー、またはマイナンバー通知カード番号

銀行口座は、現地の銀行の窓口で直接やり取りをして開設するのが一般的ですが、最近はオンラインでも開設できる銀行も登場しています。

また、銀行によっては日本語に対応できるスタッフが在籍している場合もあるため、英語力に不安のある方は事前に電話やメールで問い合わせてみましょう。

オーストラリアの銀行の口座開設に関する詳しい情報を見る

オーストラリアでワーホリする流れに関してよくある質問

続いては、オーストラリアでワーホリする流れに関してよくある疑問について取り上げていきます。

オーストラリアのワーホリの準備期間はどれくらい?

ワーホリの準備期間は個人によって異なりますが、約1年取っておくと余裕をもって準備できます。

特に英語の勉強はやるだけ損はしないので、渡航前から計画的に勉強しておきましょう。

オーストラリアのワーホリは抽選?倍率は高い?

イギリスなど一部の人気の国ではワーホリのビザは抽選制ですが、オーストラリアは違います。

必要な書類を揃え、きちんと審査を通過できれば、誰でもワーホリに行くことが可能です。

申請条件を満たせばワーホリできるため、倍率も関係ありません。

オーストラリアのワーホリにいくら準備した方がいい?

ワーホリに必要な費用は、滞在期間と場所によって大きく変化します。

しかし、ワーホリ期間中に収入がなくても、最低限生活できるだけの貯金があると安心です。

具体的な金額にすると11,630豪ドル、日本円で約100万円あれば、少なくとも3ヶ月は問題なく過ごせます。

すでに仕事が決まっていて一定の収入が見込める場合は、収入の分だけ金額が少なくても大丈夫です。

資金の準備にあたっては、できるだけ具体的な金額でシミュレーションしておくとよいでしょう。

オーストラリアでワーホリする時に持っておくと便利な物はある?

以下、日本から持参したいアイテムの一例になります。

クレジットカードは短期間ながら海外保険が付随しているものもあるため、積極的に利用したいアイテムの1つです。

また、日本から電化製品を持っていく場合、日本と電圧が異なったり、電源プラグの形が違ったりしてそのままでは使えないため、変換プラグや変圧器が必要になります。

携帯電話も現地で契約するより、SIMフリーの機種を日本で購入し、現地でSIMカードのみを購入した方が安上がりになる場合があるため、事前によく調べておきましょう。

オーストラリアでワーホリするまでの手続きを自分で行うのが不安ならタビケン留学へご相談ください

morrow company-office-au02

オーストラリアでワーキングホリデーをしたい場合、ビザの申請を含めてさまざまな手続きを自力で行う必要があります。

ひとりで準備をするのが不安、時間的に厳しいという方は、オーストラリアの留学エージェントタビケン留学へ気軽にご相談ください。

パスポートやビザの手続きの補助や、滞在する地域や現地で通う語学学校の提案、仕事の紹介のサポートなど幅広く対応可能です。

また、現地に常駐するスタッフに相談いただければ、いつでも疑問点にお答えします。

オーストラリアでワーホリするのを検討中の方は、ぜひ一度お話を聞かせてください。

オーストラリア留学ならタビケン留学

※タビケン留学ではセカンドビザの申請サポートは提供しておりません

この記事を書いた人

アバター画像
留学・ワーホリ相談するなら、LINEいつでも楽ちん!
留学の悩みを相談するなら...留学のプロにLINEで相談 はじめての方へ 無料カウンセリング オーストラリアTOP カナダTOP フィリピンTOP

人気記事ランキング

留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!
LINEで留学相談 無料カウンセリングを予約
留学やワーキングホリデーについて気になることがあれば...留学経験豊富なカウンセラーに無料相談!

オーストラリアの都市から
ランキング順に学校を選ぶ

第1位

ILSC Sydney

アイエルエスシー シドニー校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Sydneyについて詳しく見る
第2位

ELSIS Sydney Campus

エルシス・シドニーキャンパス

先生との20分のプライベートレッスンが何度でも無料受講可、日本人が少なく英語環境でしっかり学べます。就職支援ワークショップやビジネス英語、企業インターンシップにも力を入れており、キャリア志向の方にもおすすめです。

ELSIS Sydney Campusについて詳しく見る
第3位 NO IMAGE

Albright Sydney

オールブライト シドニー

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Sydneyについて詳しく見る
第4位

IH Sydney(International House Sydney)

インターナショナルハウス・シドニー シティー校

地元のオーストラリア人や、ネイティブの学生も英語教師を目指して通うスクール!1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナルハウスメンバー校に属する、シドニー校です。日本人に人気の発音矯正クラスなども開講しています。

IH Sydney(International House Sydney)について詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campus

イングリッシュ・アンリミテッド

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU)Sydney CBD Campusについて詳しく見る
第1位

ILSC Melbourne

アイエルエスシー・メルボルン校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、英語をしっかりと伸ばせる環境の整った学校です。幅広い選択授業の中から学ぶことができ、仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Melbourneについて詳しく見る
第2位 NO IMAGE

Albright Melbourne

オールブライト メルボルン

オールブライトはメルボルンをはじめ、シドニー・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Melbourneについて詳しく見る
第3位

Universal English(UE / UIT)Melbourne

ユニバーサル・イングリッシュ メルボルン

Universal Englishは、ハイレベルで実践的な英語力の育成を図る英語コース、専門的な知識とスキルの習得をめざす専門コース、学士号・修士号が取得できる高等教育コースのすべてを揃えたメルボルン屈指の私立専門学校です。

Universal English(UE / UIT)Melbourneについて詳しく見る
第4位

Universal English Adelaide

ユニバーサル・イングリッシュ アデレード校

メルボルンの老舗の語学学校ユニバーサル イングリッシュが2023年3月に新規開校したアデレード校。

キャンパスが入っているビルは非常に綺麗で、落ち着いた環境の中で学習することができます。また、少人数制を採用しているため、教師のサポートが行き届き、学生とのコミュニケーションも活発に行われています。また、English Only Policyが徹底されており、英語学習に最適な環境が整っています。

Universal English Adelaideについて詳しく見る
第5位

English Unlimited(EU) Melbourne Campus

イングリッシュ・アンリミテッド・メルボルン校

APCの姉妹校であるEUは、一般英語はもちろんIELTSやケンブリッジ検定コース、ビジネス英語など幅広く提供しています。経験豊富な質の高い教師陣とリーズナブルな価格、多国籍の環境が人気の学校です。

English Unlimited(EU) Melbourne Campusについて詳しく見る
第1位

Inforum Education Australia

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア

インフォーラム・エデュケーション・オーストラリア (Inforum Education Australia)は独自のカリキュラムを通して英語を学び、6週間ごとにレベルアップテストが実行されています。高いモチベーションを保って勉強することが可能です。

Inforum Education Australiaについて詳しく見る
第2位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第3位

Pacific English Study Gold Coast

パシフィック イングリッシュスタディ ゴールドコースト

Pacific English Study は、晴天に恵まれたクイーンズランド州のゴールドコーストで、2008年に設立された語学学校です。小規模学校ならではの目の行き届いたアットホームな環境と大学認定の学位を持っ講師が組むカリキュラムで、高水準の教育と手厚いサポートで安心の留学生活が送れます。目の前にある世界最高のビーチを楽しみながら、世界中からの友達と一緒に英語スキルを向上させましょう。

Pacific English Study Gold Coastについて詳しく見る
第4位

LANGPORTS Gold Coast

ラングポーツ ゴールドコースト

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Gold Coastについて詳しく見る
第5位

Gold Coast Learning Centre

ゴールドコースト・ラーニングセンター

美しいビーチ沿いに広がるサーファーズ・パラダイス。その中心地に位置するゴールドコースト・ラーニングセンター(GCLC)は、小規模でアットホームな学校です。英語コースと専門コースがあり、リーズナブルな価格も魅力です。

Gold Coast Learning Centreについて詳しく見る
第1位

Lexis English Brisbane Campus

レクシス・イングリッシュ・ブリスベン校

オーストラリアに7つのキャンパスを持つLexis Englishは、多国籍の留学生が集まり熱心に英語を学ぶ傍ら、午後のアクテビティや週末のエクスカージョンなどを通してたくさんの友達ができる工夫がされています。

Lexis English Brisbane Campusについて詳しく見る
第2位

Albright Brisbane

オールブライト ブリスベン

オールブライトはシドニーをはじめ、メルボルン・ブリスベン・アデレードにキャンパスがあり一般的な英語コースにくわえ様々なコースが用意されています。大学への進学を希望している人や在学中に進路変更したい場合でも効率良く勉強できるのが魅力で、オーストラリア教育機関から認定を受けていることから、英語教育の質は国のお墨付き。短期間で英語力がアップできるようにプログラムが組まれています。

Albright Brisbaneについて詳しく見る
第3位

IH Brisbane ALS(International House)

アイエイチ ブリスベン エイエルエス

ブリスベン中心地に位置し、周囲にはショッピングモールやカフェ、レストラン、銀行など生活に必要な施設がほとんど揃っており、学生生活にも大変便利な環境。留学する理由や目的もさまざまの中、IH Brisbane ALSはコースやプログラムが豊富で、独自のフレキシブルなタイムテーブルで勉強も遊びも仕事も両立させることができます。

IH Brisbane ALS(International House)について詳しく見る
第4位

LANGPORTS Brisbane

ラングポーツ ブリスベン

Langportsは、ブリスベンとゴールドコーストで質の高い英語学校を運営しています。革新的でユニークなコースを提供し、Langportsのスタッフは高水準の教育と学生サービスを提供し続けています。Langportsは、2011年~2015年、2018年、2019年の7年間、「Best Language School in Australia」を受賞しています。

LANGPORTS Brisbaneについて詳しく見る
第5位

Greenwich College Briabane

グリニッジカレッジ・ブリスベン

シドニーで2005年にオープンし、常時約1,000人の生徒が就学している大人気の語学学校「グリニッジ・イングリッシュ・カレッジ」が2022年にオープンさせたブリスベン校。「すべての学生が希望する英語のゴールを達成させる」というミッションを掲げており、高レベルな資格を持つ教師陣とフレンドリーなスタッフの提供に力を入れています。そのため、就学中は先生だけでなくスタッフにも相談しやすい環境が整っており、英語の初心者でも安心して学習できる環境が整っています。

Greenwich College Briabaneについて詳しく見る
第1位

Cairns College of English & Business (CCEB)

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ & ビジネス(Cairns College of English & Business)は通常の語学学校と比較して、語学習得のためにとても厳しい学校となっています。徹底したイングリッシュ・オンリー・ポリシーが導入されており、英語漬けの環境でしっかりお勉強したい学生さんにおすすめです。

Cairns College of English & Business (CCEB)について詳しく見る
第1位

Lexis English Perth Scarborough Campus

レクシス・イングリッシュ・パーススカボロ校

美しい西オーストラリアの州都、パースのスカボロービーチから徒歩5分のところに位置するレクシス・イングリッシュ・パース校。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。ケンブリッジ検定対策コースは特に人気で定評あり。

Lexis English Perth Scarborough Campusについて詳しく見る
第2位

Milner International College of English

ミルナー・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

「世界で一番美しく住みやすい街」と言われる西オーストラリアの州都パース。そのシティーの中心部に位置するMilner International College of English は、歴史の長い老舗の語学学校です。アットホームでアクテビティも多く、国籍バランスの良い人気の学校です。ケンブリッジ検定コースに特に力を入れており、しっかり勉強したい方におすすめす。

Milner International College of Englishについて詳しく見る
第3位

Lexis English Perth City Campus

レクシス・イングリッシュ・パースシティ校

2023年2月に開校したパースでは2校目になるパースシティ校。ビーチ近くのスカボロー校とは異なり、パースシティ中心地に校舎があり、仕事や滞在先が見つけやすいロケーション。 パース市内ではあるが、静かで落ちついた地域にある。ヨーロッパや南米の学生が多く、フレンドリーな中にもしっかり英語が学べる環境。

Lexis English Perth City Campusについて詳しく見る
第4位

ILSC Perth

アイエルエスシー パース校

アイエルエスシー (ILSC)は徹底した母国語禁止のルールを設けており、幅広い選択授業の中から学べる学校です。仕事と勉強を両立させたい方や英語+αで学びたいことがたくさんある方にオススメです。

ILSC Perthについて詳しく見る
第5位

Navitas English Perth

ナビタス・インブリッシュ パース校

Navitas Englishは、シドニーハイドパーク、マンリー、パース、ブリスベン、ダーウィンにキャンパスを構える大規模な語学学校です。講師陣もしっかりとしたキャリアを持っていて、質の高い授業を受けることができます。オーストラリアにある60校以上の大学・専門学校と連携をしていて、大学進学や専門学校の進学にも強い学校です。

Navitas English Perthについて詳しく見る
第1位

Lexis English Byron Bay Campus

レクシス・イングリッシュ・バイロンベイ校

ゴールドコーストから南へ約1時間、ビーチにほど近くゆったりと時間の流れるバイロンベイ。ヨーロピアンに人気の街なので、多国籍な環境ながらアットホームな雰囲気のバイロンベイ校は、日本人も少なく小規模なため、一人一人に向き合った指導が可能となっています。

Lexis English Byron Bay Campusについて詳しく見る
第2位

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)

バイロンヨガセンター

バイロンヨガセンターは1988年に創設されたヨガ専門スクールです。オーストラリア政府公認の1年から3年のコースを提供しています。質の高いコースは、全米ヨガアライアンスにも認定されていますので、日本のみならず世界で通用するヨガインストラクター資格が取得できます。

Byron Yoga Centre (Byron Bay Campus)について詳しく見る
第3位

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール(ビーベルズ)

バイロンベイ・イングリッシュ・ランゲージ・スクール (BBELS)は、バイロンベイ中心地かつ海まで徒歩5分というパラダイスロケーション。マリンスポーツやリゾートライフを楽しみながら、多国籍な環境でしっかりと英語を習得したい方にはおすすめの学校です。常勤日本人スタッフのサポートも心強い。

【2022年閉校】Byron Bay English Language School (BBELS)について詳しく見る
第1位

Lexis English Sunshine Coast Campus

レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト校

ブリスベンから北へ車で約1時間のサンシャインコーストの中心地、Maroochydore(マルチドール)に位置するLexis English サンシャイン校は、小規模でアットホームな雰囲気。学校からは美しいビーチが眺め、ビーチリゾートライフを楽しみながらしっかりと英語が学べます。

Lexis English Sunshine Coast Campusについて詳しく見る
第1位

IH Darwin(International House Darwin)

インターナショナルハウス ダーウィン

1953年設立以来の実績と50カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇る、インターナショナルハウスのメンバー校に属するダーウィン校です。日本人率が低く、少人数のアットホームな雰囲気なので、集中的に英語力を伸ばすのに最適な環境です。

IH Darwin(International House Darwin)について詳しく見る
第1位

Lexis English Noosa Campus

レクシスイングリッシュ ヌーサ校

Lexis Englishヌーサ校は、暖かな気候と青い海、美しいビーチに囲まれ、ゆったりとしたライフスタイルを楽しみながら英語を学ぶことができます。ケンブリッジ検定やIELTS試験対策コース、英語+サーフィンなど幅広いコースから自分に合ったスタイルの英語を学ぶことができます。

Lexis English Noosa Campusについて詳しく見る

※タビケン留学でのお申し込み者数をもとにランクづけ

プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリングを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談
プロの留学カウンセラーに0円でカウンセリグを予約する 留学やワーホリが気になるならプロの留学カウンセラーにLINEで無料相談